オーダーメイド出版Q&A

オーダーメイド出版に関してよくいただくご質問についてお答えします。

Q1 オーダーメイド出版とはどのようなものですか?

オーダーメイド出版では、お客様が抱いている出版に対する思いや、ご希望・目的などを丁寧にお聞きしながら、ご満足いただける本作りに尽力してまいります。世の中に本はたくさんございますが、内容の同じものは一つとしてございません。また工場で作る製品のように、オートマチックに完成するものでもございません。作品ひとつひとつに心を込め、弊社の長い歴史で培った技術をもって、クオリティーの高い本作りを行う、それがオーダーメイド出版の考えでございます。

Q2 原稿の書き方、そろえかたは?

原稿は手書きでも、パソコンでも構いません。手書きの場合は文字量がわかりやすいように原稿用紙をお使いください。パソコンの場合は1ページに1,000字程度が便利です。またその際テキストデータをご用意いただくと、文字入力の経費や校正のご負担、製作日数などが軽減されます。
文字原稿の他に写真や図などがありましたら、それらもご用意ください。写真やイラストは枚数に応じて製版費用がかかります。

Q3 どのような本が出来上がるのですか?

一口に「本」といっても、その形態は千差万別です。内容も文章主体のものから絵本や写真集まであります。1ページに入る文字の大きさや行数もデザインによって様々です。用紙の選択、刷り色の数によっても手間や費用は大幅に変わります。ですから、プロの編集者が介在しなければ本は製作できないのです。
たとえば家を新築するときに、内装やドアの取っ手などを一つ一つ吟味するように、担当編集者と綿密な打ちあわせ(無料)をしていただきます。最初の打ち合わせ用の資料として、お問い合わせにある「無料相談お見積もりフォーム」に分かる範囲で記入されお送りください。

Q4 費用や部数などはどうなりますか?

オーダーメイド出版のご本が出来上がったら、贈呈されたい人は何人くらいいらっしゃいますか?
ご希望があれば審査の上弊社でお預かりし、ホームページで販売を代行させていただきますが、その場合は何部お預かりしましょうか?
せっかくのご本ですから、見返し(表紙の裏の色紙)や花布(上製本の背につける補強の布)、糸しおりなども吟味したいですね。表紙をご自分でデザインされたい、または著名なデザイナーに依頼されたい場合もあるでしょう。
費用でご紹介した価格一例はあくまで目安です。担当編集者に何なりとご相談いただき、お客様のご予算やご希望に合わせた部数や形態などをご提案させていただきます。

Q5 契約の時期、納本の予定、代金の支払いは?

打ち合わせによって、お客様に具体的な合意をいただけましたら契約を結びます。その際に、原則として半額を前金として申し受けます。残りの半額は納本後にお支払いいただきます。
納本の時期は、本の形態や手間によって異なります。文章主体の本は製作が早く、順調に制作が進行すれば原稿をいただいてから約3ヵ月後の納品とお考えください。


お問い合わせ:誠文堂新光社 メディアサポート 電話03-5800-5779 FAX03-5805-5725