最新ニュース

マイスターミュージックから、クラシックギター奏者・福田進一の新譜とリコーダー奏者・平尾重治のアルバムが登場

2016/03/14 14:32:10

クラシック音楽専門レーベルのマイスターミュージックは、クラシックギタリスト福田進一の新譜「目覚めよと呼ぶ声あり ~J.S.バッハ作品集5~」と、日本のリコーダー演奏・製作の第一人者である山岡重治のリコーダー・アルバム「グリーンスリーヴス エターナル・リコーダー」を、2016年4月25日に発売すると発表した。

 


 

●「目覚めよと呼ぶ声あり ~J.S.バッハ作品集5~」は、村治佳織など数多くの若手ギタリストを育て、自身も世界各地で公演を行っている日本を代表するクラシックギター奏者の福田進一によるバッハ・チクルス第5弾。

リュートのための作品がアルバムの半分を占めるが、声部が多く非常に高いテクニックが要求されるこれらを、彩り豊かに重厚に響かせ、優美な世界に昇華させている。

■収録曲
1.前奏曲 ニ短調(原曲:リュートのためのプレリュード ハ短調 BWV999)
2.フーガ イ短調(原曲:リュートのためのフーガ ト短調 BWV1000)
3-6.パルティータ ロ短調(原曲:リュートのためのパルティータ ハ短調 BWV997)
7-10.ソナタ ハ長調(原曲:ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005)
11.コラール前奏曲「目覚めよと呼ぶ声あり」BWV645

品番:MM-3075 定価3,000円(税抜) CD-DA

 


 

●「グリーンスリーヴス エターナル・リコーダー」は、リコーダー奏者であり、製作者、教育者でもある、日本のリコーダー第一人者・山岡重治による名曲集仕立てのアルバム。

至ってシンプルな楽器でありながら、その歴史は14世紀にまでさかのぼり、貴族を中心に大流行したリコーダー。

平尾リコーダー工房(演奏家名が山岡重治)を設立し、世界各国の演奏家に提供する製作者でもある氏が、リコーダーのポテンシャルを100%引き出し、身近かつ誰もが一度は触れたことがあるであろうこの楽器の芸術性を示す。

■収録曲

1.イタリア風グラウンドによるディヴィジョン(ロバート・カー)
2.グリーンスリーヴズによる変奏曲(作者不詳)
3.ソナタ ト長調(ウイリアム・クロフト)
4.メヌエット 管弦楽組曲第2番/BWV1067より(J.S.バッハ)
5.バディネリ 管弦楽組曲第2番/BWV1067より(J.S.バッハ)
6.シチリアーノ 協奏曲ヘ長調より(ジュゼッペ・サンマルティーニ)
7.メヌエット 組曲第5番より(シャルル・デュパール)
8.ラルゴ 協奏曲ニ長調『ごしきひわ』より(アントニオ・ヴィヴァルディ)
9-12.フルート・ソナタ ト長調/BWV1031(J.S.バッハ)
13-17.合奏協奏曲 ニ短調 Op.3, No.11『調和の霊感』より(アントニオ・ヴィヴァルディ)
18.アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章(以下25まで、W.A.モーツァルト)
19.私は鳥刺し 『魔笛』より
20.僧侶の更新 『魔笛』より
21.なんと素晴らしい響き 『魔笛』より
22.愛の喜びは露と消え 『魔笛』より
23.恋人か女房が 『魔笛』より
24.アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618
25.オーボエ協奏曲 第1楽章 K.314

品番:MH-3076 定価3,000円(税抜) CD-DA

 


 

製作のマイスターミュージックは、ドイツのマイスター制度資格の一つ「ディプロム・トーンマイスター」を日本人で初めて取得した平井義也氏が設立したレーベル。

スウェーデンの名工、デットリック・デ・ゲアール氏が製作した高さ27cm、重さ2.2kgの真空管マイク2本1セットによるワンポイントセッティングで録音し、独自で高品質なレコーディングを行っている。

 

*製品についての詳細は(株)マイスターミュージックまで。

MJ無線と実験2022年2月号
2022年1月8日発売
定価:1,300円+税