書名
著者名
キーワード

無線と実験

88件の商品がございます。

MJ 無線と実験 2016年10月号

特集:同一出力トランスで製作した好音質シングルアンプの競作
10月号の製作特集は,佐藤進,岩村保雄,征矢進,長島勝の四氏が,同一の真空管シングルアンプ用出力トランスを使用して,それぞれ作品を製作,秋の試聴会に向けその腕を奮います.またそのほかにも,金田明彦氏の電源一体型ハイブリッドSiC MOS-FETパワーIVC,安井章氏の半導体コントロールアンプなど豊富な内容です.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年9月号

特集:最新ヘッドフォン4機種の測定と試聴&アナログ再生アンプの製作
9月号は第1特集として,最新モデルが続々とデビューするヘッドフォン4機種を集め,測定と試聴を行い,また第2特集として.岩村保雄氏のフォノEQ,征矢進氏のライン+フォノEQ,金田明彦氏の真空管MCプリアンプと,アナログレコード再生アンプをまとめました.さらに柳沢正史氏のDA100シングルアンプと,豊富な製作記事を掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年8月号

特集は,「真空管アンプを味わいつくす 製作&試聴レポート」サン・オーディオVT25シングルアンプなどのキット製作レポートと,最新キット製品情報をお送りします.そのほか製作記事は征矢進氏の6JA5プッシュプルアンプ,長島勝氏のEL91プッシュプルモノーラルアンプ,金田明彦氏のI/Vコンバーター型イコライザー搭載プリアンプなど.また,盛況だったアナログオーディオフェアのレポートを掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年7月号

特集は「アナログディスク再生テクニック」として,ますます盛り上がりを見せているアナログプレーヤーの最新機種紹介に加え,アナログ再生の基礎知識,MJ執筆者の再生システム紹介などの解説記事をお送りします.
製作記事は佐藤進氏の6AH4GTプッシュプルパワーアンプ,佐久間駿氏のモノーラル整合機,金田明彦氏の6C33C-BハイパワーIVCなど豊富な内容です.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年6月号

特集は「真空管アンプ製作入門」として,ローコストで作りやすい作例を集めました.岩村保雄氏の6BM8シングルアンプ,征矢進氏の6CM7シングルヘッドフォンアンプと,アンプ製作のための基礎知識を解説しています.
そのほかにも長島勝氏の185BTシングルパワーアンプ,金田明彦氏の6C33CハイパワーIVCなどの製作記事,製品レポートなど豊富な内容です.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年5月号 [特大号 付録付き]

特集:別冊付録連動企画 直熱3極管アンプの製作記事で振り返る自作オーディオ
特大号別冊付録は1970年代の製作記事の中から直熱3極管の作例に注目し,その回路図をまとめた保存版.製作記事は征矢進氏の42シングルパワーアンプ,落合萠氏の真空管ラインアンプ,金田明彦氏の最新SiC MOS-FETハイブリッドハイパワーIVC,安井章氏の純コンプリメンタリー15Wパワーアンプなどを掲載.
定価: 本体1,143 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年4月号

特集:MJオーディオフェスティバル
特集は,2月11日に開催した本誌初の単独読者参加型イベント「MJオーディオフェスティバル」の模様を徹底レポートしています.製作記事は柳沢正史氏のWE300Bシングルパワーアンプ,長島勝氏の交流点火300Bシングルパワーアンプ,落合萠氏の真空管ラインアンプ,金田明彦氏の6C33CパワーIVCの製作などを掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年3月号

特集:聴感と実測データでその素性に迫る 小型2ウエイスピーカー9機種の試聴と測定
特集は,注目の新モデルが続々登場している,小型2ウエイスピーカーを一堂に集め,その性能を測定,徹底レポートします.製作記事は岩村保雄氏のWE300Bプッシュプルパワーアンプ,征矢進氏の可変ゲイン型真空管ラインアンプ,金田明彦氏のバランス電流伝送録音システム,小型スピーカーの設計と製作など
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年2月号

特集:いよいよ開催!! MJオーディオフェスティバル
特集は,2016年2月11日(祝)に東京・秋葉原で開催する本誌イベント「MJオーディオフェスティバル」に先だって,出品予定のオーディオ機器や,試聴企画などをお知らせしています.製作記事は佐久間駿氏の845/211コンパチブルシングルアンプ,征矢進氏のUZ-79パラレルプッシュプルパワーアンプ,岩村保雄氏のKT150シングルアンプなど
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年1月号 [特大号 付録付き]

特集:発表!! MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー2015
本誌では今年も数多くのオーディオ機器を取材し,誌上にて読者の皆様にご覧いただいてまいりました.1月号では2015年度に取材したオーディオ機器の中から最優秀機種を決め,カラー増ページで発表いたします.また,特大号付録は昨年もご好評をいただいた,自作オーディオ用レタリングシールが付属します.
定価: 本体1,143 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2015年12月号

特集:秋のオーディオイベントレポート
今秋も数多くのオーディオイベントが開催され,さまざまな新製品などが発表されました,特集1では熱気溢れる第21回真空管オーディオ・フェアと2015東京インターナショナルオーディオショウの様子を速報します.また特集2では,手軽に試せる「超ローコストなオーディオアップグレードアイデア」を紹介.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2015年11月号

特集:予算2万円で楽しむオーディオアップグレード
特集は,オーディオアンプやスピーカーの製作だけでなく,パーツ交換やオーディオアクセサリーなど,C/Pの高いアップグレードのアイデアを掲載.製作記事は佐久間駿氏の300B+50コンパチブルシングルパワーアンプ,征矢進氏の300Bシングルパワーアンプ,安井章氏の高性能OPアンプによるCR型イコライザーなど
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2015年10月号

特集:大出力真空管シングルアンプの競作
特集1は,毎年恒例となった真空管アンプ製作の競作企画です.今年のテーマは「大出力真空管シングルアンプ」.佐藤進,岩村保雄,征矢進,長島勝の4氏が,それぞれのアイデアでその腕を披露します.さらに特集2「オーディオ機器のエネルギー源の質を左右する AC電源機器の試聴」では電源関連製品7機種をレポート.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2015年9月号

特集:アナログオーディオ最前線
最近なにかと話題のアナログディスク&アナログオーディオを特集.音源からレコードプレーヤー,再生機器やアクセサリーまで最前線を紹介します.製作記事は征矢進氏のVT62シングル,長島勝氏の6L6GAYシングル,金田明彦氏のSiC超シンプルパワーIVC,安井章氏のMOS-FETパワーアンプ,柴田由喜雄氏のハイブリッドパワーアンプなどを掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2015年8月号

特集:キットから始めるオーディオアンプの製作
8月号の特集ではEL34プッシュプル,6BM8シングル真空管パワーアンプと半導体パワーアンプの最新キットを製作し,詳細にレポート.そのほか製作記事は岩村保雄氏のCR型イコライザー付き真空管プリアンプ,金田明彦氏のSiC超シンプルパワーIVC,安井章氏のMOS-FETパワーアンプ,落合萠氏の真空管ラインコントロールアンプなどを掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量: