ノーベル物理学賞「ニュートリノ振動の発見」ってどんなこと? 宇宙はなぜ、どのように生まれたのかを解くかもしれない大発見について、やさしくわかる!

2015.12.08 お知らせ, 読み物

image001

■2015年ノーベル物理学賞「ニュートリノ振動の発見」
予備知識がなくても“ニュートリノ”が何かが本書でわかる!

2015年のノーベル物理学賞を梶田隆章博士が受賞しました。
「ニュートリノ振動を発見し、ニュートリノに質量があることを示した」という功績を称えての受賞です。
ところでこのニュートリノっていったい何? ニュースで説明を聞いたけど、さっぱりわからない…。
本書はそんな方のための、いちばんやさしいニュートリノの本です。
「ニュートリノ振動の発見」は、なぜ、われわれがこの宇宙に存在するのかを解くかもしれない大発見なのです。

■“幽霊のような”不思議な物質ニュートリノ

ニュートリノはこの世界を構成する物質「素粒子」の一種ですが、私たちはニュートリノを見たことも、触ったこともありません。それは、ニュートリノが他の物質とほとんど反応せずに、何でも通り抜けてしまう粒子だからです。そのため、“幽霊のような粒子”と言われてきました。
ニュートリノの特徴をまとめると、次のようになります。

・ニュートリノは私たちの体や、地球など、
ほとんどどんなものでも通りぬけてしまう。
・実はニュートリノは宇宙のさまざまな場所で発生している。たとえば
太陽ニュートリノは1平方センチあたり1秒間に660億個という途方もない数。
・われわれの生きるこの世界にも大量のニュートリノであふれているが、
ニュートリノは見ることも触ることもできないので、われわれはその存在にまったく気付かない。

“幽霊”のように存在感のないニュートリノですが、実は、私たちが存在する、この宇宙のしくみを解き明かすカギを握っているかもしれないのです。でも、見ることも、触ることのできないニュートリノという粒子は、本当に存在しているのでしょうか? また、その存在をどうやって確かめ、研究をしているのでしょうか。

■日本の素粒子研究は世界最先端

実は日本はこの素粒子研究の分野で最先端の国なのです。これまで数多くの物理学者がさまざまな功績をあげてきました。とくに、小柴昌俊博士は1987年にカミオカンデによる実験で宇宙から届いたニュートリノを初めて観測し、その偉大な功績で2002年にノーベル物理学賞を受賞しました。これは、ニュートリノをとらえ、調べることで宇宙のしくみを調べることもできる、という発見でもあり、「ニュートリノ天文学」という新しい研究分野を拓くことにもなりました。

■ニュートリノの謎がとけると新しい宇宙のすがたがわかる?

そして、2015年にノーベル物理学賞となった梶田博士らの発見は、これまで質量がないと言われてきたニュートリノに「質量がある」ことを証明しました。実は、素粒子物理学の理論は、ニュートリノに「質量がない」ことを前提に組み立てられてきたものです。
梶田先生のグループが、ニュートリノに質量があることを示したことは、これまで長い年月をかけて組み立ててきた素粒子の理論に修正を迫る、世紀の発見だったのです。
そして、素粒子の理論を修正して新しい理論をつくっていくということは、私たちが生きるこの世界、つまり宇宙のしくみも、これまで考えられてきたものとは異なる可能性があります。不思議な粒子・ニュートリノにはまだまだ多くの謎がありますが、その謎を解明することで、私たちの知らない、まったく新しい宇宙の姿が見えてくるかもしれないのです。
本書は、ニュートリノなどの素粒子の世界を予備知識なしでもわかるように、やさしく紹介しています。ニュートリノという、とても小さな粒子を研究することが、なぜ、この広大な宇宙のしくみを解き明かすことにつながるのか、物理学や宇宙論についての知識ゼロからでも、すっきりわかる、とことんやさしいニュートリノと宇宙の本です。

11558_ニュートリノ_帯有_high
『ニュートリノってナンダ?』
著者:荒舩 良孝
仕様:四六版、120頁
定価:1,200円+税
ISBN:978-4-416-11558-9

世界中で流行中のぬりえ!!「色鉛筆のプロが教える 大人のぬりえ教室」開催のお知らせ

ぬりえがもっと楽しくなる! 上手になる! 
長年、色鉛筆の先生として教室を開き、20冊以上の「色鉛筆本」を出版している河合ひろみさんの新刊発売を記念して、大人のためのぬりえ教室を開催します。
テーブルを囲んで、ぬりえがうまくなる技術を身につけましょう。
お子さまとご一緒の参加もOK! コーヒーや飲みものをご持参いただき、楽しい時間をお過ごしください。

完成した作品でプチ発表会を開催、先生からの講評も。ワークショップ用のぬりえを用意しますので、完成した作品はお持ち帰りいただけます。

会期:2015年12月16日(水)
時間:14:00-16:00
場所:二子玉川 蔦屋家電 BOOK 2F ダイニング
申し込み方法:12月11日発売の『日本の四季 ぬりえの旅』(誠文堂新光社)をご購入ください。参加整理券を配布します。お電話でのご予約も承ります。

詳細はこちら(二子玉川 蔦屋家電ホームページ

31557_日本の四季-ぬりえの旅_high
日本の四季 ぬりえの旅
著者:河合ひとみ
仕様:A4変形版、96頁
定価:1,300円+税
ISBN:978-4-416-31557-6
配本日:2015/12/10

重版出来!『花ごよみ 365日』『裂き織り大全』『図解でよくわかる農業のきほん』『バターなしでおいしい パイとタルト』

2015.12.04 重版出来

花ごよみ 365日(第2刷)
雨宮 ゆか/著
定価:1,800円+税
詳細はこちら

裂き織り大全(第2刷)
箕輪 直子/著
定価:2,700円+税
詳細はこちら

図解でよくわかる農業のきほん(第2刷)
堀江 武/著
定価:1,600円+税
詳細はこちら

バターなしでおいしい パイとタルト(第4刷)
吉川 文子/著
定価:1,300円+税
詳細はこちら

今晩、地球に最接近! 小惑星探査の旅に出る「はやぶさ2」の ミッションとは?

2015.12.02 読み物

■いよいよ小惑星探査の旅に出る「はやぶさ2」
2014年12月3日に地球を旅立った「はやぶさ2」が、ちょうど1年後となる今日12月3日に地球に最接近します。これまで地球に近い軌道を進んできた「はやぶさ2」は本日3日、地球の引力を利用して、小惑星へ向かう方向に軌道を修正、いよいよ本格的に小惑星探査に旅立ちます。

■「はやぶさ2」のミッションとは?
「はやぶさ2」の前探査機となる、小惑星探査機「はやぶさ」は2003年5月に打ち上げられました。次々と起こる技術的なトラブルに見舞われながらも、2010年6月に地球に帰還。オーストラリア上空の大気圏に突入し、その身を燃え尽きさせながらも、「はやぶさ」は世界で初めて小惑星の表面物質を地球に持ち帰ることに成功したのです。
小惑星の物質を持ち返ること。それは原初の太陽系を知る手がかりとなります。太陽系では、まずガスやチリからなる原始太陽系星雲の中で、直径数km程度の小さな惑星がつくられました。そして小さな惑星はたがいに衝突や集積を繰り返して大きくなり、惑星系がつくられました。小惑星は、木星などの巨大惑星がつくられるときに、小惑星同士が衝突を繰り返してつくられたと考えられています。小惑星には、その頃の太陽系の情報が原初の状態で残されている可能性が高いのです。「はやぶさ」という無人探査機で持ち返った小惑星の物質を研究することで、惑星が形作られた過程を解き明かせるかもしれない、「はやぶさ」ミッションはそうしたプロジェクトです。
この「はやぶさ」に続くプロジェクトとして計画されたのが「はやぶさ2」です。「はやぶさ」で挑戦した技術をさらに改良し、確実性や安定性を高めた探査技術で新たな小惑星に向かいます。目指すのは小惑星「Ryugu(りゅうぐう)」。小惑星「Ryugu」の表面物質には水や有機物が含まれていると考えられていて、地球の海の水の起源や生命の原材料を解明することにつながると期待されています。「Ryugu」という名称は、浦島太郎が玉手箱を持ち返ることを小惑星から物質を持ち返ることに重ね、またそれが「水」を想わせる名前であることから命名されました。
「はやぶさ2」は2018年に小惑星に到着し、小惑星の物質を採取、2020年に地球に帰還予定です。太陽系誕生や生命誕生のなぞの解明を目指す「はやぶさ2」の新たな挑戦がいよいよ始まります。

■「はやぶさ2」地球に最接近!
「はやぶさ2」の地球最接近は今晩19時7分ごろ。残念ながら肉眼での観測は難しいですが、明日の夜は、「はやぶさ2」の新たな旅立ちに思いをはせてみてはいかがでしょうか。

本書『はやぶさ-2つのミッションを追って』(誠文堂新光社刊)は、「はやぶさ」と「はやぶさ2」のミッションの全容を知ることができる一冊です。著者は「はやぶさ2」プロジェクトを全編フルCGで映像化、ミッションの道のりとその科学的な意義をとらえ、多くの人に感動を与えるドラマとして描いた映像作品『HYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE-』を作りあげた上坂浩光監督。「はやぶさ2」プロジェクトが進行中の段階から、JAXAのプロジェクチームの協力を得て映像化していく過程を描いたドキュメントです。上坂氏の映像制作過程を通して、「はやぶさ2」ミッションの意味と、「はやぶさ2」ミッションという宇宙探査にわれわれ人間が願うものとは何かを知ることができる1冊です。

http://www.seibundo-shinkosha.net/pickup/hayabusa2/

cover
「はやぶさ」-2つのミッションを追って
上坂 浩光/著
A5版、320ページ
本体1,400円+税

重版出来!『原色 木材加工面がわかる樹種事典』『Perfect Pet Owner’s Guides デグー完全飼育』

2015.12.01 重版出来

原色 木材加工面がわかる樹種事典(第2刷)
河村 寿昌、西川 栄明/著
定価:2,600円+税
詳細はこちら

Perfect Pet Owner’s Guides デグー完全飼育(第2刷)
大野 瑞絵/著、三輪 恭嗣/監修、井川 俊彦/写真
定価:2,800円+税
詳細はこちら

12月10日(木)開催予定 浜 裕子さんのテーブルセミナー(『和食器のきほん』出版記念イベント)、参加申込み締め切り迫る!

2015.11.26 イベント情報

セミナー開催まで1ヵ月を切り、テーブルコーディネーター・浜裕子さんが、会場となるミヤザキ食器さんのショールームを訪ねました。

実際に器の数々を手にとりながら、デモンストレーションテーブルで使う器を1点1点セレクト。
当日は浜さん&ミヤザキ食器さんいちおしの九谷焼きはじめ、有田焼、美濃焼の器たちの魅力をふんだんにご紹介する予定です。
和食器のなかでも購入しやすい価格の小鉢や小皿の上手な使い方など、今すぐに実践できる食卓をワンランクアップさせるテクニックをお伝えいたします。

皆さまの年末年始のおもてなしのヒントになれば嬉しいです!!!

→テーブルセミナーへの参加申込みはこちらからどうぞ
https://floristonline.jp/seminar/seminar0003.html

写真①
ミヤザキ食器の担当者さんと器を1点ずつ選んでいく浜さん。

写真②
会場となるミヤザキ食器のショールーム2階。デモだけでなく、美しくコーディネートされた食器の数々を堪能できます。

重版出来!『ルーク・オザワのヒコーキ写真の撮り方』

2015.11.25 重版出来

ルーク・オザワのヒコーキ写真の撮り方(第3刷)
ルーク・オザワ/著
定価:2,000円+税
詳細はこちら

2015年12月近刊情報

2015年12月配本予定の書籍一覧です。
※2015年11月20日現在の情報です。タイトルや配本日、価格、著者名などは変更となる場合もございます。

配本 書籍 予約購入先
12/1 子供の科学★サイエンスブックス 極限の世界にすむ生き物たち
長沼 毅/監修
価格:2,200 円+税、ISBN978-4-416-11521-3
b_amazon
b_rakuten
b_seven
Perfect Pet Owner’s Guides モルモット完全飼育
大崎 典子/著、角田 満/監修、井川 俊彦/写真
価格:2,400円+税、ISBN978-4-416-71505-5
b_amazon
b_rakuten
b_seven
渡辺おさむのスイーツデコメソッド
渡辺 おさむ/著
価格:1,500円+税、ISBN978-4-416-71529-1
b_amazon
b_rakuten
b_seven
絵手紙入門―日々の暮らしを描く―
花城 祐子/著
価格:1,600円+税、ISBN978-4-416-71596-3
b_amazon
b_rakuten
b_seven
12/2 本と店主
森岡 督行/著
価格:1,500円+税、ISBN978-4-416-71558-1
b_amazon
b_rakuten
b_seven
もう迷わなくなる最良の選択
アルボムッレ・スマナサーラ/著
価格:1,300円+税、ISBN978-4-416-71583-3
b_amazon
b_rakuten
b_seven
12/4 あんこのおやつ
森崎 繭香/著
価格:1,300円+税、ISBN978-4-416-71592-5
b_amazon
b_rakuten
b_seven
ドライフラワーの飾り方
誠文堂新光社/編
価格:1,400円+税、ISBN978-4-416-71598-7
b_amazon
b_rakuten
b_seven
12/7 羊毛フェルトの 愛らしい小鳥
須佐 沙知子/著
価格:1,300円+税、ISBN978-4-416-31554-5
b_amazon
b_rakuten
b_seven
みんげいクッキー
Trigo e cana/著
価格:1,400円+税、ISBN978-4-416-71588-8
b_amazon
b_rakuten
b_seven
12/8 藤井 旭の天文年鑑 2016年版
藤井 旭/著
価格:700円+税、ISBN978-4-416-11551-0
b_amazon
b_rakuten
b_seven
ニュートリノってナンダ?
荒舩 良孝/著
価格:1,200円+税、ISBN978-4-416-11558-9
b_amazon
b_seven
図解でよくわかる 1級土木施工管理技士 学科試験 平成28年版
井上 国博、速水 洋志、渡辺 彰、吉田 勇人/共著
価格:2,200円+税、ISBN978-4-416-81508-3
b_amazon
b_rakuten
b_seven
やせる!コンビニ飯
石川 みずえ、浅野 まみこ/共著
価格:600円+税、ISBN978-4-416-81509-0
b_amazon
b_rakuten
12/10 アートディレクションの「型」。
水口 克夫/著
価格:1,600円+税、ISBN978-4-416-11501-5
b_amazon
b_rakuten
b_seven
日本の四季 ぬりえの旅
河合 ひとみ/著
価格:1,300円+税、ISBN978-4-416-31557-6
b_amazon
b_rakuten
b_seven
12/16 星空ガイド2016
藤井 旭/著
価格:1,000円+税、ISBN978-4-416-11553-4
b_amazon
b_rakuten
b_seven
特殊無線技士問題・解答集 平成28年版
QCQ企画/編
価格:2,000円+税、ISBN978-4-416-11557-2
b_amazon
b_rakuten
b_seven
CHANGE! 鎌田由美子流 メイクで人生を素敵に変える
鎌田 由美子/著
価格:1,500円+税、ISBN978-4-416-71531-4
b_amazon
b_rakuten
b_seven
幸せを引き寄せる笑顔の法則
斎藤 一郎/著、三越伊勢丹ホールディングス/企画・協力
価格:1,400円+税、ISBN978-4-416-81504-5
b_amazon
b_rakuten
b_seven
配本 GRAFFICA NOVELS
12/10 マッドマックス 怒りのデス・ロード
ジョージ・ミラー/著、柳下 毅一郎/訳
価格:3,000円+税、ISBN978-4-416-91535-6
b_amazon
b_rakuten
b_seven
発売 MOOK
12/11 コンパニオンバード No.24
価格:1,600円+税、ISBN978-4-416-81507-6
b_amazon
b_rakuten
b_seven

無印良品 有楽町 Open MUJI Tokyo「月と星と」イベントレポート

2015.11.17 お知らせ

MUJI BOOKSが主催するイベントの第一回テーマは「美しい話」。女性の「美」・日本の「美」・天体の「美」それぞれの美の世界を探求するエキスパートたち。
11/14(土)、11/15(日)は、「天体の『美』」に関連したイベントが開催されました。
誠文堂新光社でもはじめてのこころみ、5つの天体にまつわるイベントを二日間で開催いたしました。
とても素敵なイベントとなりました。

<映像トーク「星あかり、月あかり」>
講師:牛山 俊男さん
DSC00764

美しい天体の写真をみながら、星のお話をききました。
夏の大三角と呼ばれる「ベガ」「アルタイル」「デネブ」。
「ベガ」は25光年前の、「アルタイル」は16光年前の、「デネブ」は1600光年前の、光が届いています。
それらを見ているのが、空の星を見上げるということ。
空を見上げて見える、満天の星と言っても、すべて昔の光。
今はもうない星の昔の姿を見ているようなものだと、牛山先生は話していました。

「ベガ」は25年前の姿。
じぶんの25年前に思いを馳せてみたり。
そらを見上げてみたくなる、そんなお話を頂きました。

<ワークショップ「星図をつくろう」>
講師:花松 あゆみさん
DSC00778
DSC00791

円盤の紙と、台紙に、花松さんが用意してくださったとても可愛いスタンプを押したり、色えんぴつやペンでイラストを描いたり、色を塗ったり、切り抜いたりして、自分だけのオリジナル星座早見をつくるワークショップでした。
物語仕立てにしている方や、スタンプをたくさん押している方、台紙や円盤をカットしたりと、参加した方がそれぞれ全く違う自分だけの星座早見を作っていました。

<LIVE&トーク「月のこよみと星の歌」>
講師:中野 博子(オラノア)
DSC00797

「月のこよみ」執筆者である中野さんはうたうたいでもあります。
天体や、月に関する曲を歌ってくださいました。
ギターとコントラバスの美しい音色、中野さんのきれいな歌声が響き、みなさんじっと聞き入っていらっしゃるようでした。

写真-2015-11-14-18-19-28
中野さん、ありがとうございます!

<映像トーク「星空がもっと好きになる」>
講師:駒井 仁南子
写真-2015-11-15-13-59-47

駒井先生は天体のシュミレーターを映し出し、宇宙を自由に移動しながら、いろいろなお話を聞かせてくださいました。
印象に残っているのは、天の川。
天の川って、銀河が見えているのですね。
夏と冬に天の川が濃く見えるのは、地球が属している銀河のかたむきによるものとのことでした。

<映像トーク「極北アラスカの宝石~オーロラ~」>
講師:河内 牧栄
写真-2015-11-15-16-11-19

アラスカ在住の牧栄さんは、写真と動画を映し出し、楽しいお話を聞かせてくださいました。
アラスカで見られる美しい風景、動物、アラスカでの暮らし、オーロラ。
オーロラは高感度カメラを利用して10分ほどの、光がゆらめく様子を撮影し、オーロラのゆらめきを体験することが出来ました。

写真-2015-11-15-17-07-35-(1)
トークの後は急遽、サイン会に。

写真-2015-11-15-17-06-34
牧栄先生、ありがとうございました!
牛山先生は二日間、お手伝いくださいました、ありがとうございます!

二日間でたくさんの方にご来場いただきました。
ありがとうございます!!
また、このようなイベントを開催してくださったMUJI様にも感謝しております。

このあと、11/29にも、有楽町MUJI様にてイベント開催予定です。
無印良品 有楽町 Open MUJI Tokyoトークイベント「美しい人のメイク術」
詳しくはこちら

重版出来!『伊勢丹の最新 儀式110番』

2015.11.13 重版出来

伊勢丹の最新 儀式110番(第12刷)
株式会社 三越伊勢丹/著
定価:1,500円+税
詳細はこちら