増補改訂 一生つきあえる木の家具と器

関西の木工家28人の工房から -京都・大阪・兵庫・滋賀-

著者: 西川栄明

定価(税込)1,980円

発売日2015年07月03日

ISBN978-4-416-71575-8

内容

関西地方在住の木を素材にしてものづくりをしている作家28人の工房を訪ね、オリジナリティあふれる上質な作品をはじめ、作業工程や愛用の道具、ものづくりへのこだわりを紹介していきます。

 

人気の椅子、箪笥、テーブル、ちゃぶ台、お皿や茶道具、スプーンやフォーク、おもちゃや楽器まで。
木目の美しさや優しい手触り。木材の良さを最大限に生かした逸品が勢揃い。
“毎日大切に使い続けたい”“そばに置いておきたい”一生ものの家具と器に出会えます。

 

家具系/朝倉亨・玲奈(京都府)、宇納正幸(京都府)、岡田光司(神戸市)、北島庸行(兵庫県淡路島)、窪田謙二(京都府)、西良顕行(兵庫県)、坂田卓也(京都府)、徳永順男(兵庫県三木市)、戸田直美(京都市)、永野智士(京都府)、桧皮奉庸(神戸市)、古谷禎朗(京都府)、山極博史(大阪市)

クラフト系/上原雅子(京都府)、川端健夫(京都府)、富井貴志(滋賀県)、難波行秀(兵庫県)

漆・伝統工芸系/新宮州三(京都府)、建田良策(京都市)、佃眞吾(京都府)、藤嵜一正(大阪市)、宮本貞治(滋賀県)、森口信一(京都府)

その他/加藤良行(大阪府)、平山照秋(兵庫県)、松島洋一(京都府)

 

*本書は、『一生つきあえる木の家具と器 関西の木工家26人の工房から -京都・大阪・兵庫・滋賀-』をベースに16頁増やし、新規の作家2名を追加、工房と作品を詳しく紹介しています。

 

【新規作家】
1)迎山直樹(兵庫佐用町):「国際家具デザインフェア旭川2014」で最優秀賞を受賞
2)小島 優(兵庫県篠山市):ウィンザーチェアの人気作家

 

☆掲載作家の作品の購入先や注文についての情報を、最新のものに
☆使用材の解説を巻末に追加

著者紹介

西川 栄明(ニシカワ タカアキ)

1955年神戸市生まれ。出版社勤務を経て、木工芸や森林などの木に関するテーマをはじめ、アウトドア活動や新しいライフスタイルについて執筆活動を行っている。著書に『手づくりの木の道具 木のおもちゃ』(岩波アクティブ新書)、『北の木仕事20人の工房』『北の木と語る』(北海道新聞社)、『一生つきあえる木の家具と器 関西の木工家26人の工房から』『名作椅子の由来図典』『手づくりする木のスツール』『手づくりする木のカトラリー』『原色 木材加工面がわかる樹種事典』(河村 寿昌との共著)『ウィンザーチェア大全』(島崎信、山永耕平との共著)『木の匠たち 信州の木工家25人の工房から』(以上、誠文堂新光社)

商品名 増補改訂 一生つきあえる木の家具と器

商品名(カナ) ゾウホカイテイ イッショウツキアエルキノカグトウツワ

著者 西川栄明

判型 [ 縦 : 230mm ] [ 横 : 182mm ]

ページ数 192

お詫びと訂正