書名
著者名
キーワード

MJ 無線と実験 2017年1月号 [特大号 付録付き]

MJ 無線と実験 2017年1月号 [特大号 付録付き]

発売日: 2016-12-10
書名(かな): エムジェームセントジッケン 2017ネン1ガツゴウ トクダイゴウフロクツキ
判型: B5
価格(税込)
1,234
定価:
本体1,143 円+税
立ち読み

【特集1】
●第35回 MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー
 2016年度71機種を選出
●第35回 MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー
 選考基準および寸評,得点表

【特集2】
真空管1本から始めるアンプ製作入門
●単段増幅で小型軽量,ローコストで作れる初心者向き
 ECC88ヘッドフォンアンプ 征矢 進
●ヘッドフォンアンプとしても使える入門機
 PCL83シングルミニパワーアンプ 長島 勝
●真空管アンプ製作の基礎知識
 揃えておきたい工具と製作の基本テクニック 編集部

【MJイベントレポート】
●さらに会場を拡大した 秋のヘッドフォン祭2016
●ハイレゾ時代の試聴企画と講演 JAS・音のサロン&カンファレンス
●ピュアオーディオコーナーが新設された 2016楽器フェア
●アコースティックな弦楽器をとことん「見る・弾く・聴く」場として定着 2016弦楽器フェア

【特別付録】
●MJオリジナル自作オーディオ用レタリングシール

【オリジナル・サウンドシステムの製作】
●DCアンプシリーズNo.250
 速度制御+PLL位相制御,SiC MOS-FETモータードライブアンプ,SiC SBD電源(サブ)
 DP-3000 ターンテーブル制御アンプ[後編] 金田明彦
●従来型アナログデバイダーについて音質上から考察
 正相12dB/oct型3ウエイチャンネルデバイダー[前編] 安井 章

●初段差動増幅+終段カソードフォロワー構成EQアンプ,MCヘッドアンプ搭載
 MT管ハイブリッドイコライザーアンプ[製作編] 柴田由喜雄
●高能率・高音質システムを目指す
 小型スピーカーの設計と製作 第105回 小澤隆久

【オーディオテクノロジー】
●ハードウエアの変遷に見るオーディオメーカーの歴史[第41回]
 デノンの歩み アンプ編(6)[最終回]
 2000年以降の注目アンプ 柴崎 功
●パソコンによる再生とエフェクト
 ヘッドフォン特性の測定と最適化(4 新井悠一
●デジタルオーディオのキーデバイス
 オーディオ用ICの特徴と応用例[第62回]
 A-D/D-Aコンバータデバイス(43) 河合 一
●MJテクニカルレポート
 レイオーディオの最新大型スピーカーシステム WARP-15 編集部

【MJベストオーディオコンポ】
ズームアップ
●フェーズメーション MA-2000 300Bパラシングルモノーラルパワーアンプ
●アキュフェーズ DP-560 ハイレゾデータディスク対応SACDプレーヤー
●ラックスマン D-380 真空管出力回路付きCDプレーヤー
●デノン DCD-1600NE ハイレゾデータディスク対応SACDプレーヤー
●ラックスマン LX-380 6L6GCプッシュプル,6Ω負荷20W×2プリメインアンプ
●テクノクラフトオーディオデザイン MODEL77 EL34プッシュプル20W×2プリメインアンプ
●フェーズメーション PP-500 MCカートリッジ
●プラタナス 2.0S MCカートリッジ
●B&W 800D3 3ウエイスピーカーシステム

●新製品ニュース

【MJレポート】
●フルテック 105-D NCF コンセントカバー/FI-C15NCF ACインレットプラグ
●山本音響工芸 黒檀製ノブ
●山本音響工芸 パルスリアクター1

【音楽/音響空間/プロオーディオ】
●自室 録音スタジオ化計画 真剣勝負」第9回
 2ミックスのあとのマスタリングってなに? 渡邉博海

【オーディオ&ソフトガイド】
MJニュース
●MJニュース
 ベーゼンドルファーインペリアル生録レポート
●MJオーディオ情報
●LPレコードの真実 第42回
 1950年代のジャズアンソロジー 山口克巳
●クラシック新譜紹介
●ジャズ・ポップス新譜紹介
●オーディオは悩ましい 第68回
 なにもかも不透明 原島一男
●名曲を訪ねてシネマの森へ103 柳沢正史

【読者のページ】
●読者モニタープレゼント製作レポート
●第15回 柳沢正史 真空管アンプで音楽を聴く会
●第30回 富山クラフトオーディオクラブ試聴会
●第22回真空管オーディオ・フェア 佐久間アンプ試聴会
●MJディメンション
●部品交換
●2016年総目次

表紙
オクターブ RE320 KT150プッシュプルパワーアンプ

電子版も好評発売中!(詳細はこちら)
関連カテゴリ:
定期刊行物
定期刊行物 > 無線と実験
数量: