書名
著者名
キーワード

世界で一番美しい シャチ図鑑

世界で一番美しい シャチ図鑑

著者名: 水口博也(編著)
発売日: 2019-07-05
ISBN: 978-4-416-51868-7
書名(かな): セカイデイチバンウツクシイ シャチズカン
判型: AB
副書名: 絶景・秘境に息づく
ページ数: 160
定価:
本体2,500 円+税
立ち読み

近年、世界の各地に生息するシャチの生態が勢力的に研究され、生息地により姿形や食性、暮らしぶりが異なる群れが生息することが明らかになってきました。

本書は、クジラを中心に世界の海洋生物撮影の日本の第一人者、水中カメラマン水口博也の美しく幻想的かつ、ダイナミズム溢れるシャチの写真が100点近く堪能できます。

水口氏の写真は、野生動物の生態のしっかりした描写だけでなく、アート性も高く、見る者を圧倒させます。
単なるビジュアルに止まらず、最新のシャチ情報も掲載し、それぞれの生態をも理解できる1冊です。

■目次
◇北太平洋のレジデント
・南のレジデント
・北のレジデント
・南部アラスカのレジデント

◇北太平洋のトランジェント

◇道東のシャチ

◇ノルウェー北極圏のシャチ

◇アルゼンチン、プンタノルテのシャチ

◇西オーストラリアのシャチ

◇さまざまな海のシャチたち
・クロゼ諸島
・コルテス海
・ガラパゴス諸島
・南アフリカ
・ニュージーランド

◇南極のシャチ
・タイプA
・タイプB1
・タイプB2
・タイプC
・タイプD

◇The Orca Report
・シャチをめぐる冒険――レジデントとトランジェントからはじまる物語 水口博也
・知床・羅臼のシャチの暮らし 三谷曜子、大泉宏、中原史生、斎野重夫、山本友紀子、吉岡基
・遺伝子研究から見たシャチの多様性と進化 Andre Moura
・南半球のシャチ Jared Towers
・シャチの未来を危ぶむ有害化学物質 野見山桂

◇From Field
・シャチの子殺しについて Jared Towers
・アラスカ、プリンス・ウィリアム湾のAT1トランジェント  水口博也
・コククジラを襲うカリフォルニア州モントレー湾のシャチ Nancy Black
・オーストラリア、ブレマー海底渓谷海域のシャチ 吉田真智
関連カテゴリ:
書籍
書籍 > その他趣味
数量: