書名
著者名
キーワード

BIOSTORY Vol.21

BIOSTORY Vol.21

著者名: BIOSTORY編集委員会(編)
発売日: 2014-05-22
ISBN: 978-4-416-11426-1
書名(かな): ビオストーリー ニジュウイチ
判型: B5
副書名: 人と自然の新しい物語
ページ数: 112
定価:
本体1,500 円+税
【特集】
「馬とはどのような生き物か?」―馬と人の出会いから未来へ

ギリシャ神話で馬は海の神ポセイドンの聖獣であり、航海安全を守護するとされた。
人や荷物を運搬する馬は古代以来、軍事面で重要な役割を果たしたことは古代ローマや中東、インドでよく知られる。
騎馬民族はユーラシアを席巻したし、日本でも戦国時代の武将や近代の軍隊は軍馬を愛した。
馬は交通の発達による物資や人の運搬に欠かせない存在であり、その速さを競う競馬は現代でも根強い人気を誇っている。
人間にとり、交通や移動、軍事、娯楽面などで多様なかかわりを持つ馬と人間のいとなみとその未来について考える。

【目次】
特集:馬とはどのような生き物か?
馬の力/末崎真澄
日本在来馬の起源/松井章、丸山真史
日本在来場の源流をもとめて/菊池大樹
出土馬遺体研究の現状/植月学
人と馬と馬頭観音/片山寛明
中世螺鈿鞍の美/小松大秀
ウマの遺伝学研究/戸崎晃明
モンゴルにおけるウマの習性と個性に対する認知/小長谷有紀

特集コラム
馬の足拓から見えてくること/小宮輝之
馬と牛/楠瀬良
ホースセラピーの現状/川嶋舟
人と馬の絆/豊下康次
移牧者はばったりと遺伝子に出会う/木村李花子
馬の尾毛製帽子/秋道智彌

連載
○珍品図鑑
○巻頭言
○フィールドレポート海外
○フィールドレポート日本
○論点
○必読書
○地域の和食

【不定期連載】
【投稿論文】
【学会情報】
ほか
関連カテゴリ:
MOOK
MOOK > BIOSTORY
数量: