書名
著者名
キーワード

グラフィックデザイナーだからできるブランディング

グラフィックデザイナーだからできるブランディング

著者名: 内田喜基
発売日: 2018-12-06
ISBN: 978-4-416-61822-6
書名(かな): グラフィックデザイナーダカラデキルブランディング
判型: A5
副書名: 中央から地方へ。デザインのスキル、視野が拡張し、一つ上のクリエイションができる!
ページ数: 192
定価:
本体2,000 円+税
立ち読み

現在のデザイン業界での成功者の多くは、ブランディングデザインを独自の手法で確立している。
佐藤可士和、水野学、永井一史らがその代表格である。
次の世代で、ブランディングデザインを見事に駆使するアートディレクターとして、内田喜基が挙げられる。

内田は、大手メーカーのパッケージデザインでは、その力を発揮していたが、プライベートワークの『カナモノアート』(当社から自費出版)も、高質なアート表現を評価され、品質が高い地方の伝統的な工芸品や飲食の企業からブランディングの仕事のオファーが増え、現在、多くのブランディングの仕事を成功させている。
昨今、2017年グッドデザイン賞を水性塗料の「BELAY」のブランディグで受賞し、さらなる高評価を得ている。

同書では、内田喜基のブランディングデザインの手法、ロジックを幅広いクライアントの仕事を通して徹底解説する。
タイトルに「グラフィックデザイナーだからできる」とつけたのは、ブランディングはそもそも、コンサル的な能力が必要と言われているにもかかわず、近年デザイナーに求められているスキルとなってきているためで「グラフィックデザイナーでもできる」ことを強調した。

■目次
はじめに
グラフィックデザイナーのためのブランディング思考「7つのヒント」
ブランディングの3STEP
INDEX

第1章 地場産業 -トータルブランディング-
uchida file 01 あめ細工 吉原[東京都]
対談 吉原孝洋 × 内田喜基
uchida file 02 五十崎社中[愛媛県]
対談 齋藤宏之 × 内田喜基
uchida file03 孫右ヱ門[京都府]
パッケージアイデア集  色の組み合わせパターンを検証する
対談 太田博文 × 内田喜基
uchida file 04 井筒グループ[京都府]
uchida file 05 和信化学工業[静岡県]
uchida file 06 oisesan [三重県]
uchida file 07 Sochikusya[三重県]
uchida file 08 すこし屋[愛媛県]
uchida file 09 tumuri[京都府]
uchida file 10 竹笹堂[京都府]
対談 竹中健司 × 内田喜基
カンガえルーコラム|失敗は成功の通過点

第2章 地場産業 -商品ブランディング-
uchida file 11 和菓子処 引網香月堂[富山県]
uchida file 12 千代の亀酒造[愛媛県]
コラム「媛人 A/END」デザイン案 誌上プレゼンテーション
uchida file 13 錫光[埼玉県]
uchida file 14 クレールマリ[フランス・ニース]
More Works
七本槍
Rose Rosina
moovin
SASHI
Bon Voyage
urujyu
コラム 個人のアートワークは仕事に活きるか

第3章 大手企業のデザイン
ニチレイフーズ担当者に聞く
ニチレイフーズ
花王
不二家
伊藤園
おやつカンパニー
カルビー
日本製粉
木村屋總本店

おわりに
スタッフリスト
関連カテゴリ:
書籍
書籍 > デザイン
数量: