1910年、麻布天文台。
ハレー彗星が地球へ回帰したその年、
僕はかけがえのない女性に出会った。
交わした二人だけの固い約束を解くのは、
76年後の秘密の言葉――――「星が綺麗ですね」
ひとりの青年の恋と成長が、ハレー彗星の回帰と
シンクロしていく、ちょっと不思議な物語。

1910年―東京・麻布に国立天文台があったその時代。76年ぶりの〈ハレー彗星〉接近を目前に賑わうその天文台で、売れない小説家・國善は美しく謎めいた女性・晴海と出会う。天文台の人々との交流を通して成長していく国吉、そして、膨らむ晴海への淡い恋心。〈ハレー彗星〉が太陽系をもう一周するとき、ミステリアスな彼女の真実と、2人の恋のゆくえが明らかになる・・・。 76年に1度だけ、時空を超えてつながる恋の物語。『月刊天文ガイド』での連載が単行本化、『天国の本屋』『ラブコメ』でおなじみのコンビ作家による、新境地恋愛SF!

「麻布ハレー」を、誠文堂新光社のWEBマガジン「よみものドットコム」で読むことができます。また、著者の松久先生と田中先生、小説のテーマソングを歌った歌手のMILLEAさんが東京・三鷹の国立天文台を訪れ、「麻布ハレー」座談会を開催(天文ガイド2017年4月号で掲載)した際の記事も読むことができます。


書名:麻布ハレー
著者:松久淳+田中渉


定価:1300円+税
四六版 224ページ
発売日:2017/3/1
ISBN:978-4-416-61708-3
発売:誠文堂新光社


AZABU HALLEY
V.A(music by MILLEA /
mayo / Ayasa)


発売日:2017年3月1日
商品コード:MUCD-1379
価格:1,389円+税