書名
著者名
キーワード

BIOSTORY Vol.29

BIOSTORY Vol.29

著者名: BIOSTORY編集委員会(編)
発売日: 2018-05-25
ISBN: 978-4-416-61843-1
書名(かな): ビオストーリー ボリュームニジュウキュウ
判型: B5
副書名: 人と自然の新しい物語
ページ数: 112
定価:
本体1,500 円+税
立ち読み

【特集】
「ミュージアムと生き物文化」

国内外には、生き物や生き物と人とのかかわり方を紹介するミュージアム(博物館)が少なくない。
動物園、水族館、植物園、自然史や民族学・民俗学の博物館、馬や牛の博物館、美術館などが挙げられる。
最近では、これらの境界があいまいになり、分野を越境しての展示も増えている。
特集では、生き物と人とのかかわり方を紹介する多様なミュージアムの現状をとおして、新しい生き物文化誌のあり方について考えてみたい。

総論:池谷和信(国立民族学博物館)

各論:
生き物とニフレル
小畑 洋(ニフレル)

生き物と民博 ~生き物文化誌博物館構想
野林厚志(国立民族学博物館)

生き物と水族館
西田清徳(海遊館)

生き物と動物園
小宮輝之(元・上野動物園)
             
生き物とミュージアム:動物・人のかかわり
遠藤秀紀(東京大学総合研究博物館)

生き物とミュージアム:植物・人のかかわり
湯浅浩史(進化生物学研究所)

コラム:
食と農の博物館
黒澤弥悦(東京農業大学)

牛の博物館
川田啓介(牛の博物館)

なにわの海の時空館
石浜紅子(元・なにわの海の時空館)

富山市ファミリーパーク
山本茂行(富山市ファミリーパーク)

MIZKAN MUSEUM
岸 幹也(Mizkan Holdings中央研究所)
ほか

【連載】
〇珍品図鑑
〇論点
〇巻頭言
〇自然を読む
〇フィールドレポート海外
〇フィールドレポート国内
〇必読書
  
【短期連載】
〇地域の和食

【不定期連載】
〇生き物のいま

【投稿原稿】
【学会情報】ほか
関連カテゴリ:
MOOK
MOOK > BIOSTORY
数量: