8月12日、13日 ペルセウス座流星群 条件良港。

  • ニコニコ生放送
  • 星空さんぽ
2013年のペルセウス座流星群は、日本でたいへん条件よく観察できると考えられています。流れ星は、月明かりがないほうが暗い流星までよく見ることができます。今年は月の没する時間が12日は21時54分(東京での時刻)で、流星群が極大を迎える時間帯に月明かりの影響がなく、好条件で見ることができます。
目次:ペルセウス座流星群を観よう!ペルセウス座流星群の撮影に挑戦!写真を撮影!

ペルセウス座を観よう!

ペルセウス座流星群ってどんなもの?

ペルセウス座流星群は毎年8月12日~13日ごろを中心に活発な活動が見られる流星群です。1月に見られる「しぶんぎ座流星群」、12月に見られる「ふたご座流星群」とともに「3大流星群」とよばれ、毎年ほぼ確実にたくさんの流星が出現します。
ペルセウス座流星群は、一般的に7月中旬から8月下旬までが活動時期ですが、流星の数が増えるのは8月の中旬になってから。もっとも活動が活発になる時期を「極大」とよび、その時期は毎年8月12日~13日ごろです。極大では1時間あたり十数個~数十個の流星が流れます。

なぜ毎年同じ時期に見られるの?

流星は、宇宙空間にある微細なチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、地球大気と激しく摩擦を起こし、高温となると同時に光って見える現象です。
このようなチリの粒の集団が、地球が太陽を周る公転軌道上のところどころにあります。地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。このチリの集団を地球が横切る日時は毎年ほぼ決まっているため、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。
このチリの集団は彗星がその軌道上に放出しているものです。つまり、彗星の軌道と地球の公転軌道がクロスしている場所を地球が横切るときに、数多くの流星が見られるわけです。

何時ごろ観察するのがよい?

8月13日の午前3時ころが極大と予想されているので、8月12日の真夜中前後から13日の明け方前にかけては、とくに多くの流星が出現すると考えられます。 ただ、流星群が予想外に活発に活動する可能性もあります。あまり予想にとらわれず、なるべく長い時間、観察を続けてみると、結果的に流星を見る機会もふえます。

どこで見られるの?

空をなるべく広く見渡すことができ、街灯などが少なく、大都市からなるべく離れた場所で観察しましょう。林の中や、ビルのベランダのように空の一部しか見えない場所ではなく、なるべく全天が見渡せる場所がのぞましい観察場所です。全天を見渡せなくてもなるべく邪魔なものが少ない場所を探してください。
また、流星の光は、街灯の明かりなどにくらべるととても弱いため、できるだけ、街灯など人工の明かりが少ない場所を選びましょう。大きな都市やその周辺地域では、都市全体が明るいため、大きな都市からはなるべく遠く離れた場所で観察するのがよいでしょう。

空のどの方向を観察すればいいの?

ペルセウス座流星群の輻射点

輻射点の入った星図をこちらからダウンロードできます。プリンターで印刷をして、ご利用ください。
※閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。

流星群の流星は、輻射点(放射点)を中心に放射状に出現します。その輻射点がペルセウス座付近(図参照)にあるため「ペルセウス座流星群」という名称が付けられています。しかし、輻射点のあるペルセウス座付近だけに流星が出現するというわけではなく、流星は夜空のさまざまな方向に現われます。そのため、輻射点の方向にはあまりこだわらず、できるだけ空が広く見渡せる場所を選んで、空の広い範囲を観察することがおすすめです。
また、明るいところから暗い屋外に出てすぐには、目が暗さに慣れていません。観察を始める前に、しばらく暗いところで目を慣らすと、やがて星座や流星などの暗いものが見えるようになるので、目が慣れるまでしばらく待つことも必要です。

観察するには何が必要?

肉眼で観察することができます。望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具は必要ありません。できれば、星座早見盤があると、輻射点の位置を確認したり、流星観察の合間に星座や星を楽しんだりするのに便利です。立ったままで流星を観察すると、上を向いた無理な姿勢を長時間続けることになります。レジャーシートなどを用意して、寝転がったまま観察できる準備をしておくと、楽に長時間観察を続けることができます。
真夏なので寒さ対策は不要と考えがちですが、標高の高い場所では夜間はかなり冷え込みます。フリースジャケットなど、寒さを感じたら着こめるものを用意しましょう。

ペルセウス座流星群の撮影に挑戦!


デジタル一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラを持っているならば、ぜひ流星の撮影に挑戦してみましょう。必要となるのは、カメラのほかに三脚、できればリモートスイッチがあれば、手ブレ防止になるので最適です。カメラレンズの口径は24~35mm程度のレンズ、F値が2.8以下であることがのぞましいです。カメラはマニュアル操作が可能で、数秒間の低速シャッターか、「B」(バルブ)とよばれる、シャッターを押している間、ずっとシャッターを開きっぱなしにできる機能を持っていることが必要です。


コンパクトデジタルカメラでの撮影

コンパクトデジタルカメラではレンズや撮像素子の能力が低いため流星は写りにくいと言われます。しかし、もし流星群を見る機会があり、コンパクトデジタルカメラを持っているなら、小さな三脚でもよいので、カメラを三脚にセットし、撮影を試みてみると、流星観察の楽しさも増します。ここで紹介するのはデジタル一眼レフカメラでの流星の撮影手順ですが、手動でのフォーカス調整機能や、感度や絞りの条件を満たしている機種であれば、挑戦してみる価値はあります。ズーム機能は使わず、 最高感度、もっとも明るい(小さい)絞り(F値)に設定して、撮影にチャレンジをしてみてはいかがでしょうか?
(1)カメラを三脚に載せ、夜空の一角に向けます。

流星はいつどこで現われるか予測できません。カメラを向けて、シャッターを数秒~数十秒間開きっぱなしにしながらシャッターを切り続け、偶然、その撮影範囲に明るい流星が出現し、流星が写るのを待つ、というのが流星の撮影方法です。ストロボが発光しないよう、必ずOFFにしておきましょう。

(2)ピントをあわせます。

レンズのピントは無限遠(∞)に合わせます。オートフォーカス機能をオフ(レンズをマニュアルモードにする)にしておかないと、シャッターを切るときにカメラが勝手にピントの位置を変えてしまいます。カメラによってはオートフォーカス機能をオフにできない機種もあるので注意が必要です。

(3)ISO感度と絞り(F値)を合わせます。

感度は「ISO」と表記されるもので、数字が大きくなるほど、感度が高く、暗いものが明るく写りますが、感度を高くしすぎると画質が悪化するので、ISO1600~3200あたりに合わせましょう。絞りは「F」と表記されるもので、数字が小さいほど短いシャッター速度で暗いものを明るく写すことができます。F2.8~3.5あたりに合わせましょう。一部のズームレンズなどには、F4以下に設定できない仕様のものもありますが、明るい流星なら写る可能性もあります。右の露出表を参考にしてください。

  F2 F2.8 F4 F5.6
ISO 400  2分 4分 8分 16分
ISO 800  1分 2分 4分 8分
ISO 1600 30秒 1分 2分 4分
ISO 3200 15秒 30秒 1分 2分
ISO 6400 8秒 15秒 30秒 1分
※流星撮影のためのISO感度、絞り値(F値)、露出時間の表
(4)試写をしてみよう

流星の撮影では、数秒から数十秒の露出時間が必要です。適正な露出時間は撮影場所の夜空の明るさによって異なるため、実際に試写をしながら適正な設定値を探ってみましょう。露出時間は夜空が暗く、星がよく見える場所ほど長くすることができます。たいていのカメラは露出時間が15~30秒までなら設定可能ですが、それ以上の長い露出が必要な場合はシャッター速度を「B」(バルブ)に合わせます。

(5)いよいよ撮影開始!

いよいよ本番。明るい流星がカメラの前を横切ることを願ってシャッターを切り続けましょう。流星の撮影を成功させるには、とにかく数多くシャッターを切ることが必要です。記録メモリはできるだけ大容量のものを使うようにしましょう。また、プログラム付きのリモートスイッチを使うと、数秒ごとにシャッターを切る作業を自動で行なえるものもあるので、おすすめです。

デジタル一眼レフカメラと三脚があると、本格的な流星の撮影を誰でも始めることができます。またリモートスイッチがあれば、カメラ本体に直接触れずにシャッターを切ることができ、手ブレ防止に役立ちます。写真では、レンズに夜露が付くことを防ぐため、レンズにカイロを巻き付け、レンズを暖めています。(写真:中西昭雄)

写真を投稿しよう!

「星空☆つなぐらふ」で写真を共有

みなさんとペルセウス座流星群が現れる星空を楽しむために、写真投稿サイト「星空☆つなぐらふ」をオープンしました。
サイトでは、写真投稿だけでなく、撮影場所を地図で共有したり、コメントを残すことができます。みなさんのコミュニケーションの場としてご利用ください。投稿カテゴリーは「ペルセウス座流星群」「流星群の日の星空」。流星はもちろん、星空の写真も投稿できます。ご投稿・ご参加をお待ちしています。


星空☆つなぐらふはこちら
写真撮影にあたっての注意事項

※TwitterまたはFacebookのアカウントが必要です。サイト閲覧時にアカウントは必要ありません。
※スマートフォンで位置情報を「反映する」としたまま、位置を指定しないで投稿すると、現在地が指定されますのでご注意ください。
※投稿削除は、投稿詳細画面内の「削除」で行えます。
※iPhoneの場合、OSのバージョンによって投稿できないことがあります。iOS6以上にアップデートしてください。
※スマートフォンのLINEやFacebookなどのアプリ内ブラウザをご利用の場合、投稿できない事があります。標準のブラウザをご利用ください。