書名
著者名
キーワード

BIOSTORY Vol.18

BIOSTORY Vol.18

著者名: BIOSTORY編集部 編
発売日: 2013-11-26
ISBN: 978-4-416-21293-6
書名(かな): ビオストーリー18
判型: B5
副書名: 人と自然の新しい物語
ページ数: 96
定価:
本体1,500 円+税
【特集】「斑(まだら)と斑(ふ)入りの世界」―病いと魔性のはざま
植物の斑入りと動物のまだら模様。その発現メカニズムは多様である。生き物の遺伝的条件だけでなく、温度、土壌、感染症など、外部の条件次第で発現することがある。人間はまだら模様や斑にたいしてさまざまな思いを抱いてきた。病変もしくは異常とみなす一方、その珍奇さをめでることもあった。はたまた豹柄の衣装を身につけることで、ある種の変身願望を満たしてきたのが人間である。模様のちがうハマグリの貝合わせ遊びも平安時代からある。本特集では、生き物のまだらと斑にこめられた知と感性の世界を探る。
:仁田坂英二、湯浅浩史、米澤隆弘、進士五十八、中坊徹次ほか

【連載】○珍品図鑑○論点○巻頭言○自然を読む○フィールドレポート海外○フィールドレポート国内○必読書
【不定期連載】○震災と生き物を考える○生き物のいま
【投稿原稿】【学会情報】ほか
関連カテゴリ:
MOOK
MOOK > BIOSTORY
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。