書名
著者名
キーワード

映画監督への道

映画監督への道

著者名: 泊 貴洋
発売日: 2014-03-20
ISBN: 978-4-416-61494-5
書名(かな): エイガカントクヘノミチ
判型: 46
副書名: 40人が語る監督になるための発想と技法
ページ数: 304
定価:
本体1,900 円+税
立ち読み

映画監督になりたいという人は多く、映画学校や映像クリエイティブ系の専門学校も多数ある。しかし実際に映画監督になれる人は、その中のほんの一握りにすぎない。
それでは、どうしたら映画監督になれるのか、どんな道を選び、どんな道のりを歩いていけばよいのか、そのポイントは?――本書では現在活躍している映画監督たちにインタビューし、どうやって監督になり、いかにしてデビュー作を撮り上げたのか、監督として注力しているところは何か、などに迫ることで“映画監督への道”を指し示す。
「何から着想を得たのか?」「使用カメラは?」「制作費は?」など映画監督たちの発想法や実践的なテクニックはもちろんのこと、「アルバイトは何を?」などパーソナルな部分にも迫った、映画監督や映像クリエイターを目指す人必読の一書。

映画雑誌「ピクトアップ」で連載した個性豊かな映画監督たちのインタビューをまとめた一書。

収録映画監督:作品
山下敦弘  :『リアリズムの宿』
中村義洋  :『ルート225』
深川栄洋  :『狼少女』
呉美保   :『酒井家のしあわせ』
舩橋淳   :『BIG RIVER』
想田和弘  :『選挙』
大九明子  :『恋するマドリ』
横浜聡子  :『ジャーマン+雨』
永田琴   :『Little DJ 小さな恋の物語』
筧昌也   :『Sweet Rain 死神の精度』
英勉    :『ハンサム★スーツ』
門井肇   :『休暇』
森義隆   :『ひゃくはち』
中嶋莞爾  :『クローンは故郷をめざす』
真田敦   :『ホノカアボーイ』
内藤隆嗣  :『不灯港』
沖田修一  :『南極料理人』
宮平貴子  :『アンを探して』
市井昌秀  :『無防備』
谷口正晃  :『時をかける少女』
川口浩史  :『チョルラの詩』
日向朝子  :『森崎書店の日々』
加藤直輝  :『アブラクサスの祭』
榎本憲男  :『見えないほどの遠くの空を』
オ@@@:wDOG~POLICE 貰Jx
深田晃司  :『歓待』
富田克也  :『サウダーヂ』
山内ケンジ :『ミツコ感覚』
松居大悟  :『アフロ田中』
武内英樹  :『テルマエ・ロマエ』
鈴木太一  :『くそガキの告白』
北川悦吏子 :『新しい靴を買わなくちゃ』
山本起也  :『カミハテ商店』
内田伸輝  :『おだやかな日常』『さまよう獣』
平松恵美子 :『ひまわりと子犬の7日間』
吉田康弘  :『旅立ちの島唄〜十五の春〜』
佐久間宣行 :『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』
白石和彌  :『凶悪』
吉浦康裕  :『サカサマのパテマ』
永井聡   :『ジャッジ!』

【お知らせ】

新刊『映画監督への道』で掲載させていただきました宮平貴子監督が、ジュンク堂書店那覇店さんでトークイベントを開催いたします!

『アンを探して』監督 宮平貴子さんが語る「映画監督への道」
日時:2014年5月3日(土)15:00〜
場所:ジュンク堂書店那覇店 地下一階イベント会場
司会:シネマラボ突貫小僧代表 平良竜次

詳細はこちら(PDF)
関連カテゴリ:
書籍
書籍 > その他趣味
数量: