Javaの手ほどき

Javaの新しい世界への扉を開く

Javaの手ほどき 学習編
『Javaの手ほどき 学習編』
ISBN978-4-416-91470-0
B5版、240ページ
定価:1,800円+税

Javaの基礎的な学習事項を全28の例題の中で段階を追って説明する一冊。
独習用としてはもちろん、授業時数に即して例題を配置でき、授業計画の立案が容易なため、
大学などのテキストとしても利用できます。

全11章で各章は2~3の節を含み、各節は1つの例題を中心に、次の7つの要素で構成されています。

【①導入】
その節における学習事項を提示します。
【②例題】
学習事項を含む、各節の中心となる課題です。
できるだけ身近で、興味の持てるテーマを設定しました。
【③解法】
例題のプログラムの作成手順・考え方を箇条書きで記載しています。
【④プログラム】
例題のコーディング例です。理解しやすいように、
【③解法】と具体的なコードを番号で対応させて表示しています。
【⑤解説】
例題に即して、Javaの文法・用例を簡潔で、わかりやすく説明しています。
【⑥練習問題】
学習事項の定着と確認を中心とした
穴埋めや解答選択式の問題です(全52題)。
【⑦実習問題】
既習事項で作成可能なプログラムの実習問題です(全71題)。

プログラミングの学習では、プログラム言語の文法や用例、アルゴリズムの理解などをしっかり身につけることは必要ですが、それらは手段であって目的ではありません。プログラミング学習の最終目的は、実際にプログラムを作れるようになることです。この目的のためには、十分な量の問題演習が欠かせません。言い換えれば、プログラミング学習の中心は問題演習なのです。
また、プログラミング学習では、問題を理解し、既習の知識をもとにプログラムの構想を立て、多くのエラーを修正して、最後に当初想定した結果がコンピュータから出力されたとき、他の学習では得られない達成感、満足感を得ることができます。この達成感が次の学習段階へ進むための強力な原動力になるのもプログラミング学習の特徴です。
以上のような考え方から、別売の『例題学習と問題演習 Javaの手ほどき 学習編」では、紙面の許すかぎり節末に問題を掲載しましたが、テキストという性格上、必ずしも量的に十分とはいえません。本書は、これを補うものです。

本書の各節の問題構成は、次のとおりです。
1.復習問題(93題)テキストの各項ごとの学習事項の確認用で、穴埋め形式の問題です。
2.練習問題(78題)その節までの既習の学習事項の確認用で、穴埋めや選択式の問題です。
3.実習問題(96題)既習の知識で作成可能なプログラムの実習用問題です。

Javaの手ほどき 学習編
『Javaの手ほどき 演習編』
ISBN978-4-416-91474-8
B5版、200ページ
定価:1,200円+税
練習問題、実習問題の解答(例)・解説および「第11章 ファイル入出力」の実習に必要な入出力用データは、右のボタンよりダウンロードできます。
ダウンロード
血糖値を下げる 夜9時からの 遅ごはん
Javaの手ほどき 学習編
中島雄洋/著/判型:B5判 / ページ数:240ページ / 定価:本体1,800円+税 / ISBN:978-4-416-91470-0
目次:
第1章 簡単なプログラム/第2章 変数の利用/第3章 入力と出力/第4章 判定処理/第5章 繰り返し処理/
第6章 配列/第7章 メソッド/第8章 クラスの基本/第9章 クラスの応用
  • 購入はこちら
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
Javaの手ほどき 演習編
中島雄洋/著/判型:B5判 / ページ数:200ページ / 定価:本体1,200円+税 / ISBN:978-4-416-91474-8
目次:
第1章 簡単なプログラム/第2章 変数の利用/第3章 入力と出力/第4章 判定処理/第5章 繰り返し処理/
第6章 配列/第7章 メソッド/第8章 クラスの基本/第9章 クラスの応用
  • 購入はこちら
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング