書名
著者名
キーワード

アイデア No.367

アイデア No.367

発売日: 2014-10-10
書名(かな): アイデア367
判型: A4変
価格(税込)
3,055
定価:
本体2,829 円+税
メーカーURL:
http://www.idea-mag.com/
立ち読み

特集:日本オルタナ文学誌 1945-1969 戦後・活字・韻律

人間の似姿としての書物は、精神と肉体とを持つ。書物の肉体しか見ないこれまでのブックデザイン表現論とその作家主義により隠蔽されてきた、ピューリズム・ストイシズム・ジャンセニズム・マゾヒズムを基底とする「表出」としての「社内装丁・編集装丁」を主要な対象とし、敗戦国日本の出版における絶望と憧憬の精神史を辿る。

あたらしい「戦前」を迎えたかに見える現在、『アイデア354 日本オルタナ出版史 1923〜1945』(2012)の戦後篇として、大日本帝国敗戦後に再起動し、フィールドとプレイヤーを転移しながら脈々とリレーされてきた「文学」の志操と命運を書物の面影に窺いたい。

1 岩波文庫
2 新潮文庫・個人文学全集
3 伊達得夫:書肆ユリイカ
4 小田久郎:思潮社
5 山田耕一・鈴木一民・大泉史世:書肆山田
6 木村栄治:七月堂
7 草間京平:黒船社、日本謄写印刷研究所、草間作品頒布会
8 若山八十氏:日本孔版研究所
9 亀山巌:名古屋豆本
10 佐々木桔梗:プレス・ビブリオマーヌ
11 石井恭二:現代思潮社
12 矢貴昇司:桃源社
13 雲野良平:美術出版社
14 矢牧一宏・内藤三津子:河出書房、東京書籍、七曜社、芳賀書店、天声出版、都市出版社、薔薇十字社、出帆社

伊東淳の世界 「日本グラフィック展」の時代再考
《新連載》ばるぼら×野中モモ 日本のZINEについて知ってることすべて 第0回
《連載》インフォグラフィックスの潮流 第3回
《連載》イエローページ 第3回
世田谷民謡グラフィック展とグラフィックデザイン
366号特集「ポスト・インターネット時代のビジュアル・コミュニケーション」補遺
インフォメーション&ブック
idea of music [013]
関連カテゴリ:
定期刊行物
定期刊行物 > アイデア
数量: