ガミラスの遊星爆弾攻撃により赤茶色となった地球を離れるヤマト
ヤマトの目的地・イスカンダルがある大マゼラン銀河の最新研究を紹介
波動砲やワープの仕組みを天文学的に解説
完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』のエピソード満載

『宇宙戦艦ヤマト2199』の優れた戦闘・人間ドラマの舞台設定には、最新の天文学や物理学の科学的知見による裏付けがなされています。『宇宙戦艦ヤマト2199でわかる天文学』は『宇宙戦艦ヤマト2199』の科学考証を担当した半田利弘氏(鹿児島大学教授)が、地球からイスカンダルへ向かったヤマトの航路を辿り、太陽系の成り立ち、星間の距離の測り方、地球以外にも生命が住める場所はあるかなど、本質的な天文学や最新の宇宙に迫ります。さらにワープや波動砲、波動防壁といったお馴染みのエピソードが天文学でどのように考えられるかも解説します。
完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』のエピソードも満載。ヤマトの世界をより深く知りたいヤマトファンから宇宙・天文ファンまで、幅広い方々にお薦めの1冊です。


イスカンダルへの航海で明かされる宇宙のしくみ
宇宙戦艦ヤマト2199でわかる天文学

半田 利弘(著)四六判 192ページ 価格:1,400円+税
購入はこちら: