書名
著者名
キーワード

画家のブックデザイン

画家のブックデザイン

著者名: 小林真理
発売日: 2018-12-17
ISBN: 978-4-416-71821-6
書名(かな): ガカノブックデザイン
判型: B5
副書名: 装丁と装画からみる日本の本づくりのルーツ
ページ数: 224
定価:
本体2,600 円+税
立ち読み

電子メディアの発達により紙による印刷文化も見直されつつある今日、あえて紙の本の持つ役割と本のデザインの重要性を考えてみたい。

「ブックデザイン」という言葉は現在でこそ定着したが、昔は画家が意匠を凝らして装幀したことから始まった。
名画家による装幀は美術品としての価値も高く、美装本の愛蔵家やデザイナーにとっても貴重な資料となる。

経済の変化で広告デザインが低迷してくると最近ではブックデザインが人気を博し、グラフィックデザイン先攻の美大生の中でもブックデザイナーの希望者が増えている。
そのような現状の中で、改めてブックデザインの源流である「装幀と装画」を見直し、その重要性と楽しみを、著名な画家の美装本を多数取り上げ、紹介していく。

■登場する画家・装丁家
・橋口五葉・小村雪岱・木下杢太郎・岸田劉生・竹久夢二・恩地孝太郎・中澤弘光・川端龍子・杉浦非水・藤田嗣治・東郷青児・佐野繁次郎・棟方志功・村山知義・武井武雄・芹沢介・中川一政・安野光雅・司 修

■目次
はじめに
装丁概論
橋口五葉/小村雪岱/木下杢太郎/岸田劉生/竹久夢二/恩地孝太郎/中澤弘光/川端龍子/杉浦非水/藤田嗣治/東郷青児/佐野繁次郎/棟方志功/村山知義/武井武雄/芹沢介/中川一政/安野光雅/司 修
作家略歴
Biography
主要参考文献
関連カテゴリ:
書籍
書籍 > デザイン
書籍 > 描画・イラスト
数量: