『昭和歌謡[出る単]1008語』 刊行記念「昭和歌謡を聴きつつ歌詞の情緒とクリエイションを愛でる」@本屋B&B


イベント詳細


昭和歌謡に登場する、独特の言葉1008語を集めた『昭和歌謡[出る単]1008語 ~歌詞を愛して、情緒を感じて~』が、7月10日に刊行されます。


この本の著者である田中稲さん、企画・プロデュース・編集した、全国キャンディーズ連盟代表でもある石黒謙吾さん、歌謡曲好きである、博報堂ケトル代表の嶋浩一郎さんによる、曲も聴きながらのクロストーク。

「しのび逢い」「エトランゼ」「摩天楼」「身をまかせ」「ろくでなし」「ジェームスディーン」「17才」「煙草の匂い」「火遊び」「ペーパームーン」「ゆらゆら」「マニキュア」「手招き」「奴隷」……など、時代を彩った作詞家が残した昭和歌謡の歌詞のクリエイションは、いま高く再評価されています。
愛、恋、出会い、別れ、喜び、哀しみ……時代と心が宿る言葉を40年間総ざらえし、喜怒哀楽の真髄を味わえる、レアな一冊で、昭和叙情絵師・上村一夫の作品16点も特別掲載。

さらに、<[○○]で見る昭和歌謡~10の考察>として、[法律][小道具][飲食][失恋][地名][スター][世界[名前][外国語][言い回し]のコラムも。
●よく出てくるスターは、アラン・ドロンにジェームス・ディーン
●音楽的に見たら「セレナーデ」じゃなくても言葉だけで切なくなる
●失恋後のセンチメンタルジャーニーに選ぶのは冬の北国
●突然、行方不明になる男なら「ジョニー」
●過去を隠して生きる「しのぶ」が相談するのは「マリコ」と「マチコ」
●意外に存在感のない「ケーキ」に代わって「パイ」が主流
●フルーツの甘さと男女関係の深さが比例する
●店主やマスターは客の無理難題を聞かなければならない
●本当は砂漠なんてなかった「イスタンブール」
●ホンモノの中国より「チャイナタウン」が圧倒的人気
などオリジナルな視点で解説しています。

それらの話しを軸に、各用語への3者3様のこだわり分析や解説が展開されます。昭和歌謡を知っている人はもちろん、まったく知らない人なら逆に新鮮に捉えられることでしょう。

 

*日時:2018年7月11日(水)20:00~22:00 (19:30開場)

*場所 :本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
http://bookandbeer.com/map

*入場料: ■前売1,500yen + 1 drink/■当日店頭2,000yen + 1 drink

*ご予約はこちらから(チケット購入サイトに移動します)

 

●イベントの詳細はこちら
本屋 B&B http://bookandbeer.com/event/20180711/