2017年12月の星空

2017年12月の星空

12月22日が冬至なので、ここしばらくの間は、一年中でもっとも長い夜の時間を心ゆくまで楽しむことができます。天文ファンにとっては、いつもながらのうれしい季節の到来というわけですが、一年中で一番寒いころにもあたり防寒対策は怠りなくと願いたいものです。インフルエンザの流行を先取りして寝込むようなことになっても困りますからね。天体観測のお楽しみも健康第一ですから……。

同じ星空が見える時刻

  • 11月中旬:22時ごろ
  • 12月上旬:21時ごろ
  • 12月中旬:20時ごろ
  • 12月下旬:19時ごろ

クリックすると大きな図が見られます

図の中央が頭の真上の"天頂"にあたり、円の周囲が地平線を表しています。図の東西南北の方位と自分の立っている場所での東西南北の方位を一致させ、頭上にかざすと、星座や星を見つけだすことができます。この全天星座図は、頭上にかざして見るものなので、東と西の方位が一般の地図とは逆になっています。

ここに揚げられている星座図は、北緯35°付近での見え方を示してありますが、ほぼ全国的にこれと似た見え方になるとみて差し支えはありません。もちろん、北海道あたりでは北の空がより高く、沖縄付近では南よりの星座が高く見えるようになります。

この観測ガイドは「月刊天文ガイド」本誌に掲載されたものです。詳しくは本誌をご覧下さい。
誠文堂新光社