書名
著者名
キーワード

理科好きな子に育つふしぎのお話365傑作選 生きもののふしぎなお話 〜なぜ?どうして?編〜

理科好きな子に育つふしぎのお話365傑作選 生きもののふしぎなお話 〜なぜ?どうして?編〜

著者名: 自然史学会連合(監修)、子供の科学編集部(編)
発売日: 2019-01-11
ISBN: 978-4-416-61905-6
書名(かな): リカズキナコドモニソダツフシギノオハナシサンビャクロクジュウゴケッサクセン イキモノノフシギナオハナシ ナゼ ドウシテ ヘン
判型: A5
副書名: 理系脳を伸ばす遊び&調べ学習ヒント付き
ページ数: 160
定価:
本体1,000 円+税
立ち読み

正しい知識が身につくお話シリーズ
生きものの不思議にまつわる身近な疑問を第一線の研究者がわかりやすく回答しました

既刊『理科好きな子に育つふしぎなお話365』をハンディ版として再編集したもの。
「チョウとガはどこがちがうの?」「なぜヒトは夜寝るの?」「花はどうして良いにおいなの?」「地球上に魚は何種類あるの?」「カはなぜ血を吸うの?」など、楽しく読むだけで、子供の理系脳を刺激するお話を約70本選りすぐりました。

どのお話も2ページで完結する短いものばかり。
巻末には、調べ学習に使えるアイデア集付き。
漢字には全てふりがながついているので、小さいお子様でも一人で読み進めることができます。

■目次
第1章:歩いたりはったりする生きもののお話
パンダはどうして白黒なの?/ネコの気持ちはしぐさでわかる?/世界の人たちがちがう言葉を話すのはなぜ? ほか

第2章:泳いだりもぐったりする水の中の生きもののお話
潮干狩りはどうして春にするの?/どうして海と皮を行き来する魚がいるの?/魚は痛みを感じているの? ほか

第3章:飛んだりはねたり空をかける生きもののお話
ウグイスはなぜ春に鳴くの?/鳥はヒマラヤを越えても高山病にならない/ハトはなぜ首を振って歩くの? ほか

第4章:動かずじっとしたまま成長する生きもののお話
レンコンはなぜ穴があいてるの?/花はどうして良いにおいなの?/タネは土の中でも季節の変化がわかる? ほか

調べ学習ヒント集
コラム:寄り道しよう
関連カテゴリ:
書籍
書籍 > 教育
数量: