• 大坊珈琲店
  • 大坊珈琲店
  • Acceil
  • Auteur
  • Carte
  • Patisseries
  • Livre

本書について

表参道の交差点にほど近く、38年間変わらぬスタイルで営業を続けた喫茶店「大坊珈琲店」が、ビルの取り壊しにより2013年12月に惜しまれつつ閉店した。コーヒー好きに知られた名店で、店主の大坊勝次が豆選びから焙煎、ブレンドを行い、ネルドリップで作るコーヒーは、濃いめながらもほのかな酸味と甘味が苦味をまろやかに包み込む、すっきりとした味わい。その一杯を求めて、文化人を含む多くの人たちが通っていた。店主の焙煎からコーヒーを淹れるまでの無駄のない動きを楽しむ人も。むく材のカウンターや壁など店内は焙煎の煙で燻され、BGMはほどよく絞られたジャズ。器、本、絵画、花など、店内の細部にいたるまで店主のこだわりが感じられ、コーヒーを味わうための最適な空間が整えられていた。

本書は、大坊勝次がそれらのこだわりとコーヒーの作り方、印象的なエピソードなどを綴ったエッセイ「大坊珈琲店のマニュアル」、写真家・関戸勇による店内外の写真、縁のある35人の寄行文で構成。大坊珈琲店を知る人には懐かしく、コーヒーや喫茶店が好きな人も追体験することで、コーヒーの味わいと空間に浸れる内容となっている。

本書はもともと閉店時に1000部限定で制作された私家本を改訂したもの。デザインは私家本同様、猿山修が手がけ、大坊珈琲店を思わせる静謐な雰囲気が漂う装幀となっている。好きなコーヒーや喫茶店がひとつあるだけで、日常が豊かになることを感じさせる一冊。

著者について

大坊勝次(だいぼう・かつじ)

1947年岩手県盛岡生まれ。南青山の喫茶店「大坊珈琲店」店主。1975年の開店以来、自家焙煎、ネルドリップというスタイルも内装も変えずに営んできたが、2013年12月 にビルの取り壊しにより惜しまれつつ閉店した。

大坊珈琲店

目次

大坊珈琲店のマニュアル
写真
寄稿

寄稿者

佐藤隆介/永六輔/矢崎泰久/武部守晃/葉山葉/小林庸浩/十文字美信/
長谷川櫂/天児牛大/糸井重里/平松洋子/杉山英昭/嶋中労/門上武司/
小川幸子/川口葉子/五十嵐郁雄/鳥目散帰山人/横山秀樹/升たか/
遊佐孝雄/本多啓彰/渋澤文明/立花英久/立花文穂/切明浩志/岡戸敏幸/
金憲鎬/芦澤龍夫/沖本奈津美/長沼慎吾/清田大志/金恵貞/大野慶人/
小沢征爾(掲載順)

大坊珈琲店

著者:大坊勝次
写真:関戸勇
装幀:猿山修
体裁:A5判変型(208×128mm)、上製/クロス装/金箔押し、
   258ページ(一部活版印刷)
定価:本体3,000円+税(税込3,240円)
発行・発売:誠文堂新光社
ISBN978-4-416-71434-8
購入先:誠文堂新光社Amazon楽天ブックスセブンネットショッピング

イベント

関戸勇写真展「よみがえる大坊珈琲店」-大坊勝次の人生は喫茶文化のエスプリである

その在りし日の「大坊珈琲店」の風景をとらえた、関戸勇さんによる写真展を開催します。
店内外の写真、珈琲を淹れるための道具、店内で撮影された日本のファッションデザイナーの草分け的存在である石津謙介さんのポートレートなど、 関戸さんが本展のために拵えた新しいプリントで、伝説の珈琲店となりつつある大坊珈琲店とその時代を垣間見ることのできる写真展です。
会期:2017年1月17日(火)〜2月11日(土) ※好評につき会期延長決定!
時間:火〜金:12時〜19時/土:12時〜17時/日・月・祝:定休日
会場:コミュニケーションギャラリーふげん社(東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F)
詳細:こちらから


大坊珈琲を楽しむ会

濃さの違う2杯をお飲みいただいた後、大坊さんと珈琲利の珈琲対談とサイン会を行います。
この機会にぜひお立ち寄りくださいませ。

会期:2016年12月18日(日) 第一回:12時から14時 第二回:14時半から16時半
会場: AVANTI (群馬県前橋市千代田町3-6-15 4F)
主催: 珈琲利[Coffee toshi]  珈琲利は自家焙煎(深煎)ネルドリップで1杯、1杯お淹れする珈琲屋です。
予約: ttmm1930@emobile.ne.jp(担当:珈琲利 井下)
詳細:  http://s.ameblo.jp/kokoro1930/


書籍『大坊珈琲店』と写真展

『大坊珈琲店』(誠文堂新光社刊)と内沼晋太郎氏選書の珈琲の書籍を揃え、
『大坊珈琲店』のために関戸勇氏が撮りおろした写真展を行います。
会期中、大坊勝次氏に珈琲豆を焙煎していただき、店頭で特別販売いたします。
この機会ぜひお立ち寄りくださいませ。

会期:2016年4月28日(木)~6月30日(木)
場所:ジュンク堂書店那覇店地下1階エスカレータ前


大坊珈琲店の珈琲を楽しむ会 4(限定20名)

南青山にあった珈琲の名店「大坊珈琲店」の珈琲を楽しむ会を行います。
5月の夜のひととき、今やお店では味わうことの出来ない大坊珈琲をお楽しみください。
店主の大坊勝次さんに2種類の珈琲を淹れていただき、珈琲を味わったあとは、大坊さんの珈琲のお話とともに、参加された皆さまと大坊珈琲にまつわるトークを楽しみたいと思います。
今回は大坊さん焙煎による珈琲豆の販売も予定しております。

日時:2016年5月19日(木)19:00~21:00
場所:青山アイディアスタジオ
住所:東京都渋谷区渋谷1-7-4 小林ビル5F
参加費:3000円
当日お飲みいただく珈琲:薄いもの(3番)、濃いもの(4番)の2種類
・大坊珈琲店で使用していたカップで飲みいただけます。
・数名ずつ淹れますので、参加される皆さまがお飲みいただくまで少々お時間がかかることをご了承ください。
 
《お申込み方法》
お名前とご参加人数、ご連絡先をメールにてお送りください。
折り返しご返信差し上げます。
メールアドレス:sbsw@st.rim.or.jp
担当:渋沢


関連書のお知らせ
Katsuji Daibo『A Daibo Coffee Manual』

『大坊珈琲店』収録の「大坊珈琲店のマニュアル」を英訳した書籍がNAHOKO PRESSより刊行されました。欧文組版による活版で刷られ、美しい本に仕上がっています。

 

著者:大坊勝次
体裁:208×133 mm/32ページ
定価:2,300円(税込)
デザイン:猿山修
印刷:株式会社豊文社印刷所
発行・発売・お問合せ先:NAHOKO PRESS(E-mail:nahokopress@gmail.com)
ISBN978-4-9908385-0-8
 

〈国内のお取扱店〉*敬称略・五十音順
かみ添(Tel & Fax:075-432-8555 / 11:00 - 18:00 / 月曜定休)
http://kamisoe.com/

さる山(Tel: 03-3401-5935 / 13:00 - 18:00 / 不定休)
http://guillemets.net/

東青山(Tel: 03-3400-5525 / 12:00 - 19:00 / 火・水曜定休)
http://www.higashiaoyama.jp/

Books & Things(Tel: 075-744-0555 / 12:00 - 19:00 / 不定休)
http://andthings.exblog.jp/


大坊珈琲店も登場するコーヒーをめぐるドキュメンタリー
『A Film About Coffee』公開決定

アメリカに始まり、日本にも波及しているコーヒーカルチャーの新潮流を描いたドキュメンタリー映画が、2015年12月に公開される。監督はアメリカのCMクリエイター、ブライドン・ローパー。3年かけて、コーヒーの生産地であるホンジュラスやルワンダ、新たなコーヒーカルチャーを牽引する都市、サンフランシスコやポートランド、東京などを取材し、苗の栽培から豆の収穫、焙煎、抽出にいたるまで一杯のコーヒーが作られる過程を美しい映像で描いている。
いわゆる「サードウェーブコーヒー」と呼ばれる潮流に共通するのは、高品質の豆を浅煎りし、ハンドドリップやサイフォンで一杯ずつ淹れること。サードウェーブの旗手のひとりである「ブルーボトルコーヒー」の創業者ジェームス・フリーマンは、作中で日本の喫茶店文化からの影響を語り、その代表的な存在として「大坊珈琲店」を紹介している。2013年12月の閉店前に撮影された店内と店主の大坊勝次が豆を焙煎し、コーヒーを淹れる様子は、いまでは見ることができない貴重な映像だ。
本作は新宿シネマカリテを皮切りに、全国で順次上映される予定。配給レーベルのメジロフィルムズは、公開に向けてクラウドファウンディングも呼びかけている。

https://motion-gallery.net/projects/afilmaboutcoffee

『A Film About Coffee』
監督:ブライドン・ローパー
2014年/アメリカ/66分/16:9/DCP
配給・宣伝:メジロフィルムズ
*2015年12月新宿シネマカリテほか全国順次公開
afilmaboutcoffee.jp

 


終了したイベント

『大坊珈琲店』と珈琲関連書フェア

代官山 蔦屋書店の料理フロアにて、『大坊珈琲店』を中心とした珈琲関連書のフェアを展開中です。『大坊珈琲店』に収録された大坊勝次さんによるエッセイ「大坊珈琲店のマニュアル」の英語版や陶芸家のキム・ホノさんとの対談集『大坊珈琲の時間』、大坊さんも登場するインタビュー集『コーヒーの人』も並んでいます。ぜひお立ち寄りください。


期間:2016年3月1日(火)~3月31日(木)
場所:代官山 蔦屋書店(東急東横線「代官山駅」より徒歩5分)
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5
電話:03-3770-2525
http://real.tsite.jp/daikanyama/


大坊勝次さんによる出張珈琲店 (「omotoの身のまわり展」―わたしの村を考える。―)

生活の中の布と鉄のものを制作する夫婦ユニットomotoが「村」をテーマに、
大切にしている人たちと展覧会「omotoの身のまわり展」を開催する。
その初日に、村人のひとりとして大坊勝次さんが出張珈琲店をオープン。
ブレンド3番と4番をお飲みいただけるほか、珈琲豆も販売します。
ご予約はとくに必要ありませんが、先着順となりますので、
お待たせする時間帯もございますことをご了承ください。

日時:2016年3月11日(金)12:00-18:00
場所:神楽坂フラスコ
住所:東京都神楽坂6-16
企画:jokogumo × omoto
https://www.facebook.com/events/169293903447496/

*「omotoの身のまわり展」の詳細やその他の参加者につきましては、Facebookにてお知らせいたします。


大坊勝次「珈琲とトークを楽しむ会」(ものことひと市)

南青山で38年間、多くの人たちに愛されてきた「大坊珈琲店」は、2013年末に閉店しました。その店主であった大坊勝次さんの珈琲やお店に対するこだわりは書籍『大坊珈琲店』に綴られています。いまでも自宅で珈琲豆を焙煎し、珈琲にまつわるイベントなどに参加されている大坊さんに、一日大坊珈琲店をお願いしました。お店で出されていた珈琲2種類(3番と4番)とチーズケーキを味わっていただきます。大坊さんには焙煎の仕方や珈琲の淹れ方についても語っていただきますので、貴重な機会にぜひお越しください。
日 時:2月21日(日) 15:00~17:00
時 間:2時間
定 員:24人
参加費:3,240円(税込・珈琲2種、チーズケーキ付き)
対 象:どなたでも
持ち物:なし
場 所:3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
チケットの発売:2016年2月4日(木)10:00~
詳 細:ものことひと市HP イベント詳細ページ


大坊勝次さん出演のドキュメンタリー番組

開局15周年を迎えたBS民放5局にて、激動の21世紀を検証する特番を、各局それぞれにテーマを設け放送する。BSフジのテーマは「時間」。そのなかで大坊さんが、珈琲を淹れる5分40秒間ノーカットで登場。時間とは何かを考えされられる構成となっている。

番組タイトル:BS民放5局 開局15周年共同特別番組『バック・トゥ・ザ・21世紀~気づけば未来があふれてた~』第五章21世紀の「時間」
放送日時:2016年1月3日(日)21~23時
再放送日時:1月23日(土)14~16時
http://www.bsfuji.tv/top/pub/backtothefuture21.html


【ふげん社初釜】大坊珈琲を味わう会 ~伝説の珈琲で春を寿ぐ~(受付終了)

このたびふげん社にて「【ふげん社初釜】大坊珈琲を味わう会 〜伝説の珈琲で春を寿ぐ〜」を開催いたします。
「大坊珈琲を味わう会」を2015年の5月に開催して以来2回目の開催です。
大坊さんの珈琲へのアプローチはどこか日本の「茶道」に通じる…と常々感じていました。
今回は「初釜」と銘打ち、大坊珈琲を味わう会を開催します。
2016年初春を、大坊さんの珈琲とともにお祝いしましょう。
みなさまのご参加をお待ちしております。
詳細ページはこちら

日時:2016年1月16日(土) 全3回入れ替え制
(1)13:00−14:00(定員10名)
(2)14:30−15:30(定員10名)
(3)16:00−17:00(定員10名)
場所:コミュニケーションギャラリーふげん社
住所:〒104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F
電話:03-6264-3665
お飲みいただく珈琲:ブレンド3番と4番(おいしいお茶菓子つき)
会費:2,000円(税込)
事前のお支払いをお願い申し上げます。ご返金はできませんのでご了承ください。
お申し込み方法:
店頭のほか、お電話(03-6264-3665)やメールでもお申し込みいただけます。
会費前払い制となっておりますので、お電話やメールでのお申し込みの場合、ご予約から一週間以内に、指定の口座へ代金(¥2,000)のお振り込みをお願い申しあげます。
メールでお申し込みの方は、代表者のお名前と、参加ご希望回、参加人数、お電話番号とメールアドレスをご明記の上、 info@fugensha.jp宛にお送りくださいませ。


大坊珈琲店の珈琲をたのしむ会

一日大坊珈琲店が開店です。
大坊勝次さん、恵子さんご夫妻をお迎えして、大坊珈琲店の珈琲を味わっていただく席を設けます。
メニューは3番と4番のブレンド2種。
3番は珈琲豆20gで100cc、4番は珈琲豆25gに50ccです。

お食事のご用意はなく、ご用意させていただくのは大坊さんの珈琲だけ。
大坊さんが珈琲をつくる。作り続ける。
珈琲の香りが流れ、お客さまは思い思いに味わう。不思議と集中した時間がやってくる。
12席ばかりのちいさな店です。皆さまのお越しをお待ちしております。

日時:2015年11月23日(月・祝) 12:00~17:00
場所:ワイン食堂 margo 
住所:〒153-0052 目黒区祐天寺1-21-16-B
電話:03-5722-4505
http://www.margo3020.com

*ご予約は不要です。
*この日はmargoは通常の営業はお休みです。


大坊珈琲店の珈琲を楽しむ会 3(限定20名)

南青山にあった珈琲の名店「大坊珈琲店」の珈琲を楽しむ会を行います。
店主の大坊勝次さんに2種類の珈琲を入れていただきます。
珈琲を味わったあとは、大坊さんの珈琲のお話とともに、参加された皆さまと珈琲にまつわるお話を楽しみたいと思います。
今回は木曜日の夜に開催します。いまやお店で味わうことができない大坊珈琲のひとときをお楽しみください。

日時:2015年7月16日(木)19:00-21:00
場所:青山アイディアスタジオ
住所:東京都渋谷区渋谷1-7-4 小林ビル5F
参加費:3000円
お飲みいただく珈琲:薄いもの(3番)、濃いもの(4番)の2種類
・大坊珈琲店で使用していたカップで飲みいただけます。
・数名ずつ淹れますので、参加される皆さまがお飲みいただくまで少々お時間がかかることをご了承ください。

《お申込み方法》
お名前とご参加人数、ご連絡先をメールにてお送りください。 折り返しご返信差し上げます。
メールアドレス:sbsw@st.rim.or.jp
担当:渋沢


大坊珈琲店@べにや民芸店

「横山秀樹 吹き硝子展」(2015年6月13日~6月21日)の開催に合わせて、初日6月13日の13時から17時まで「大坊珈琲店@べにや民芸店」を行います。
横山さんのご縁で、一昨年惜しまれつつ閉店した表参道の「大坊珈琲店」の珈琲(ブレンド3番600円と4番700円)を味わっていただけます。
当日は、先着順に引換券を販売いたします。状況により長くお待たせする場合や、予定数完売につき時間前に終了させていただく可能性もございますが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

日時:2015年6月13日(土)13:00~17:00
場所:べにや民芸店(青山一丁目駅/5番出口から徒歩5分)
住所:東京都港区南青山2-7-1
電話:03-5875-3261
http://beniya.m78.com/


『大坊珈琲の時間』刊行記念「大坊珈琲店の珈琲を味わう会」

自由空間から出版されました陶芸家金憲鎬(キム・ホノ)さんと大坊勝次さんの対談集『大坊珈琲の時間』の刊行を記念しまして、ふげん社にて「大坊珈琲店の珈琲を味わう会」を開催いたします。この日限り、「大坊珈琲店」の味が蘇ります。大坊さんが実際にお店でお出ししていた「ブレンド3番」「ブレンド4番」の珈琲を、一杯一杯、心を込めて淹れてくださいます。おいしいお茶菓子もつきます。

当日、『大坊珈琲の時間』をお買い上げされました方には、大坊さんがサインを入れてくださいます。閉店直後に刊行された『大坊珈琲店』(誠文堂新光社)も販売しております。みなさんのご参加をお待ちしております。

日時:2015年5月2日(土) 全3回入れ替え制
   (1)13:00−14:00(定員10名)
   (2)14:30−15:30(定員10名)
   (3)16:00−17:00(定員10名)
場所:コミュニケーションギャラリーふげん社(http://fugensha.jp
住所:〒104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F
電話:03-6264-3665
お飲みいただく珈琲:ブレンド3番と4番(おいしいお茶菓子つき)
会費:2,000円(税込)事前のお支払いをお願い申し上げます。ご返金はできませんのでご了承ください。
お申し込み方法:店頭のほか、お電話(03-6264-3665)やメールでもお申し込みいただけます。会費前払い 制となっておりますので、お電話やメールでのお申し込みの場合、ご予約から一週間以内に、指定の口座へ代金(2,000円)のお振り込みをお願い申しあげます。
メールでお申し込みの方は、代表者のお名前と、参加ご希望回、参加人数、お電話番号とメールアドレスをご明記の上、info@fugensha.jp宛にお送りくださいませ。
*予約の受け付けは終了いたしました。


「大坊珈琲店 ネルドリップ珈琲の淹れ方」
 ~青山教室編、横浜ランドマーク教室編~

大坊珈琲店のネルドリップコーヒーの淹れ方を実践で学ぶ3回講座です。(15名限定)

【青山教室編】http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1052876.html

日時:2015年5月14日(木)、6月11日(木)、7月9日(木)13:30~15:30
受講料:NHK文化センター会員の方 10,368円、一般の方12,312円(3回分)
教材費:1,620円(3回分)
場所:NHK文化センター青山教室
住所:東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館4F
電話:03-3475-1151


【横浜ランドマーク教室編】http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1023671.html

日時:2015年4月26日(日)、5月24日(日)、6月28日(日)13:00~15:30
受講料:NHK文化センター会員の方 12,960円、一般の方14,580円(3回分)
教材費:1,620円(3回分)
場所:NHK文化センター横浜ランドマーク教室
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ5F
電話:045-224-1110



大坊珈琲店の珈琲を楽しむ会 2(限定20名)

南青山にあった珈琲の名店「大坊珈琲店」の珈琲を楽しむ会を行います。
店主の大坊勝次さんに2種類の珈琲を入れていただき、珈琲を味わったあとには、大坊さんの珈琲や「大坊珈琲店」にまつわるお話を、参加された皆さまと楽しみたいと思います。
連休明けの週末に、いまやお店で味わうことができない大坊珈琲のひとときをお楽しみください。

日時:2015年5月8日(金)15:00~17:00
場所:青山アイディアスタジオ
住所:東京都渋谷区渋谷1-7-4 小林ビル5F
参加費:3000円
お飲みいただく珈琲:薄いもの(3番)、濃いもの(4番)の2種類
・大坊珈琲店で使用していたカップで飲みいただけます。
・数名ずつ淹れますので、参加される皆さまがお飲みいただくまで少々お時間がかかることをご了承ください。

《お申込み方法》
お名前とご参加人数、ご連絡先をメールにてお送りください。折り返しご返信差し上げます。
メールアドレス:sbsw@st.rim.or.jp
担当:渋沢


「大坊さんの珈琲を愉しむ会」~青山教室~

自家焙煎とネルドリップの変わらぬスタイルで、38年間コーヒーと向き合ってきた大坊勝次さん。大坊さんが1杯1杯、心を込めて淹れるおいしいコーヒーをいただき、コーヒーにまつわるお話を愉しみましょう。

日時:2015年4月9日(木)14:00~16:00
受講料:NHK文化センター会員の方 3456円、一般の方4106円
場所:NHK文化センター青山教室
住所:東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館4F
電話:03-3475-1151

【青山教室】http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1058421.html


『大坊珈琲の時間~大坊さんとキムさんと~』

大坊勝次さんの著書『大坊珈琲店』に文を寄せられている陶芸家金憲鎬(キム・ホノ)さんと大坊勝次さんの対談集『大坊珈琲の時間』が自由空間より出版されます。
山陽堂では刊行を記念し、著者の金さんと共に大坊さんの珈琲をたのしんでいただく会を開催いたします。
皆様のお申込みをお待ちしております。

日時:2015年3月13日(金)12時半から約1時間毎に10名ずつ4回。
   (1)12時30分 (2)13時30分 (3)14時30分 (4)15時30分
場所:ギャラリー山陽堂3階 東京都港区北青山3-5-22
   (青山通り表参道交差点交番横、谷内六郎さんの壁画が目印)
お飲みいただく珈琲:ブレンド3番と4番
参加費:1500円(税込)
    *事前のお支払い。(返金はできませんのでご了承ください)
お申込方法:店頭・電話 03-3401-1309/メール info@sanyodo-shoten.co.jp

書籍の情報など詳細は山陽堂のウェブサイトをご覧ください。
http://sanyodo-shoten.co.jp/news/2015/02/post-79.html


J-WAVE SELECTION
A CUP OF MEMORIES ~大坊珈琲店物語~

2013年12月に惜しまれつつ閉店した「大坊珈琲店」がラジオ番組で紹介されます。
店主の大坊勝次さん、大坊珈琲店に通ったライターの川口葉子さんのお話を聞きながら、今も閉店を惜しむ声が絶えない伝説の珈琲店の魅力にせまる内容です。ぜひ聴いてみてください。

放送日時:2015年2月15日(日)22:00~22:54
放送局:J-WAVE / 81.3FM(http://www.j-wave.co.jp
ナビゲーター:渡辺祐
出演:大坊勝次(「大坊珈琲店」店主)
   川口葉子(ライター・喫茶写真家 WEBサイト「東京カフェマニア」主宰)

詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/


TIESで味わう大坊珈琲店の深煎り珈琲

「大坊珈琲店」の店主、大坊勝次さんが湯島にあるカフェ「TIES」で珈琲を淹れます。
メニューは「No. 3」(20g100cc / 600円)、「No. 4」(25g50cc / 700円)の2種類。
予約などは受け付けておりませんので、来店順にご注文いただきます。
3時間とわずかな時間ですが、ぜひお立ち寄りください。

日時:2015年2月5日(木)15:00~18:00(ラストオーダー 17:45)
場所:TIES
住所:東京都文京区湯島4-1-13 1F
電話:03-3818-0393

詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.geocities.jp/cafe_ties/


大坊珈琲店の珈琲を楽しむ会(限定20名)

南青山にあった珈琲の名店「大坊珈琲店」の珈琲を楽しむ会では、店主の大坊勝次さんに2種類の珈琲を淹れていただきます。 珈琲を味わった後には、大坊さんの珈琲のお話、「大坊珈琲店」にまつわるお話を参加された皆さまと楽しみたいと思います。
小さな会ですが、今やお店では味わうことのできない大坊珈琲店の珈琲のひと時をお楽しみください。

日時:2015年1月17日(土)15:00~17:00
場所:青山アイディアスタジオ(http://aoyamaideastudio.jp/access/
住所:東京都渋谷区渋谷1-7-4 小林ビル5F
参加費:3000円
お飲みいただく珈琲:薄いもの(3番)、濃いもの(4番)の2種類
・大坊珈琲店で使用していたカップでお飲みいただけます。
・数名ずつ淹れますので、参加される皆さまがお飲みいただくまで少々お時間がかかることご了承ください。


大坊珈琲を楽しむ会(限定35名)

昨年末に閉店した「大坊珈琲店」の店主・大坊勝次さんが作る3番(20g/100cc)と4番(25g/50cc)という2種類のコーヒーを味わえるイベント。コーヒーとともに、大坊さんのお話も楽しめます。場所は、キリスト教の伝道と労働問題や社会事業家として知られる賀川豊彦氏の記念資料館内にある礼拝堂。世田谷区地域風景資産に選定されている空間で、いまやお店で飲むことができない深煎りの大坊珈琲をぜひご堪能ください。

日時:2014年11月1日(土)14:00~16:00
場所:賀川豊彦記念 松沢資料館・礼拝堂
住所:東京都世田谷区上北沢3-8-19
電話:03-3302-2855
参加費:3240円(税・コーヒー代・記念館拝観料込み)
企画:株式会社ピンポイント

お申込み方法などの詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.pinpoint.ne.jp/event/2014/10/05/pinpoint_forum.php


関戸勇写真展「大坊珈琲店」

書籍『大坊珈琲店』のために、写真家の関戸勇が撮影した写真のなかから、本書未収録の写真を展示します。コーヒー豆の焙煎で褐色に燻された店内や店主の大坊勝次がコーヒーを淹れる所作など、ぜひご覧ください。

会期:2014年9月3日(水)~30日(火)
   月曜~土曜10:00~23:00、日曜・祝日10:00~22:00
場所:ジュンク堂書店池袋本店2階実用書フロア
住所:東京都豊島区南池袋2-15-5
電話:03-5956-6111
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/store_detail.php?store_id=1

【プロフィール】
関戸勇(せきど・いさむ)
1946年福岡県八幡市(現・北九州市)生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒。
岩波映画制作所写真部を経て現在はフリーの写真家。
著作多数。鎌倉在住。日本風景写真家協会会員。



大坊勝次×金憲鎬トークイベント「大坊珈琲店を語る」

南青山で38年間、自家焙煎とネルドリップというスタイルと内装を変えずに営みを続けた「大坊珈琲店」。昨年末に惜しまれつつ閉店した際、私家版として制作され完売していた書籍が、復刊しました。店主の大坊勝次さんがお店に対するこだわりとコーヒーの作り方、印象的なエピソードなどを綴ったエッセイ、関戸勇さんが大坊珈琲店を撮影した写真、縁のある35人による寄稿文で構成されています。
本書の刊行を記念して、大坊さんによるトークイベントを開催します。聞き手に迎えるのは、寄稿者のおひとりであり、陶芸家の金憲鎬さん。大坊さんの考え方に興味があるという金さんに、大坊珈琲店をめぐるさまざまなお話を引き出していただきます。
トークの前には、大坊さんにコーヒーを作っていただきますので、ぜひ味わってください。
その後のふたりのお話が、コーヒーの味わいとともに深く染み入ると思います。

会期:2014年9月6日(土)15:00~17:00(開場14:30)
場所:本屋 B&B
住所:世田谷区北沢2-12-4
電話:03-6450-8272
前売/席確保:1500円+ドリンク代500円
http://bookandbeer.com/blog/event/20140906a_daibou/
【お申込みいただく方へのお願い】
・大坊さんへの質問の時間を設けます。お申込みいただく際、お尋ねしたいことをお書き添えください。
・コーヒーは大坊珈琲店で使用されていた小さなカップで提供します。開演の15分前までにお越しください。

【プロフィール】
・大坊勝次(だいぼう・かつじ)
 1947年岩手県盛岡生まれ。南青山にあった「大坊珈琲店」店主。

・金憲鎬(きむ・ほの)
 1958年愛知県瀬戸市生まれ。陶芸家。



『大坊珈琲店』刊行記念
「大坊珈琲店の珈琲を愉しむ会」

38年間愛されつづけた「大坊珈琲店」。2013年末に惜しまれつつ閉店した際に、私家版として製作された書籍が復刊されました。この 刊行を記念して大坊さんの珈琲を楽しむ会を開催いたします。ぜひお立ち寄りください。

日時:2014年9月15(月・祝)、16日(火)
   13:00~17:00(珈琲豆がなくなり次第終了)
   *両日ともにmargoの通常営業はお休みです。
場所:ワイン食堂 margo
住所:〒153−0052 東京都目黒区祐天寺1-21-16-B
電話:03-5722-4505
http://www.margo3020.com

大坊さんが淹れる珈琲を召し上がっていただきます。
ブレンド 3番(20g 100cc/600円)と4番(25g 50cc/700円)をご用意いたします。
書籍『大坊珈琲店』を販売いたします(ご希望の方には、大坊さんがサインをしてくださいます)。
margoは祐天寺にあるワイン食堂です。7坪ばかりの小さなお店です。
この会はお席のご予約等御は不要です。気軽にお立ち寄りください。
店内は禁煙ですので、あらかじめご了承ください。



大坊珈琲店のマニュアル

自家焙煎とネルドリップの変わらぬスタイルで、38年間コーヒーと向き合っておられた大坊勝次さん。コーヒー好きに愛された名店でした。
今回は、講演会スタイルではなく、実際に大坊さんが皆様にコーヒーを淹れるところから始めます。コーヒー抽出のポイントなどお話しし、5名様ずつコーヒーを淹れます。順番にご案内します。(人数分淹れるのに時間がかかりますが、ご了承下さい)じっくり香りと味を確認してください。
講座後半では、皆様の質問にお答えしながら、お店のこだわりなどについてもお話しします。
大坊珈琲店で使っていた器、鍋、焙煎機、店内の写真などを教室に展示いたします。

日時:2014年10月11日(土)11:00~13:00
場所:NHK文化センター横浜 ランドマーク教室
住所:横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ5F
電話:045-224-1110
受講料:NHK文化センター会員の方 3240円、一般の方3780円
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_999111.html

【お申込みいただく方へのお願い】
・大坊さんへの質問の時間を設けます。お申込みいただく際、お尋ねしたいことをお書き添えください。
【プロフィール】
・大坊勝次(だいぼう・かつじ)  1947年岩手県盛岡生まれ。南青山にあった「大坊珈琲店」店主。



『大坊珈琲店』刊行記念 写真展「大坊珈琲店」

青山通りを挟んで、山陽堂書店の斜向かいにあり、38年間愛されつづけた「大坊珈琲店」。昨年末に惜しまれつつ閉店した際に、私家版として製作された書籍が復刊することとなりました。その刊行を記念し、関戸勇による写真と大坊珈琲店で使用されていた机や椅子、道具類などを展示します。ぜひお立ち寄りください。

会期:8月2日(土)~8月9日(土)
   月曜~金曜11~19時、土曜11~17時、日曜休廊
場所:ギャラリー山陽堂
住所:東京都港区北青山3-5-22 山陽堂書店2・3F
電話:03-3401-1309
http://sanyodo-shoten.co.jp/gallery/

掲載メディア

2015年5月29日

土屋鞄製造所のウェブサイト「今日のコラム」コーナーで、
大坊勝次さんが登場しています。
『大坊珈琲店』もご紹介いただきました。
http://www.tsuchiya-kaban.jp/corporate/library/detail.php?product_id=2285
2014年7月17日 ほぼ日刊イトイ新聞」に「書籍『大坊珈琲店』刊行記念対談」として、
本書寄稿者のおひとり、糸井重里さんと大坊勝次さんの連載がスタートしました。
http://www.1101.com/daibou/
2014年7月15日 本書寄稿者のおひとり、川口葉子さんのブログ「東京カフェデイズ」にてご紹介いただきました。
http://cafe-mania.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-3d37.html
2014年7月14日 本書の装幀を手がけた猿山修さんのブログにてご紹介いただきました。
http://guillemets.net/blog/archives/1594

お問い合わせ

《取材に関するお問い合わせ》
アイデア編集部 久保
TEL:03-5805-7763

《直販に関するお問い合わせ》
販売部
TEL:03-5800-5780