書名
著者名
キーワード

デジタルカメラで昆虫観察

デジタルカメラで昆虫観察

著者名: 海野和男
発売日: 2019-07-02
ISBN: 978-4-416-71901-5
書名(かな): デジタルカメラデコンチュウカンサツ
判型: A5
副書名: 「見つけて」「撮って」「調べる」  たのしくてスゴイ昆虫の世界
ページ数: 200
定価:
本体1,800 円+税
立ち読み

電子書籍の購入はこちらから(電子書籍について)
電子書籍を立ち読みする

代表的な昆虫観察といえば「昆虫標本」ですが、「標本」では野原で飛んだり動き回る、昆虫の生きた姿は観察できていません。
そこで、自然に生きる昆虫はもちろん、飼育している昆虫の生きた状態での観察する道具として、デジタルカメラで昆虫を撮影すれば、生きたままで昆虫観察をすることができます。

スマートフォンやコンパクトカメラ、あるいはデジイチなど、身近にあるデジカメを使って昆虫を撮影することで、目にも留まらぬ動き、極小のものを大きく拡大、遠くのものを見る、長時間記録を取るなど、その機能を活用し、手軽に、そしてより詳しく昆虫の観察ができます。
さらに撮影した画像は簡単に記録もできます。

本書は、昆虫写真家の海野和男さんが、まず昆虫について基礎知識について解説し、探し方の基本から、観察に必要なもの、捕まえたりした後の注意、デジタルカメラで昆虫をどのように撮影して、その後どう観察すればよいかを教えてくれます。

この本では、デジタルカメラを使って昆虫の世界をのぞく(観察する)楽しさを紹介します。

■目次
CHAPTER 1 デジタルカメラで昆虫を撮る

◇昆虫とデジタルカメラ
捕虫網を捨ててデジタルカメラを持とう
毎日餌台に来たキマダラモドキ
ヤマキチョウとスジボソヤマキチョウ
デジタルカメラでの撮影は楽しい
昆虫は小さい

◇デジタルカメラについて知ろう
昆虫観察に向いているデジタルカメラ
カメラのフォーマットサイズによる違い
大きいカメラは良いカメラか?
カメラを使い分ける
スマートフォンで撮影してみよう
スマートフォンで撮影するときの注意
スマートフォンで動いている昆虫を撮る
近接能力の高いコンパクトデジタルカメラ
高倍率ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ

◇写真の撮影と整理
上手に撮るための最初の一歩
撮影のときに失敗しないために
バッテリーもかならず予備を携帯
画質モードはJPEG/低圧縮で
絞り、シャッタースピード、ISO感度
屋外のときWBはディライトで
ピンぼけを防ぐには
ぶれ防止は構え方とシャッタースピード
ぶれにくい構え方とカメラの影
昆虫撮影の基本
写真の撮影形式と整理
写真を加工したときは別名で保存する
写真と動画

◇フィールドに出てみよう
チョウのいる場所と季節
チョウを撮ってみよう
チョウの撮りかたのコツ
地面にとまるチョウの撮影
チョウの産卵を観察撮影する
チョウの飛翔をproキャプチャーやプリ連写モードで撮る
トンボを撮ってみよう
昆虫の拡大撮影
マクロレンズでの撮影
コンパクトデジタルカメラでの超拡大撮影
昆虫の来る花を観察しよう
紫外線で見た花
昆虫が見ている色の世界
コンパクトデジタルカメラでの撮影
コンパクトデジタルカメラでの撮影のヒント
オリンパスTGシリーズの深度合成とproキャプチャーモード
もっと高画質な昆虫の超拡大写真
チョウの卵の超拡大写真

CHAPTER 2 四季の昆虫観察と撮影

◇昆虫をさがす
近所の昆虫さがし
里山の昆虫さがし
野原の昆虫さがし
林の昆虫さがし
水辺の昆虫さがし
昆虫たちの季節
早春の昆虫さがし
春の息吹
サクラの花と昆虫
クマバチ
ツチハンミョウの不思議
葉っぱを巻く昆虫、オトシブミ
キバネツノトンボ
梅雨から夏へ
ゲンジボタル
子育てをする甲虫
ハッチョウトンボ
オオムラサキ
氷河時代の生き残りの高山蝶
ノコギリクワガタ、仲のよいオスとメス
都会のセミ
トックリバチ
ヤママユ
秋のきざし
世界一猛毒のオオスズメバチ
カマキリ、命がけの結婚
ホウジャク
秋の田んぼ
アキアカネの産卵
冬を越す昆虫、越せない昆虫
コマダラウスバカゲロウの幼虫
テントウムシの冬越し
秋遅くに登場するウスタビガ
フユシャク
クモガタガガンボ

●コラム
昆虫写真家という仕事
昆虫観察の服装
マクロフラッシュ
動画の撮影
カメラバッグ
テレコンバーターの利用
深度合成
昆虫観察の道具
インターバルタイマーでの撮影
セミの羽化の観察
樹液にくる昆虫の観察
白バックの昆虫写真の撮り方
関連カテゴリ:
書籍
書籍 > 教育
書籍 > ペット
書籍 > その他趣味
数量: