雑誌デザインの組み方 ハンドブック

ビフォア→アフター形式で分かりやすい!

著者: 大内 エキオ

定価(税込)1,980円

発売日2013年09月23日

ISBN978-4-416-11335-6

内容

雑誌デザインのレイアウトに特化したデザインのハンドブック。幅広いジャンルのリアルな作品事例をもとに、ビフォア→アフター形式で分かりやすく解説していきます。雑誌デザインの決め手はやはりレイアウトが安定していることが条件となります。そのためにデザイナーは、多くの情報を整理、整頓をして、制約を一つ一つクリアしていかなければなりません。

良いデザイン基準のひとつは、ターゲットである多くの読者が、情報内容の充実度、読みやすい、分かりやすい、美しいといった判断をし、その雑誌のファンになること。さらにその雑誌の継続的購入から掲載商品の購入までを導くことが出来れば、雑誌デザインの最終目的はほぼ達成したと言えるのではないでしょうか。

本書は、雑誌デザインのあらゆるシチュエーション表現に於いて、課せられた制約の一つ一つをクリアしながら完成度の高いデザイン表現が出来るように導くヒントを提供することを目的とした一冊です。

著者紹介

大内 エキオ

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
スタンダード通信社を経て’84年に独立し、’87年に株式会社フィラメント設立。現在に至る。アートディレクター/グラフィックデザイナーとして、これまで多くの企業や商品の広告、グラフィックデザイン、CI、ロゴデザインなど手掛ける。『教える』ことから『考える』までのデザインにもステージを広げ活動している。JAGDA会員

商品名 雑誌デザインの組み方 ハンドブック

商品名(カナ) ザッシデザインノクミカタハンドブック

著者 大内 エキオ

判型 B5

ページ数 160

お詫びと訂正

2013年9月に発行しました、『ビフォア→アフター形式で分かりやすい! 雑誌デザインの組み方 ハンドブック』に誤りがありました。内容を訂正し深くお詫びいたします。

●15ページの右上の文章に、11ページの右上の文章と同様のものが入ってました。
正しくは、下記のようになります。
<15ページ右上(Layout Point)の正しい文章>
1:街灯をコピーして3本に増やしています。また、画面に奥行感を出すためにパースペクティブを意識して大きさを決めています。色調もPhotoshopを使って彩度を高くし、全体的に色味を濃く調整しています。
2:周りのパターンはイラストとは逆に彩度が高くなり過ぎています。彩度を下げてイラストの印象を強くします。
3:周囲に馴染み、爽やかな印象が残る配色を再考して、調和のとれた誌面になるようにしていきます。

●150ページの左上タイトルに156ページのタイトルと同じものが使われていました。
150ページの正しいタイトルは「個性的な文芸雑誌の表紙デザイン」となります。

読者の方々ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、上記のように訂正させていただきます。

関連情報