書名
著者名
キーワード

MJ 無線と実験 2014年11月号

MJ 無線と実験 2014年11月号

発売日: 2014-10-10
書名(かな): エムジェームセントジッケン 2014ネン11ガツゴウ
価格(税込)
1,132
定価:
本体1,048 円+税
立ち読み

特集
自作&メンテナンス オーディオ機器のトラブルシューティング
●局部発振とフォノイコライザーアンプの誘導ハム/佐藤 進
●誤配線・ノイズ・パーツ不良/征矢 進
●真空管パワーアンプのノイズの原因特定と対策/内田 満
●オーディオシステムのノイズと歪みの解決法/黒澤直登
●真空管アンプのトラブルを招かないためにできること/柳沢正史

オリジナル・サウンドシステムの製作
●WE 350B相当管を使用した,出力9.3W
WE 367Aプッシュプルパワーアンプ/松並希活
●DCアンプシリーズNo.234
SiC MOS-FETモータードライブアンプ,SiC MOS-FEレギュレーター,SiC SBD整流回路採用,テクニクスSP-10Mk1用
ターンテーブル制御アンプ[後編]/金田明彦
●電池管6418を疑似UL接続した
真空管ポータブルヘッドフォンアンプ/前坂昌春
●スピーカーと組み合わせるネットワークに原因
各種LCネットワークの比較と12dB/oct正相型ネットワークの設計と製作(最終回)/安井 章
●味わい尽くそうEL34〔II〕
局所帰還を使いこなした
EL34 3結シングルパワーアンプの設計・製作(設計編)/落合 萠
●高能率・高音質システムを目指す
小型スピーカーの設計と製作 第79回/小澤隆久

オーディオテクノロジー
●MJテクニカルレポート
40年前の技術が21世紀にハイテクで復活
光電式カートリッジシステムDS001の開発背景/小林 貢
●新・スピーカー技術の100年[第11回]
三菱電機のダイヤトーンスピーカー(11)
三菱電機ブランドの業務用モニタースピーカーシステム群(2)/佐伯多門
●パワーアンプとスピーカーの「相性」とは何か
パワーアンプの駆動周波数特性の測定/新井悠一
●デジタルオーディオのキーデバイス
オーディオ用ICの特徴と応用例[第36回]
A-D/D-Aコンバータデバイス(20)/河合 一

音楽/音響空間/プロオーディオ
●音響空間クリニックNo,232
自作アンプ3ウエイシステムのあるリスニングルーム/前田欣一郎

MJベストオーディオコンポ
MJズームアップ
●マックトン MS-2000
KT120パラプッシュプル200W×2パワーアンプ
●スペック RSA-F11
4Ω負荷120W×2,PWMスイッチングアンプ搭載プリメインアンプ
●アムレック AL-202H SE
4Ω負荷20W×2,スイッチング方式パワーアンプ
●フェーズメーション T-500
バランス入力対応MC昇圧トランス
●ケンブリッジオーディオ
Azur 851E 低ノイズ・低歪率コントロールアンプ
Azur 851W 8Ω負荷200W×2パワーアンプ
●オーディオテクニカ AT-F2
MC型カートリッジ

MJレポート
●ディスクユニオン
レコクリン200 液体レコードクリーナー
レコクロス50 拭き取り・仕上げ専用布

●新製品ニュース

オーディオ&ソフトガイド
●MJニュース
50周年を迎える国際放送機器展
●第10回 オーディオウインズ真空管アンプ試聴会
●秋田たまゆらの会設立15周年記念
金田式最新DCアンプ試聴会
●第21回「素朴な真空管アンプ友の会」試聴会
●MJオーディオ情報
●LPレコードの真実 第15回
コンテンポラリーの冒険2/山口克巳
●クラシック新譜紹介
●ジャズ・ポップス新譜紹介
●オーディオは悩ましい 55
ビバ! ニューオーリンズ/原島一男
●名曲を訪ねてシネマの森へ77/柳沢正史

読者のページ
●創刊90周年モニタープレゼント 読者のレポート(3)
●MJディメンション

●部品交換

表紙
ケンブリッジオーディオ
Azur 851E コントロールアンプ
Azur 851W パワーアンプ
関連カテゴリ:
定期刊行物
定期刊行物 > 無線と実験
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。