書名
著者名
キーワード

陶工房 No.73

陶工房 No.73

著者名: 陶工房編集部 編
発売日: 2014-05-22
ISBN: 978-4-416-61454-9
書名(かな): トウコウボウ ナンバー ナナジュウサン
判型: A4
副書名: はじめての器づくり&プロの技
ページ数: 120
定価:
本体1,800 円+税
■内容詳細
特集は「唐津焼」。
「一井戸、二楽、三唐津」あるいは「一楽、二萩、三唐津」と茶陶の名品に数えられるのが唐津焼。幅広く奥深い「からつもん」の魅力を訪ねます。

特集1:
名陶地探訪 必修「唐津」
陶房を訪ねる
 中里太郎右衛門陶房
 隆太窯
 井上公之(鏡山窯)
 矢野直人(殿山窯)
名陶地の名旅館
唐津を巡る

特集2:
知りたい!人気作家の凄技レシピvol.4
象嵌/保立 剛・大貫博之

陶芸最前線4/外舘和子
日本的情感と金のエキゾティシズム/吉田幸央

連載講座:
●手びねり成形のツボ 修業その4/杉山佳隆
 「タタラ スライス&カブセ成形で組み皿をつくる」
●可愛い!簡単!楽しい! 親子陶芸のススメ第4回/両角 香
 夏の風物詩をつくる
●[新連載]自宅陶房計画 第1回/オトハライサム
 小型の電気窯を買おう!
●ゼロからマスター! 電動轆轤 第4回/星野友幸
 数挽きと個挽きで皿を挽く
●絵付けレッスンAtoZ No.4 /鈴木陽子
 二段階の絵付け 染付+色絵のカップ
●美しい磁器をつくる 第4回/奥 絢子
 堆磁装飾の飯碗
●ルーシー・リーの技法を再現する 第4回/小山耕一
 練込で釉が発色する鉢

好評連載:
●粘土から窯焚きまで 焼き物の基本 第7回/小川哲央
 焼き締め編「信楽焼・伊賀焼」
●おじゃまします! 陶芸家んちのくらし第8回/クリス・クラーク
 和洋折衷を目指すイギリス人陶芸家

・展覧会プレビュー&レポート
・焼き物雑学質問箱 Vol.30/和田和也
・展覧会案内
・陶工房告知板
関連カテゴリ:
MOOK
MOOK > 陶工房
数量: