書名
著者名
キーワード

食の方程式 玉ねぎ×ワタナベマキ=だし・うまみ

食の方程式 玉ねぎ×ワタナベマキ=だし・うまみ

著者名: ワタナベマキ
発売日: 2018-10-09
ISBN: 978-4-416-61873-8
書名(かな): ショクノホウテイシキ タマネギカケルワタナベマキイコールダシ ウマミ
判型: B5変形
副書名: 玉ねぎブック
ページ数: 144
定価:
本体1,500 円+税
立ち読み

家庭に常備している人気食材に特化したシリーズ書籍第1弾。

煮込み、炒めもの、オーブン焼き…様々な料理になくてはならない「名わき役」である玉ねぎ。
煮込んでとろとろ、さっと炒めてシャキシャキ。
料理をおいしくしてくれる、その秘密は、玉ねぎにはだしやうまみがしっかり詰まっているということ。
上手に使えば、だし要らず!
そしてじつは、脇役だけでなく、ボリュームたっぷりの主役料理だって、簡単に作れるのです。

塩漬けして1週間置いただけの「発酵玉ねぎ」は、うまみが凝縮するので焼いた肉や魚にのせてソースに、酢と水で漬けた「酢玉ねぎ」は肉と煮込めば身もやわらかに、魚介とマリネすれば酸味もまろやかなセビーチェに。
じっくり炒めた「あめ色玉ねぎ」は、オニオングラタンスープだけでなく、玉ねぎたっぷりのトロトロカレーやフリッタータ(イタリアの卵焼き)にも。
そして、玉ねぎドーナツやオニオンリング、オニオンキッシュ、オニオンケークサレ…などを収録した「玉ねぎスナックブック」の付録付き!

たっぷり食べて血液サラサラ。健康になれるだけでなく、短時間で料理をおいしくしてくれるという玉ねぎ。
本書では、脇役ではなく、主菜からスープ、ご飯ものまでの玉ねぎ主役料理を、約60品紹介します。

■目次抜粋
1章 玉ねぎ×漬ける=だし・うまみ
発酵玉ねぎ・酢玉ねぎ・さらし玉ねぎ(焼きさばの発酵玉ねぎのせ、発酵玉ねぎときのこのスープ、やりいかと発酵玉ねぎの酒蒸し、赤と白のセビーチェ、鶏肉と酢玉ねぎのマリネグリル、黒酢酢豚、手羽中と酢玉ねぎの煮物、酢玉ねぎとゆずこしょうのポテトサラダ、さらし玉ねぎと香菜、ひき肉のソース、シャキシャキ玉ねぎの肉だんご…など)

2章 玉ねぎ×炒める=だし・うまみ
あめ色玉ねぎ・さっと炒め玉ねぎ(オニオングラタンスープ、玉ねぎカレー、あめ色玉ねぎのフリッタータ、玉ねぎのクリームグラタン、赤玉ねぎとラムのソテー、玉ねぎの炊き込みバターライス…など)

3章 玉ねぎ×煮る/蒸す=だし・うまみ
煮玉ねぎ・蒸玉ねぎ(玉ねぎの塩豚煮、丸ごと玉ねぎと油麩の煮物、肉じゃが、かきと玉ねぎのセロリ白ワイン煮、玉ねぎと豚肉の梅干し重ね蒸し…など)

とじ込み付録「玉ねぎスナックブック」(オニオンリング、玉ねぎドーナツ、あめ色玉ねぎトースト、玉ねぎのくしカツ、玉ねぎと紅しょうがのかき揚げ…など)付き
関連カテゴリ:
書籍
書籍 > 生活実用
数量: