『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』特設サイト|誠文堂新光社

KEEP MOVING 限界を作らない生き方 27歳で難病ALSになった僕が挑戦し続ける理由 武藤将胤

克服すべき困難がある。
困難に向き合うことで発明が生まれる。
武藤将胤は困難にぶつかるたびに、
仲間と共に問題を解決していく。
そのすべての活動の一つ一つの問題解決は
常に最前線なのだと教えてくれる。

―メディアアーティスト・落合陽一氏大推薦!!

KEEP MOVING 限界を作らない生き方
27歳で難病ALSになった僕が挑戦し続ける理由

  • 著者:武藤将胤
  • 仕様:46判、238ページ
  • 定価:本体 1,500円+税
  • 配本日:2018年6月6日(水)
  • ISBN:978-4-416-61839-4
  • 発行:誠文堂新光社

書籍のご購入はこちら

  • 誠文堂新光社
  • 楽天ブックス
  • Amazon
  • セブンネットショッピング

試し読みをする

応援メッセージ
(順不同・敬称略)

将胤くんとは本当に濃い時間を過ごさせてもらっています。
彼が発足したイベント『MOVE FES.』には毎年出させてもらっていますし、
J-WAVEの番組ではゲスト出演含め、ナレーションまでさせてもらいました。
僕らが彼を支えなきゃいけないのに、彼がいつも周囲にチャンスを与えるのです。
努力家であり、発明家であり、何よりも実行家です。
これは病気だからではなく、将胤くんが本来持っている資質です。
ご両親の愛情と教育と環境が彼を作り、これだけの人を惹き付け、
結果が存在しています。
ALSの前に僕は将胤くんを一人の人間として心から尊敬しています。
出版、おめでとう!!!

KURO
(HOME MADE 家族/eNBAND)

「せりか基金」は武藤さんに何度勇気付けられたかわかりません。
武藤さんに出会えたことは私たちの一生の財産になりました。
この本で、絶対に弱音を吐かず自分よりも人のために生きる武藤さんの強さの源、
そして心の中にあった葛藤をやっと知ることができました。
ALSが治る病気になるように「せりか基金」も全力で取り組みます。
武藤さんの活躍をいつまでも応援しています。
出版おめでとうございます。

せりか基金 一同

自分だって大変なはずなのに、それを微塵も感じさせず、
同じ病気と闘っている人たちの今と未来のために
精力的に活動されている武藤さんの姿には、本当に惹きつけられます。
最先端テクノロジーを果敢に取り入れていくことで、ただ「便利」なだけでなく、
「かっこいい」「楽しい」まで実現していこうとする
武藤さんのKEEP MOVINGに、
これからも微力ながら協力していきたいと思います!

金子祐紀
(東芝デジタルソリューションズ/コエステーション事業プロジェクトリーダー)

ALSという難病と戦う将胤のどこまでも前向きな姿勢に
本当に驚かされます。将胤と会うといつも自分がここまで
の人間なのか?と、いつも逆に勇気をもらっています。
イベントでも画期的なDJスタイルで、フロアそして、家族や仲間達を
更に勇気づける将胤の本は、楽しみです!!

DJ U-ICHI
(HOME MADE 家族)

You MOVE, We Groove!!!
将胤くんが動く時、僕ら仲間はどこまでも一緒にいます。
生き様を綴った最幸の本をありがとう。
実行に移す大切さを、友人である彼がまた教えてくれました。
今年の『MOVE FES. 2018』も限界を越えるクレイジーな夜にしよう!
将胤くん、おめでとう!!
Your friend, MICRO

ミクロマンサンライズ!!!
(HOME MADE 家族)

将胤さんの限界を作らない生き方、
挑戦をし続ける姿勢にはとても刺激を受けております。
私もできることを最大化して、頑張っていきます!
これからも微力ながら応援させていただきます!

小泉耕二
(株式会社アールジーン代表取締役/IoTNEWS代表)

新しいことに挑戦し、
切り拓いていく将胤くんの姿には同世代として、生きる熱い力と希望を頂き、
本来、人間が持っている無限の力を出していく大切さを教えもらっています。
ALSという難病が治る病気に!!
将胤くんの情熱と行動に、私も付いていきます!!

松井絵里奈
(歌手/タレント)

どんな困難が立ちはだかっても、思考し、発信し、
仲間と力を合わせて限界を突破する。
武藤の脳が描き続ける創造的なヴィジョンとパッションは、
難病にも決して止めることはできない。
Think different with ALS.

吉藤オリィ

武藤さんの心はいつもKEEPMOVINGしていて、
周囲の心がそれに動かされ、いろんなモノやコトが生み出されます。
この本もそうした武藤さんのクリエイションの一つで、
読んだ人の心が動き出します。僕もその1人です。

川井佑太
(ほんをうえるプロジェクト/企画担当)

道は違えど、
あなたは僕に希望をくれた。
あなたは僕に勇気をくれた。
あなたは僕に笑顔をくれた。
そして、その謙虚であり温かな眼差し。
1人から始まる挑戦、戦いが
どれだけ多くの方々を、
世界を照らすだろう……
MASA君! 僕は、あなたを応援します!
この本を通して1人でも多くの心に
思いが届くよう祈ります。
太陽に向かって咲く “武藤 将胤” は
誰よりも輝いてる……
“KEEP MOVING”
その言葉の本当の意味を。

NOBU

武藤さんのアクシデントに屈しない素晴らしい心の持ちよう、
奥様をはじめ周りの方々の強くて優しいサポート、心より敬服いたしました。
おそらくは険しく厳しい道のり、
道なき道を勇気と知恵で進んで行く姿は何より美しく、カッコいい!

加藤京子
(蔦屋書店熊谷店/文芸書担当)

人間は決して平等ではない。
何らかの障害を抱えた人とそうでない人が平等だなどとは決して言えない。
とはいえ、現実に障害を抱えた人の中には、
自身の障害を自分の個性なのだと言う人がいる。
その人たちは、そういった言い方をして、
障害は自分のハンディではないと思うのだろう。
それはそれで構わない。
それで彼らが前向きに生きられるならば大いに結構なことだと思う。
ただ、武藤将胤の場合は、この本を読んでもらえれば分かるように、
障害は個性などと言えるものではない。
武藤将胤の障害は正に暴力的なのだ。
しかもその障害は一時期に発生するのではない。
発生した時点から継続的に、徐々に襲ってくるものなのだ。
更に、それを止める手立ては、今のところない。
その中で、武藤将胤は何と前向きに生きていることか。
この本は、若い人たちに読んで欲しい。
中でも、自分に自信が持てない人、自分を卑下している人、
自分を自分で縛ってしまっている人、
自分で自分の殻を作ってしまいそこから抜け出そうとしない人、
抜けられない人、そういった人たちに是非読んで欲しい。
自分に自信の無い人たちがこの本を読むと、
武藤将胤は特別な人だと思うかもしれない。
確かに武藤将胤は暴力的な障害に襲われながら、
それでも前向きに生きている、生きていける特殊な人間に映るかもしれない。
しかし、本にも書かれているように、
武藤将胤もALSという暴力的な障害に見舞われていることが分かった時、
医者にALSを宣告された時、
その時、絶望感からどん底に突き落とされたと感じて嗚咽を漏らして泣いたのだ。
武藤将胤は本にこう綴っている。

「絶望」なんて言葉ではとうてい言い表せない。
僕は憤っていた。
行き場のない感情が、ふとした拍子に爆発する。
そして気づけば声を上げて泣いている。
悲しくてじゃない・・・・・ただ、ただ、悔しくて。

だが、武藤将胤のすごいところは、
その後数時間でそのこと、ALSであることを受け入れ、
これからは「ALSと共に生きる」と決心したことなのだ。
この覚悟、決断、考え方、これこそが武藤雅胤なのだ。
最後に、武藤将胤にはどんどん我儘を言ってほしい。
慎み深いことは確かに美徳ではある。
障害者が健常者と同じことを望むことを批判する向きもある。
しかし、武藤将胤のように暴力的な障害に見舞われた人は
相当な我儘を言ってもいい。
本にあるように介護保険制度ではある年齢にならないと
支援サービスを受けられないという。
武藤将胤の場合は障害者総合支援法で公的支援は受けられるそうだが、
介護保険制度に特例を作ってもらうことも要求して欲しい。
我々周りにいる人間にも我儘を言ってほしい。
出来ないことは出来ない、とこちらも言うので言って欲しい。
それこそが人間同士の共生なのだと思う。

秦信行
(國學院大學 経済学部 教授)

撮影日誌

撮影を担当した写真家・阪本勇によるダイアリー。
収録しきれなかったオフショットと共に、武藤さんの素顔に迫ります。

阪本勇(さかもと・いさむ)

1979年 大阪生まれ。日本大学芸術学部写真学科中退。写真家 本多元 氏に師事後、独立。現在、エディトリアル、コマーシャル等の分野で大活躍(したい!)。

http://sakamotoisamu.com/

世界初「眼で奏でるMUSIC FIM」。
“20年後の未来の東京”を舞台に、ALSが治る病気になっている未来を描いた。

著者プロフィール

武藤将胤(むとう・まさたね)

1986年ロサンゼルス生まれ、東京育ち。難病ALS患者。一般社団法人WITH ALS 代表理事、コミュニケーションクリエイター、EYE VDJ。また、(株)REBORN にて、広告コミュニケーション領域における、クリエイティブディレクターを兼務。過去、(株)博報堂で「メディア×クリエイティブ」を武器に、さまざまな大手クライアントのコミュニケーション・マーケティングのプラン立案に従事。2013年26歳のときにALSを発症し、2014年27歳のときにALSと宣告を受ける。現在は、世界中にALSの認知・理解を高めるため「WITH ALS」を立ち上げテクノロジー×コミュニケーションの力を駆使した啓発活動を行う。本書『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』が初の著書となる。

WITH ALS NO LIMIT, YOUR LIFE.

お問い合わせ

書店の皆様へ

武藤将胤『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』の感想をいただける書店員様を募集しています。
ご希望の方は、誠文堂新光社編集部(Tel: 03-5800-5753)までご連絡ください。
いただいたご感想は、当サイトでご紹介させていただきます。

メディアのみなさまへ

武藤将胤さんへの取材依頼やその他企画など、お問い合わせは宣伝部(press@seibundo.com)までご連絡ください。

株式会社 誠文堂新光社

〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
TEL:03-5800-5780 FAX:03-5800-5781

本書の売上の一部は、宇宙兄弟ALSプロジェクト「せりか基金」に寄付されます。

KEEP MOVING 限界を作らない生き方
27歳で難病ALSになった僕が挑戦し続ける理由

  • 著者:武藤将胤
  • 仕様:46判、238ページ
  • 定価:本体 1,500円+税
  • 配本日:2018年6月6日(水)
  • ISBN:978-4-416-61839-4
  • 発行:誠文堂新光社

書籍のご購入はこちら

  • 誠文堂新光社
  • 楽天ブックス
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
Copyright © Seibundo Shinkosha Publishing Co.,Ltd. All rights reserved.