残すべき建築

モダニズム建築は何を求めたのか

著者: 松隈 洋

定価(税込)1,980円

発売日2013年01月23日

ISBN978-4-416-61388-7

内容

保存運動が行われながら取り壊しが決定した歌舞伎座や東京中央郵便局など、1920年代〜60年代に建てられた近代建築が相次いで姿を消しています。

市民に憩いの場を提供し、愛されてきた京都会館も、設計者が意図した景観が損なわれる形で改修工事が進められています。一方で東京駅が華々しく復元されるなど、過去の建築に対する再評価の動きはあります。

しかし、一時代前の近代建築は、素材の劣化や用途の変化により、経済効率のよい高層建築に建て替えられることが多く、我々の生活基盤を築き上げたという存在価値は軽視されているのが現状です。

 

本書では、真の評価が定まる前に絶滅の危機に瀕している近代建築のうち、後世に残すべき36例を取り上げ、設計時の時代背景や設計者の意図を交えて解説。建築を学ぶ学生や若い建築家、建築に興味がある一般を対象に、近代建築がおかれた現状について考察する入門書です。

著者紹介

松隈 洋

京都工芸繊維大学教授。1957年兵庫県生まれ。1980年京都大学工学部建築学科卒業。同年前川國男建築設計事務所入所。2000年京都工芸繊維大学助教授、2008年10月より現職。著書に『ルイス・カーンー構築への意思』『近代建築を記憶する』、編著に『前川國男 現代との対話』など。

商品名 残すべき建築

商品名(カナ) ノコスベキケンチク

著者 松隈 洋

判型 A5

ページ数 288

お詫びと訂正

関連情報