重版出来!『野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』

2018.02.13 重版出来

野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150(第3刷)
エダジュン(著)
定価:1,500円+税
詳細はこちら

【イベント】3月7日(水)『この椅子が一番!』出版記念トークイベント第2回 開催のお知らせ

2018.02.13 イベント情報

『この椅子が一番! 椅子に関わる専門家100人が本音で選んだシーン別ベスト椅子とは…』(誠文堂新光社)の出版を記念して、椅子について語るトークイベントを開催します。

第2回の講師は、学生時代に軽量椅子として有名なスーパーレジェーラ(デザイン:ジオ・ポンティ)と出合い、そのデザインや構造に取りつかれてしまった山元博基さん(家具デザイナー)です。
スーパーレジェーラをモチーフにして、10数脚の軽量椅子をデザインし自ら制作されました。
それらの作品は、公募展で入賞入選を重ね、椅子研究者の織田憲嗣氏から誌上で「ヤマモトレジェーラ」と命名されました。

どなたでもご参加できます。ぜひお越しください。

【講演内容】
1)スーパーレジェーラの魅力とは
2)どのようにしてスーパーレジェーラをリ・デザインして、「ヤマモトレジェーラ」という作品に仕上げていったのかの詳細
3)リ・デザインとはどういうものか。リ・デザインする際のポイント
等々について、赤裸々に語ってもらいます。
会場には7~8脚のヤマモトレジェーラを並べて、皆さんにお座りいただきます。

it-570ab258c9a87-1200

【イベント概要&お申込み方法】
・テーマ:スーパーレジェーラに取りつかれた家具デザイナー
 ~軽量椅子ヤマモトレジェーラのデザイン・制作秘話を語る~
・講師:山元博基(家具デザイナー)
・司会進行:西川栄明(編集者、『この椅子が一番!』編著者)
・日時:2018年3月7日(水)19:00~21:00
・会場:誠文堂新光社イベントスペース(東京都千代田区内神田2-14-9)
 http://goo.gl/EteSQi 〔神田駅(JR・東京メトロ銀座線)から徒歩3~4分〕
・定員:25名(要参加申込、定員になり次第締切)
・参加費:1500円
・参加申込:「3/7この椅子イベント参加申込」とタイトルをつけ、①氏名、②所属または職業、③連絡先、
 ④懇親会出席の有無をご記入の上、下記のメールアドレスへお申込みください。
 E-mail:mokuiku7★gmail.com(★を@に変えて送信してください)
・主催: 誠文堂新光社

※イベント終了後、懇親会を予定しています(会費未定)。どうぞご参加ください。

※スーパーレジェーラは、本書で「あなたが選ぶ名作椅子ベスト20」「パスタを食べる時に座る椅子」「どこに置いても絵になる椅子」「本当に座っても大丈夫なのかと思ってしまう椅子」などの項目でランクインしています。

61743_『決定』この椅子が一番!_high
※『この椅子が一番!』(西川栄明編著、誠文堂新光社刊、1800円+税)は、全国大手書店やアマゾンなどで好評発売中。
http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=5472

【イベント】3月6日(火)『週末は観に行こう!歌舞伎トークショー』開催のお知らせ

2018.02.09 イベント情報

2018年3月6日(火)19:30に、アーツ千代田3331「コミュニティースペース」にて、『週末は観に行こう!歌舞伎トークショー』を開催いたします。

書籍『マンガでわかる歌舞伎』監修の漆澤 その子先生が、再演版「スーパー歌舞伎II ワンピース」で、ナミを演じた歌舞伎役者:坂東 新悟さんをゲストに迎え、歌舞伎の世界を楽しく・分かりやすくナビゲートします。

さらに、女方の「型」を新悟さんがイベント参加者に直伝! 歌舞伎を一度も観たことが無くても大丈夫!
楽しく学んで、さあ、歌舞伎座へ!

※トークショーの模様は、後日Webマガジン「よみもの.com」内で連載予定です。ご期待ください。

【イベント概要&お申込み方法】
・日時:2018年3月6日(火)19:00開場/19:30~開演
・会場:アーツ千代田 3331「コミュニティースペース」東京都千代田区外神田6丁目11-14
 http://www.3331.jp/access/
・チケット:前売り2,000円、当日2,500円
 前売り券は、イープラスをご利用いただくと便利です。
 http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002251881P0030001
 その他の前売り券購入方法は、イベントページをご覧ください。
 https://43mono.com/feature/kabuki_event/

【イベント特別企画1】
坂東 新悟さんと漆澤 その子先生との3ショットをかけて、じゃんけん大会開催!3名様限定です!

【イベント特別企画2】
2大Twitter限定キャンペーン開催!
1.「前列席確保」ご応募の先着順で、最前列からご案内致します(できるだけ見やすい席を確保いたします)。漆澤 その子先生と坂東 新悟さんのお話を間近で聞くチャンス!
2.ご応募いただいた方から抽選で2名の方に、坂東 新悟さんのサイン色紙をプレゼント!

詳しい応募方法は、イベントページをご覧ください。
https://43mono.com/feature/kabuki_event/

kabuki_event

9月刊行予定の書籍『マンガでわかるジャズ』Instagram開設のお知らせ

2018.02.09 お知らせ

9月刊行予定の書籍『マンガでわかるジャズ』のInstagramを開設しました。
著者の山本加奈子さんが毎週金曜日に、おすすめのアルバムや押さえておきたいミュージシャンを紹介します。

Instagramアカウント
https://www.instagram.com/manga_jazz/

マンガジャズ

miles

重版出来!『新10機選1 二宮康明の紙飛行機集 よく飛ぶ競技用機』

2018.02.09 重版出来

新10機選1 二宮康明の紙飛行機集 よく飛ぶ競技用機(第5刷)
二宮康明(著)
定価:700円+税
詳細はこちら

大雪の影響によるお届けの遅延についてのお知らせ

2018.02.08 お知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

大雪の影響により、日本海側を中心に一部地域でご注文品の配達に遅れが生じております。

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

重版出来!『TABLE OGINOの野菜料理200』『365日で味わう 美しい季語の花』

2018.02.08 重版出来

TABLE OGINOの野菜料理200(第3刷)
荻野 伸也(著)
定価:3,200円+税
詳細はこちら

365日で味わう 美しい季語の花(第5刷)
金子 兜太(著)
定価:1,800円+税
詳細はこちら

重版出来!『増補改訂 乾物と保存食材事典』

2018.02.07 重版出来

増補改訂 乾物と保存食材事典(第2刷)
星名 桂治(監修)
定価:1,500円+税
詳細はこちら

重版出来!『シャチ生態ビジュアル百科』

2018.02.06 重版出来

シャチ生態ビジュアル百科(第3刷)
水口 博也(著)
定価:2,600円+税
詳細はこちら

【よみもの.com新連載】エッセイ『「ブス」の自信の持ち方』山崎ナオコーラ 連載開始!

2018.02.05 お知らせ

Webマガジン「よみもの.com」にて、作家・山崎ナオコーラさんの新連載エッセイ『「ブス」の自信の持ち方」』をスタートしました。

ブスの自信の持ち方
(題字・イラスト/山崎ナオコーラ)

新連載:「ブス」の自信の持ち方
(隔週月曜日更新。この連載はのちに書籍化されます)
https://43mono.com/series/busu_jishin/jishin01/

現代は多様性の時代と言われます。
しかし社会には、まだまだ画一的な一面が強くあるのではないでしょうか。
この連載で取り上げるのは「ブス」。みなさんは「ブス」という言葉にどんな印象を持ちますか?

著者は2004年の『人のセックスを笑うな』でデビューしてから14年間、作家として活動してきました。
しかしデビュー後の5年間ほど、インターネット上で「ブス」という言葉による誹謗中傷に悩まされます。

作家の仕事は文学作品にあるはず。読者への影響を考え、ナオコーラさんは中傷ページに対してひとつひとつ削除要請をしていきます。
ここ数年はかなり少なくなったようですが、今でも「ブス」という言葉に出くわすことがあるそうです。

「ブスの本を出版したい、という思いを、私は作家デビュー直後から抱いていた。しかし、なかなか上手くいかなかった。ブスという言葉を書くな、発するな、と言われたこともある。また、小説にしようとしたところ、自分にとってリアル過ぎるテーマだからか、単なる力不足か、昇華できなかった。他のテーマのエッセイを書いているときにちらりと容姿に関する小話を出すことはあって、それはわりと評判が良かった。それで、今回初めて、ど直球に「ブスのエッセイの本」にチャレンジしてみたいと決意した。」(連載第1回より)

「ブス」というナオコーラさんの個人的な経験からスタートし、「多様性の尊重」という大きなテーマに向かっていく本連載。
「ブス」をとりまく様々なモノゴトを、山崎ナオコーラさんと一緒に考えていきましょう。

山崎ナオコーラ
1978年、福岡県生まれ。2004年、会社員をしながら執筆した『人のセックスを笑うな』(河出書房新社)で第41回文藝賞を受賞し、作家活動を始める。2017年、『美しい距離』(文藝春秋)で第23回島清恋愛文学賞受賞。小説に『ニキの屈辱』、『ネンレイズム/開かれた食器棚』(ともに河出書房新社)、『ボーイ ミーツ ガールの極端なもの』(イースト・プレス)他多数。エッセイ集に『指先からソーダ』(河出文庫)、『かわいい夫』(夏葉社)、『母ではなくて、親になる』(河出書房新社)など。絵本に『かわいいおとうさん』(絵 ささめやゆき)(こぐま社)がある。モットーは、「フェミニンな男性を肯定したい」。目標は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。

よみもの.com
各界の第一線で活躍する著者による、読めば心浮き立ち人生のタメになるWEBマガジン。通勤やスキマ時間に読み切れるコンパクトサイズを、スマホで、PCで。あなたの毎日を少しずつワクワクさせる読み物をお届けします。すべて無料、会員登録不要です。
「よみもの.com」では、連載の各話に「読了時間」表示があり、いま読み切れるコンテンツを即座に選べます。また、感想、著者へのメッセージ、期待する今後の展開など、好きなコメントをその場で送信できます。

よみもの.com: http://www.43mono.com/
フェイスブック: https://www.facebook.com/yomimonocom/
ツイッター: https://twitter.com/yomimonocom/