書名
著者名
キーワード

BIOSTORY Vol.28

BIOSTORY Vol.28

著者名: BIOSTORY編集委員会(編)
発売日: 2017-11-25
ISBN: 978-4-416-51781-9
書名(かな): ビオストーリー ニジュウハチ
判型: B5
副書名: 人と自然の新しい物語
ページ数: 112
定価:
本体1,500 円+税
【特集】
「なぜ人は生き物の絵を描いてきたのか?」

生き物のいのちを写す-生き物文化誌としての絵画
園江満(日本大学生物資源科学部専任講師)

絵画における博物画の位置-見世物・自然探求・装飾鑑賞
高階秀爾(東京大学文学部名誉教授、大原美術館館長)

「花鳥画」と「博物画」の皮膜で-若冲の鶏をめぐって
奥野卓司(関西学院大学社会学部教授)

博物画の歴史と生物表現の進展
荒俣宏(作家)

「植物画」は、果たして絵画芸術なのか?
西野嘉章(東京大学総合研究博物館特任教授)

英国キュー王立植物園-その使命と、植物画の現場から
山中麻須美(英国キュー王立植物園公式植物画家)

旧石器時代洞窟壁画に描かれた動物のかたち
五十嵐ジャンヌ(東京藝術大学大学院美術研究科)

<インタビュー>
知識に流されずに本質にせまろうとする目、それは絵画も科学も同じ
甲斐信枝(科学絵本作家)

<コラム>
生き物を描くということ
-鳥たちの柔和な表情に教えられて、人間社会の未来を考える
上村淳之(京都市立芸術大学名誉教授、日本画家)

マンガに描かれた生き物たち
-ヒトの交感そして不可思議の表現
園江満(日本大学生物資源科学部専任講師)

【連載】
〇珍品図鑑
〇論点
〇巻頭言
〇自然を読む
〇フィールドレポート海外
〇フィールドレポート国内
〇必読書
  
【短期連載】
〇地域の和食

【不定期連載】
〇生き物のいま

【投稿原稿】
【学会情報】ほか
関連カテゴリ:
MOOK
MOOK > BIOSTORY
数量: