「アイデア」季刊移行のお知らせ

2014.12.10 お知らせ

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は弊社刊行の「アイデア」誌をご愛顧たまわり、まことに有難うございます。
 さて、これまで隔月刊で発行してまいりました「アイデア」誌ですが、本368号2015年1月号(2014年12月10日発行)をもちまして季刊誌へと移行することになりました。刊行月は3月、6月、9月、12月、発行日は従来通り各10日となります。
 1953年の創刊以来、日本国内におけるグラフィックデザインの発展と国際的な情報交換をテーマに、足かけ61年、通巻368号もの長きにわたって隔月刊で刊行できましたことは、ひとえに読者の皆様を筆頭に、関係各位のご支援、ご協力の賜物と厚く御礼申しあげます。
 季刊化以降は基本的な編集方針や体裁はそのまま、インターネットをはじめとする現代のメディア環境のなかで、印刷メディアであることの特性を最大限に活かした内容と形式へ最適化していく所存です。
 従来の特長を継承しつつも、具体的には次のような項目を中心に内容の強化を図ってまいります。

○デザイナー発信型プロジェクトとの連動
近年のソーシャルメディアの普及によりデザイナーが自ら主体となって企画・発信するプロジェクトが盛んになりました。それらと連動しつつ、同時代的なデザイナーの実践を伝えます。

○イベントのアーカイブ化
グラフィックデザインへの社会的関心の向上、学術研究の進展などにより、数多くの展覧会やイベントが開催されています。単体で完結しがちなこれらのイベントを記録、コンテンツ化することで、点と点をつないだひとつの動きを創出する場といたします。

○評論・レビュー類の拡充
情緒的な感想やプレスリリースにとどまらない、識者によるレビュー、オピニオンを提供いたします。

 厖大な情報が混沌と流通するいま、「グラフィックデザイン」という領域の定点的な存在として今後も真に有益な視点を読者の皆様にお届けしつづける所存です。
 新しくなる「アイデア」誌に変わらぬご愛顧をたまわりますよう、お願い申しあげます。

敬 具       

株式会社 誠文堂新光社
編集局 アイデア編集 


Dear readers

Thank you for your continuous help and support as always.

We have determined that we will change frequency of our magazine from this issue—No. 368 (due out on 10th Dec),

We will change its frequency from bi-monthly to quarterly with the release date on every 10th of March, June, September and December. Idea’s price, specification and contents won’t change for the coming year.

We have determined to change it due to the company’s re-organization of publishing with more projects on books and web services.

We would like to apologize inconvenience caused. Delivery of specific number of issues will honor the volume/quantity of original subscription terms. Please contact your local distributor with any issues.

Also, at this moment we have to make clear the primary language of the magazine is Japanese and the supplemental language is English. Idea has conventionally had published English text when the source of the contents are from Europe or U.S.A. as well as occasionally publishing Japanese contents in English.

Considering the economy of contemporary information environments and the proportion of
our readers’ literacy, we have put more focus on Japanese-specific content. Additionally, English translation costs a great deal of money and time.

Although the magazine will stay visually rich, we hope your understanding of this precondition.

Since the magazine’s foundation in 1953, we have featured graphic design from around the world as well as Japan, in accordance with changes in the times.

We will continue this mission, as we are preparing further initiatives for readers worldwide in the near future.

Thank you for your understanding and further support.

Best Regards,

IDEA team