書名
著者名
キーワード

そして恐竜は鳥になった

そして恐竜は鳥になった

著者名: 小林 快次 (監修) / 土屋 健 (著)
発売日: 2013-07-10
ISBN: 978-4-416-11365-3
書名(かな): ソシテキョウリュウハトリニナッタ
判型: 46
副書名: 最新研究で迫る進化の謎
ページ数: 144
定価:
本体1,500 円+税
恐竜学の最新知見満載
鳥になっていく進化の道筋が明らかに

新しい発見が相次いでいる恐竜研究。なかでも鳥類への進化については、「食性」「脳」「羽毛」をキーワードに、研究が進んでいます。本書も、この3つを手がかりに、恐竜がどうやって鳥になっていったかを、研究者の思考回路を交えながらわかりやすく解説。CTスキャンでわかった脳の変化、胃石からわかるエサの変化、羽の痕跡からの推理など、研究者たちが、化石や骨を目の前に、どのように謎を解き明かしているのか、その研究手法も面白く紹介しています。
解説するのは、恐竜学で今最も人気のある気鋭の研究者、北海道大学総合博物館の小林快次先生。最前線で活躍する小林先生ならではの、恐竜研究エピソードも必見です! 写真やリアルイラストレーションを多用し、見て楽しいページも多く、また、難しい漢字にはルビをふっているので、恐竜好きな小学校高学年の児童でも読みこなせます。
関連カテゴリ:
書籍
書籍 > 教育
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。