トークイベント:鈴木一誌 × 郡淳一郎 × 長田年伸「本の最終局面へ:編集=デザインのハードコア」(10月28日開催)

2017.10.06 イベント情報

BM2017

アイデアNo. 379刊行記念トーク(2)
鈴木一誌 × 郡淳一郎 × 長田年伸
「本の最終局面へ:編集=デザインのハードコア」

西井一夫は「文字は読めればいい」と言い,澤井信一郎は「映画はシナリオが残ればいい」と言い,森山大道は「写真は最終的にはコピーでいい」と言った。近代出版=流通システムの「配給された自由」のなかで思考停止した「美しい本」,既得権益確保のアリバイに過ぎない「書物文化の豊かさ」の先にある,本の最終局面,あるいは本の魂とは何か?
知恵蔵裁判(1995-99),『文字百景』(1995-2000),『印刷史研究』(1995-2000),日本語の文字と組版を考える会(1996-99)等々,DTP黎明期の百家争鳴における知的ラディカリズムの継続を意図し,「ただの本を作りたい」というモットーのもと,『ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見』と『アイデア』379「ブックデザイナー鈴木一誌の仕事」の製作に携わった3人が語る,これが現代日本語編集=デザインの最前線。

日時:2017年10月28日(土),17:30~19:00(開場17:00~)
会場:青山ブックセンター本店 大教室
料金:1,350円(税込)
定員:110名
申し込み・問い合わせ先:
青山ブックセンター本店 オンライン予約ページ
http://www.aoyamabc.jp/event/hitoshisuzuki2/
電話予約 03-5485-5511(受付時間 10:00~22:00)

主催:青山ブックセンター
協力:誠文堂新光社

登壇者プロフィール:
鈴木一誌(すずき・ひとし)
ブックデザイナー。1950年東京都生まれ。杉浦康平のアシスタントを12年間つとめ,1985年に独立。映画や写真の批評も手がけつつ,デザイン批評誌『d/SIGN』を戸田ツトムとともに責任編集(2001-2011年)。神戸芸術工科大学客員教授。著書に『画面の誕生』(みすず書房),『ページと力』,『重力のデザイン』(共に青土社),戸田ツトムとの共著『デザインの種』(大月書店)など。新刊に初のエッセイ集となる『ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見』(誠文堂新光社)。

郡淳一郎(こおり・じゅんいちろう)
オルタナ編集者。1966年名古屋市生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒。ビクター音楽産業を振り出しに『キネマ旬報』,フィルムアート社,『ユリイカ』を転々。おもな編集書に鈴木一誌+知恵蔵裁判を読む会編『知恵蔵裁判全記録』(太田出版),矢川澄子『いづくへか』(筑摩書房),高橋信行編『足穂拾遺物語』(青土社),『アイデア』354「日本オルタナ出版史」,367「日本オルタナ文学誌」,368「日本オルタナ精神譜」,『組版造形 白井敬尚』(DNP文化振興財団)など。

長田年伸(ながた・としのぶ)
デザイナー/編集者。1980年東京都生まれ。中央大学で中沢新一の薫陶を受け,春風社編集部を経て,朗文堂新宿私塾でタイポグラフィを学ぶ。日下潤一のアシスタントをつとめ2011年に独立。おもな仕事に小宮山博史編『タイポグラフィの基礎』(誠文堂新光社),前橋重二『レオナルド・ダ・ヴィンチ』,橋本麻里『変り兜』(以上,新潮社),『ことのは』(自主製作),鈴木一誌『ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見』,『アイデア』379「ブックデザイナー鈴木一誌の仕事」など。

関連イベント:
アイデアNo. 379刊行記念トーク(1)
鈴木一誌 × 山本貴光「ページと文体の力と科学」(10月14日開催 予約受付中)

トークイベント:鈴木一誌 × 山本貴光「ページと文体の力と科学」(10月14日開催)

2017.10.06 イベント情報

BM2017

アイデアNo.379刊行記念トーク(1)
鈴木一誌×山本貴光「ページと文体の力と科学」

『ページと力』においてエディトリアルデザインの構造を分析し、その社会性や歴史性を考察したデザイナー、鈴木一誌。『文体の科学』でテキストの記述スタイルやデザイン形式に言葉と思考の関係を読み解いた評論家、山本貴光。それぞれの探求から共通の問題系に接近する両者が、書物からスクリーンまで、日常のなかで自明なものとされているテキストとデザインの関係について対話を繰り広げる。デザイン批評と人文知を横断する注目の対談!

日時:2017年10月14日(土)、18:00~19:30(開場17:30~)
会場:青山ブックセンター本店 大教室
料金:1,350円(税込)
定員:110名
申し込み・問い合わせ先:
青山ブックセンター本店 オンライン予約ページ
http://www.aoyamabc.jp/event/hitoshisuzuki1/
電話予約 03-5485-5511(受付時間 10:00~22:00)

主催:青山ブックセンター
協力:誠文堂新光社(『アイデア』よみもの.com
※よみもの.comにて本イベントの動画を応募者限定で配信予定。詳細はよみもの.comまで。

登壇者プロフィール:
鈴木一誌(すずき・ひとし)
ブックデザイナー。1950年東京都生まれ。杉浦康平のアシスタントを12年間つとめ、1985年に独立。映画や写真の批評も手がけつつ、デザイン批評誌『d/SIGN』を戸田ツトムとともに責任編集(2001-2011年)。神戸芸術工科大学客員教授。著書に『画面の誕生』(みすず書房)、『ページと力』、『重力のデザイン』(共に青土社)、戸田ツトムとの共著『デザインの種』(大月書店)など。新刊に初のエッセイ集となる『ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見』(誠文堂新光社)がある。

山本貴光(やまもと・たかみつ)
文筆家、ゲーム作家。1971年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、コーエーでのゲーム制作を経てフリーランス。モブキャストとプロ契約中。著書に『文体の科学』(新潮社)、『コンピュータのひみつ』(朝日出版社)、『「百学連環」を読む』(三省堂)。吉川浩満との共著に『問題がモンダイなのだ』(筑摩書房)、『脳がわかれば心がわかるか』(太田出版)。訳書にサレン、ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(SBクリエイティブ)など。プレイ』(SBクリエイティブ)など。

関連イベント:
アイデアNo. 379刊行記念トーク(2)
鈴木一誌 × 郡淳一郎 × 長田年伸「本の最終局面」(10月28日開催 予約受付中)

BOOK MARKET 2017 出展のお知らせ

2017.10.03 イベント情報

BM2017

9回目を迎える「本当におもしろい本」だけを集めた本好きのためのブックフェア「BOOK MARKET」。今年のBOOK MARKETは会場を信濃町のThe Art Complex Center Of Tokyoに移し10/28、29の2日間にわたり開催。本や古本の販売はもちろん、本をテーマにしたイベントも行います。弊社もブース出展しますので、ぜひ会場へ足をお運びください!

会期:2017年10月28日(土)11~19時・29日(日) 11~18時
会場:The Art Complex Center Of Tokyoホール(東京都新宿区大京町12-9)
出展:アタシ社、アノニマ・スタジオ、エクスナレッジ、偕成社、かもめブックス / 文鳥社、カンゼン、木楽社、グラフィック社、京阪神エルマガジン社、作品社、G.B.、自然食通信社、而立書房、青幻舎、誠文堂新光社、地球丸、夏葉社、西日本出版社、ニジノ絵本屋、パイ インターナショナル、ハオチーブックス、ビーナイス、フィルムアート、藤原印刷、堀之内出版、本の雑誌社、ミシマ社、港の人、メリーゴーランド京都、雷鳥社、リットーミュージック&立東舎、リトルモア

★今年も3冊以上お買い上げの方に寺田マユミさんエコバッグをプレゼント
■トークイベント情報 本にまつわる様々なトークイベントを開催!
詳細は以下ページにてご確認ください。
BOOK MARKET 2017
http://www.anonima-studio.com/bookmarket2017/
BOOK MARKET facebookページ
https://www.facebook.com/bookmarket.tokyo

第14回 国際フラワー&プランツEXPO IFEX  ―花と植物の総合展―

2017.09.20 イベント情報

IFEX

[展示即売]

日本最大級、およそ820社の花・植物に関連する企業が出展する『第14回 国際フラワー&プランツEXPO IFEX ―花と植物の総合展―』が今年も開催されます。

誠文堂新光社でもブースを出展し、書籍、雑誌を販売いたします。
お花にまつわる専門書・入門書を一望できる絶好の機会です。
また、書籍購入のお客様にはお花のプレゼントもございます。
ぜひ、弊社ブースにもお立ち寄り下さい。

[日時]
2017年10月11日(水)~13日(金)
10:00-18:00 最終日のみ17:00終了

[場所]
幕張メッセ
千葉県千葉市美浜区中瀬2−1
誠文堂新光社ブース『3-40』

『第14回 国際フラワー&プランツEXPO IFEX ―花と植物の総合展―』
http://www.ifex.jp/

第7回 国際農業資材EXPO

2017.09.20 イベント情報

IFEX

[展示即売]

『第7回 国際農業資材EXPO』が今年も開催されます。

誠文堂新光社でもブースを出展し、書籍、雑誌を販売いたします。
土・肥料の選び方から栽培方法にいたるまで農業に関する知りたい情報が盛りだくさん。
入門書から専門書、雑誌のバックナンバーも販売いたします。
ぜひ、弊社ブースにもお立ち寄り下さい。

[日時]
2017年10月11日(水)~13日(金)
10:00-18:00 最終日のみ17:00終了

[場所]
幕張メッセ
千葉県千葉市美浜区中瀬2−1
誠文堂新光社ブース『31-39』

『第7回 国際農業資材EXPO』
http://www.agritechjapan.jp/tokyo/

アグロ・イノベーション2017

2017.09.20 イベント情報

IFEX

[展示即売]

『アグロ・イノベーション2017』が今年も開催されます。

誠文堂新光社は二回目の出展となります。
農業に関する専門書・入門書を販売いたします。
雑誌のバックナンバーもございます。
ぜひ、弊社ブースにもお立ち寄り下さい。

[日時]
2017年10月4日(水)~6日(金)
10:00-17:00

[場所]
東京ビッグサイト(東京国際展示場)東7ホール
東京都江東区有明3-11-1
ブース番号『G-18』

『アグロ・イノベーション2017』
http://www.jma.or.jp/ai/ja/visitor/index.html

93年分の雑誌が読める!『創刊号からの子供の科学 93年史展』開催

2017.09.08 イベント情報

9月23日(土・祝)から26日(火)の4日間、企画展『創刊号からの子供の科学 93年史展』を開催します。

mjfes

大正13(1924)年に創刊し、今年の10月号で創刊94年目に突入した『子供の科学』。科学の進歩や時代にあわせて変化しながら、常に最新の科学を紹介し、子供たちに科学のおもしろさを伝え続けてきました。この企画展では、編集部に所蔵された普段は公開していない創刊号からの『子供の科学』を並べ、じっくり閲覧できるようにしました。思い出の記事を探したり、自分が生まれた年にどんなことが記事になっているか見てみたり、93年の科学の歴史を振り返ったり……親子はもちろん、お孫さんを連れて三世代で楽しめる展示になっています。

さらに会場では、『子供の科学』に登場した工作などの作品展示や、子供の科学の通販サイト「KoKa Shop!」で販売している各種キットの実物を体験・購入できるお店も登場します。

mjfes
▲『子供の科学』の通販サイトでヒット中の子供用お手軽パソコン「KoKaジブン専用パソコンキット」。このキットはもちろん、工作や実験ができる各種キットを会場で実際に試して、購入することができます。

【会期】
9月23日(土・祝)・24日(日)11:00〜17:00
25日(月)13:00〜19:00
26日(火)13:00〜18:00

【会場】
誠文堂新光社イベントスペース
mjfes
東京都千代田区内神田2-14-9(JR「神田駅」西口から徒歩3分)

この企画展は『子供の科学』を出版している誠文堂新光社のイベントスペース(東京・神田)オープンを記念したもの。このイベントスペースでは今後、誠文堂新光社の出版物に関わるさまざまなイベントを開催していく予定です。この機会にぜひ足をお運び下さい!

『子供の科学』
毎月10日発売
定価本体648円+税
公式サイト『コカねっと!』http://www.kodomonokagaku.com

【東京/神田駅近辺】9月30日(土) オーダーメイド出版 無料個別相談会 実施決定!(事前予約制)

2017.09.08 イベント情報

2017年9月30日(土)に、神田に新設する「誠文堂新光社 イベントスペース」(東京都千代田区内神田2-14-9)にて、「オーダーメイド出版 無料個別相談会」を実施します。出版を検討されている、または興味を持っている方は、ぜひこの機会に予約を!(03-5800-5779)

mjfes

オーダーメイド出版(自費出版)とは…
誠文堂新光社の本作りのノウハウを活かしながら、著者が希望するスタイル、内容で本を製作、出版します。完成した本は一括納品や、ご希望によっては事前に審査の上、書店流通受託商品として取り扱います。
「本」といっても、文章主体の本や大判の写真集など千差万別です。内容や体裁について、担当編集者と一つひとつ丁寧に打ち合わせをし、共に本作りを進めていくのが、オーダーメイド出版の特徴です。

誠文堂新光社とは…
手芸、フラワーアレンジメント、ガーデニング、料理、テーブルコーディネート、陶芸、天文、デザイン、農業、科学など、幅広いジャンルの実用書を多数刊行しています。また、雑誌やMOOK(「天文ガイド」、「フローリスト」、「農耕と園芸」、「アイデア」、「デザインノート」、「イラストノート」、「子供の科学」、「愛犬の友」、「MJ無線と実験」、「陶工房」、「Mon Salon(モンサロン)」等)も刊行しています。
創業100年以上の実績と業界からの信頼、蓄積された膨大なコンテンツとノウハウで、オーダーメイド出版(自費出版)事業にも展開しています。

オーダーメイド出版 無料個別相談会のメリット
・編集者と個別に相談ができる
・出版のシステムが詳しくわかる
・実際に「オーダーメイド出版」で刊行した書籍を閲覧できる

【主催者】
株式会社誠文堂新光社 メディアサポート部
〒113-0033
東京都文京区本郷3丁目3-11
電話:03-5800-5779

【概要】
オーダーメイド出版 無料個別相談会
主催者:株式会社誠文堂新光社
日 時:2017年9月30日(土)10:00~17:00(事前予約制)
場 所:東京都千代田区内神田2-14-9 誠文堂新光社 イベントスペース1階
費 用:無料
ご予約締切日:2017年9月22日(金)

【ご予約はこちら】
お電話で:03-5800-5779(直通)
オーダーメイド出版のご案内 ウェブサイト[お問い合わせ]から:
http://www.seibundo-shinkosha.net/mediasupport/?page_id=109

【「オーダーメイド出版 無料個別相談会」に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社 オーダーメイド出版
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
http://www.seibundo-shinkosha.net/mediasupport/?page_id=109
お電話:03-5800-5779(直通)

6/8発売『愛蔵版 イヌイットの壁かけ』刊行記念イベント開催

2017.05.31 イベント情報

『愛蔵版 イヌイットの壁かけ』(6/8より全国書店・ネット書店にて順次発売)の刊行を記念して、カナダより帰国中の著者、岩崎昌子さんによるトークイベントを開催いたします。イヌイットアートの数少ないコレクターである岩崎さんより貴重なお話を伺えるチャンスです。是非会場に足をお運びください。

【イベント詳細】

1. トークイベント「イヌイットの壁かけと人形~岩崎昌子さんをかこんで」

本書に新たに収録された壁かけや人形を中心に、アート作品に表現されているイヌイットの暮らしと思想についてお話しいただきます。北極を訪れた時のお写真もスライドでお見せいただき、その神秘の旅についてもお聞きします。

日時:6 月9 日(金)17:30-18:30(開場:17:00~)

会場:カナダ大使館 E・H・ノーマン図書館

   東京都港区赤坂 7-3-38(地下鉄銀座線・半蔵門線 「青山一丁目」駅から徒歩4 分)

   入場無料/定員30 名/要事前申込

[お申込方法]

6 月6 日(火)迄に下記までお申込ください。

誠文堂新光社・アイデア編集部(担当:西)

E-mail:inuitevent (at) gmail.com  *(at)を@に変えて入力ください /  TEL:03-5805-7763

*メールにてお申込の際には、件名に「イヌイットの壁かけ・イベント予約」と記載のうえ、参加者全員のお名前のローマ字、またはひらがな/代表者様のお電話番号をお知らせください。

*カナダ大使館入館には写真付身分証明書のご提示が必須です。

*当日は書籍の販売はございません。

2.トーク&販売会「イヌイット・アートに魅せられて」

イヌイットの壁かけを「北の人から、南の人へのメッセージである」ととらえる岩崎さんに、その魅力の秘密を伺います。本書はもちろん、岩崎さんが集めたイヌイットの人形やミトンなどのフエルト製品をはじめ、北極圏の手しごとの販売会も行います。

日時:6 月10 日(土)12:00-13:30(開場:11:45 ~)

会場:本屋 B&B

    東京都世田谷区北沢2-12-4 第2 マツヤビル2F

   (小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩30 秒)

   入場無料/着席(定員12 名) の場合は1drink オーダー制。

[お申込方法]

店舗WEB サイトより予約受付

天文イベント「そうだ、次の休みは、星を見に行こう 美しい星空に癒されませんか?」開催

2017.04.28 イベント情報

東京駅のすぐ近くにあるKITTEビルのB1「東京シティアイ」のイベントスペースにて星をテーマとしたイベント『そうだ、次の休みは、星を見に行こう』が2017年5月2日(火)から5月23日(火)まで開催されます。このイベントの企画については弊社月刊誌「月刊天文ガイド」が協力しています。

イベント期間中は自然写真家の牛山俊男氏の星景写真やオーロラ写真の作品パネルが常設で展示されます。また、イベント期間中には特別イベントとして、牛山俊男氏によるスライドトークショー(5/3、5/5)、アーティストMILLEAと田中渉氏・松久淳氏(「麻布ハレー」著者)によるライブ&トークショー(5/16)、アラスカ在住で自然写真家の河内牧栄氏によるスライドトークショーが予定されています。

また、会場内では星を観光資源とした地方自治体5団体(鳥取県、阿智村、丸沼高原、美ヶ原高原、駒ケ根千畳敷)がポスター、パンフレットを掲示、設置しています。

 

神代桜にかかる夏の天の川(2012年、山梨県北杜市)撮影:牛山俊男

写真:神代桜にかかる夏の天の川(2012年・山梨県北杜市) 撮影:牛山俊男

 

■イベント名

そうだ、次の休みは、星を見に行こう

美しい星空に癒されませんか?

■概要

・期間:2017/5/2(火)~23(火)

・時間:8:00-20:00

・場所:KITTE地下1階 東京シティアイ パフォーマンスゾーン

・主催:東京シティアイ

・共催:誠文堂新光社「月刊天文ガイド」

・問い合わせ先:東京シティアイ営業開発課(03-3217-2054)

 

■特別イベント

〇5/3、5/5 自然写真家 牛山俊男 スライドトークショー ※1日2回

  • 14:00~15:00 星あかり、月明かり編
  • 16:00~17:00 オーロラ編

 

〇5/16 18:00~ MILLEA、田中渉、松久淳 「麻布ハレー」トーク&ミニライブ

〇5/18 18:00~ 自然写真家 河内牧栄 スライドトークショー