書名
著者名
キーワード

陶工房

50件の商品がございます。

陶工房 No.61

特集は「新しき笠間焼」:近年発展している笠間焼で実力の注目陶芸家の寺本守氏、菊地弘氏、額賀章夫氏、福野道隆氏を4人を紹介。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.60

本誌は創刊15年迎え、本号で60号になります。特集は「公募展・平成のヒーロー」:毎年、各地で開かれている多くの公募展で、最高賞を受賞されている実力の注目陶芸家を6人の紹介。その他、好評連載「若き匠の仕事術」、陶芸の処方箋、季節の陶器など。陶芸用電気窯や材料、また、自分の陶芸記録に役立つ、小冊子「陶芸手帳」が付録です。
定価: 本体2,000 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.59

特集は、「東京の陶芸家」。東京近郊で活躍する陶芸家、島田文雄、神谷紀雄、伊藤北斗、望月 集各氏の作陶を紹介します。その他、好評連載「若き匠の仕事術」、陶芸の処方箋、季節の陶器など。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.58

特集は「湘南ルネッサンス」。神奈川県の湘南エリアで活動している陶芸家を紹介します。新企画として料理と器の「盛付けのヒント」。その他、好評連載「若き匠の仕事術」、陶芸の処方箋、季節の陶器など。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.57

●特集「沖縄の名窯・新時代スタイル」。独特の文化歴史をもつ沖縄の陶芸家を紹介します。その他、好評連載「若き匠の仕事術(カップ・ソーサー)」、陶芸の処方箋、人気の生活陶器、季節の陶器など。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.56

特集は「山陰の名陶・最前線」。民芸陶器の出西焼や茶陶の布志名焼、因久山焼の陶芸家を紹介します。そのほか、好評連載「若い匠の仕事場(お雛様)」、陶芸の処方箋、人気の生活陶器、季節の陶器など。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.55

特集は「瀬戸焼最前線」。六古窯の一つの瀬戸焼の陶芸家を紹介します。そのほか、好評連載中の「若き匠の仕事術(釉彩飯椀)」、陶芸の処方箋、人気の生活陶器、季節の陶器など。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.54

特集は、「九州の名工」。猪苗川焼、龍門司焼、小鹿田焼の名工の作陶の様子と作品をそれぞれ紹介します。そのほか、好評連載「若き匠の仕事術(具象色絵)」、陶芸の処方箋、人気の生活陶器、季節の陶器など。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.50

特集は「古くて新しき 備前焼」。備前の陶芸家伊勢崎満、金重晃介、星正幸各氏の作陶、作品をレポートします。
定価: 本体1,600 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.51

特集は「進化する萩焼」。萩の陶芸家新庄貞嗣、納冨晋、金子信彦各氏の作陶、作品をレポートします。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.47

特集は、「越前・金沢/新時代のスタイル」。実力陶芸家・中村豊(越前壺)、三好建太郎(越前唐津花入)、中村康平(楽茶碗)の作陶の様子を紹介します。
定価: 本体1,600 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.48

特集は、「伊賀/新時代のスタイル」。伊賀で活躍する実力陶芸家(新 歓嗣氏、谷本 景氏、福森正武氏)を紹介します。
定価: 本体1,600 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.49

特集は、「みちのくの名窯」。丹羽良和氏(平清水焼)、宗像利浩氏(会津本郷焼)、相馬の若手陶芸家志賀暁吉氏の作陶、作品を紹介します。
定価: 本体1,600 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.53

特集は「砥部焼・新スタイル」。愛媛県の砥部にある老舗窯元の製作の様子、若手作家の作陶、作品を紹介します。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

陶工房 No.52

特集は「萬古焼・新スタイル」伝統、実力、若手陶芸家三人(清水酔月氏、稲垣竜一氏、山本安志氏)を紹介。その他「若き匠の仕事術」(ワインクーラー、尺八掛花入)など。
定価: 本体1,800 円+税
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。