書名
著者名
キーワード

MJ無線と実験 2018年8月号

MJ無線と実験 2018年8月号

発売日: 2018-07-10
書名(かな): エムジェームセントジッケン 2018ネン8ガツゴウ
判型: B5
価格(税込)
1,132
定価:
本体1,048 円+税
メーカーURL:
http://www.seibundo-shinkosha.net/mj/
立ち読み

【特集】
●Nutube搭載超小型ヘッドフォンアンプキット Nu:Tekt HA-KITを作る 半澤公一
●AC電源化で実用的に MJオリジナルハイレゾプレーヤー基板 MJ-DAP01をケースに収める 編集部
●オーディオスペースの2ウエイモジュール用エンクロージャーを設計 LS3/5Aバスレフシステムの製作 小澤隆久

【オリジナル・サウンドシステムの製作】
●7ピンMT管でコンパクトにまとめた出力6W A2134プッシュプルパワーアンプ 長島 勝
●ゼロバイアスB級出力管使用の集大成として完成,GGS回路で最大出力15W 79パラレルプッシュプルパワーアンプ 征矢 進
●MOS-FETソースフォロワー直結ドライブで出力3Wを取り出す 10/VT-25ハイブリッド無帰還シングルパワーアンプ 岩村保雄
●DCアンプシリーズNo.261 DCマイク,A/Dコンバーター共用,パラ分け録音.アナログソースのデジタル化 多機能バランス電流伝送録音システム[前編] 金田明彦
●シングルスピーカーの高域音質改善,低域補強改善法 ハイカットフィルターとローブーストアダプター[設計編] 安井 章
●高能率・高音質システムを目指す 小型スピーカーの設計と製作 第124回 小澤隆久

【オーディオテクノロジー】
●ハードウエアの変遷にみるオーディオメーカーの歴史[第55回] フェーズメーションの歩み(2) 2005〜2008年の注目モデル 柴崎 功
●各種タイプのトゥイーター特性を分析する スピーカーの音とパワーアンプの特性の関係(2)新井悠一
●MJテクニカルレポート 南大東島の自然と人をとらえた録音作品 「うみなりとなり」フィールドレコーディングの報告 柳沢英輔
●アナログレコード再生再入門 第3回 アナログ再生の核となるカートリッジとフォノイコライザー 正木豊
●デジタルオーディオのキーデバイス オーディオ用ICの特徴と応用例[第81回] A-D/D-Aコンバーターデバイス(62) 河合 一

【MJベストオーディオコンポ】
ズームアップ
●アキュフェーズ T-1200 ワイドFM対応DDS方式FMチューナー
●プラタナス 3.5S 一体型磁気回路採用MCカートリッジ
●スフォルツァート DSP-Pavo ネットワークオーディオプレーヤー
●ロクサン Caspian Integrated AMP 8Ω負荷85W×2プリメインアンプ
●エアパルス Airpulse A200 パワーアンプ内蔵2ウエイスピーカーシステム

●新製品ニュース

●MJキットガイドNo.116 秋月電子通商 ポータブルDAC&HPA

【音楽/音響空間/プロオーディオ】
●Hi-Fi追求リスニングルームの夢 No.595 多彩な技術をマスターしたエンジニアが作る超小型オーディオ ビージェーエレクトリック
●自室 録音スタジオ化計画 真剣勝負」第28回 無料のプラグインで音程を変化させるエフェクト3種 渡邉博海

【オーディオ&ソフトガイド】
●MJオーディオ情報
●LPレコードの真実 第60回 オワゾリール① 山口克巳
●クラシック新譜紹介
●ジャズ・ポップス新譜紹介
●クラシック名盤名演奏 第143回 ムラヴィンスキーのリハーサル 平林直哉
●名曲を訪ねてシネマの森へ122 柳沢正史

【読者のページ】
●読者の作品誌上ギャラリー
●MJニュース 多様な音楽体験スペース「音吉!MEG」吉祥寺で再スタート
●第17回 常陸管球の会主催 真空管アンプによる音楽試聴会
●第64回 彩球オーディオ倶楽部作品発表会
●佐久間駿氏真空管アンプ鑑賞会
●MJディメンション
●部品交換

【表紙】
アキュフェーズ T-1200 ワイドFM対応DDS方式FMチューナー

電子版も好評発売中!(詳細はこちら)
電子書籍を立ち読みする
関連カテゴリ:
定期刊行物
定期刊行物 > 無線と実験
数量: