最新ニュース

ソニー アナログレコードの音をDSDなどのハイレゾフォーマットでPCに録音・保存ができる ステレオレコードプレーヤー 『PS-HX500』発売

2016/03/16 14:57:05

ソニー(株)は、アナログレコードの高品位な再生と、世界初となる最大DSD 5.6MHz、最大192kHz/24bitリニアPCM方式のハイレゾフォーマットに録音・保存ができるステレオレコードプレーヤー「PS-HX500」を、2016年4月16日より発売すると発表した。

PS-HX500 希望小売価格61,000円(税抜)

PS-HX500
希望小売価格61,000円(税抜)

 

PS-HX500」は、新設計の軽量シェル一体型ストレートトーンアームの採用により、カートリッジのセンター位置がトーンアームの中心軸上になり、カートリッジから受ける振動に対して軸が回転運動を起こさないため、レコードの安定したトレースを実現する。

ターンテーブルには、強度と重量のバランスに優れたアルミダイキャスト製のプラッター(回転盤)や、厚さ約5mmの独自開発ラバーマット、キャビネットには、制振性を高めるソニー独自の偏心インシュレーターと、厚さ約30mmの音響機器に最適な高密度MDF(中密度繊維板)を採用するなど、アナログレコードの、より豊かで高品位な再生を追求した。

回転を支えるセンタースピンドル部にはボールレスベアリング構造を採用。その精度と強度を向上することで回転とベルトの走行をより安定化し、ベルトドライブシステムの良さを最大限に高めている。

 

また、PCとUSB接続し、録音・編集ができる新開発の専用アプリケーション「Hi-Res Audio Recorder」をインストールすることで、アナログレコードの音を原音に限りなく忠実に記録できるDSDなどのハイレゾフォーマットで録音・保存することが可能になる。

アナログからDSD2.8MHz、または5.6MHzへのネイティブ変換に対応したADコンバーターを採用。

PCを使用して、アナログレコードの音を最大DSD5.6MHz、最大192kHz/24bitのリニアPCM方式などのハイレゾ・ファイルフォーマットで録音・保存ができ、録音中の音はPCでモニタリングすることもできるためオーディオシステムのスピーカーの音を出す必要はない。

そのため、アナログレコードならではの柔らかな音の質感を損なうことなく録音することができる。
フォノイコライザー内蔵だが、PHONO入力端子があるアンプに接続することも可能となっている。

PS-HX500_Hi-Res_recording-Large

 

*製品についての詳細はソニー(株)まで。

MJ無線と実験 2022年8月号
2022年7月8日発売
定価:1300円+税