最新ニュース

トライオード 英国スペンドール社のClassicシリーズスピーカー「SP200」の発売を発表

2016/07/06 19:26:37

(株)トライオードは、英国スペンドール社のClassicシリーズに新たに登場したシリーズ最上位スピーカーシステム「SP200」を10月より発売すると発表した。「SP200」は、30cmウーファーを2基搭載した大型フロアタイプで、素直な低域特性と大パワー入力への対応、部屋との干渉の最小化を図るため、密閉型のエンクロージャーを採用している。

 

Spendor SP200 cherry image 1

スペンドール Classicシリーズ「SP200」
希望小売価格:2,400,000円(ペア、税別)
発売:2016年10月予定

 

 

【主な特長】
・ベクストレンコーン採用新開発30cmウーファー。ケブラー複合材のスタビライザードームを接合し、大音圧、大振幅に対応している。
・新開発18㎝EP77ポリマーコーンミッドレンジ。マグネシウム合金ダイキャストフレーム、高効率駆動システム、最適化された電気力学的なダンピング、優れた放熱特性を実現。
・22mmワイドエッジポリアミドドーム型を採用。広帯域で、広いリスニングエリアに高解像度な音を再現。
・フロアタイプ密閉型エンクロージャー。バスレフポートが無いため、遅延の少ない低域再生を実現。また、設置場所による影響が少なく、設置の自由度が広がる。
・機械的にダンプされたスピーカーベース。エンクロージャーを鍛造鉄の支柱を介して堅固に支え、水平調整可能な4本のスパイクが取り付けられる。
・精密に巻かれたコイルとリニアリティーに優れたフィルムコンデンサーを使用したクロスオーバーネットワーク。
・ウーファー、ミッドレンジ、トゥイーター独立の入力端子。バナナプラグ対応。
・スペンドール社の厳しい品質管理のもと、英国で設計、生産。

 

【主な仕様】
・形式:3ウェイ4スピーカー、密閉型フロアスタンディング
・高域ユニット:22mm広帯域ソフトドーム
・中域ユニット:18cmEP77ポリマーコーン
・低域ユニット:30cmベクストレンコーンx2
・出力音圧レベル:89dB
・インピーダンス:8Ω
・クロスオーバー:550Hz、3.8kHz
・周波数特性:20Hz~25kHz
・最大入力:300W
・入力端子:金メッキバナナプラグ対応、低域/中域/高域独立、4mm穴
・外形寸法/質量:H1085xW370xD515mm(スパイク、端子除く)/55kg

 

*製品の詳細については(株)トライオードまで

MJ無線と実験 2022年7月号
2022年6月9日発売
定価:1300円+税