日本画 花を描く

花それぞれの特徴の捉え方・構図から、各種の技法を徹底解説

編集: 菅田 友子

定価(税込)3,080円

発売日2015年05月11日

ISBN978-4-416-61555-3

内容

「日本画の描き方」に続く第二弾「花の描き方編」。
身近な花を画題に、水干絵具と岩絵具で4号から12号の作品を描きます。

個々の花のしくみの違いをよく観察しながら、その花の個性を生かす構図、色合い、描き方を工夫します。

花の特徴を知ることで、よりその花らしい描き方が学べます。
日本画ならではの箔や砂子を生かした華やかさの演出をはじめ、アクアグルーなどの新しいメディウムやアキーラ絵具の併用、和紙を貼ったボードに絹を張ることで絹絵の絵肌を手軽に試すなど、新しい技法にもチャレンジします。
屏風絵の名画から画面の一部を抜き出して、原画の写生の妙技を学びながら構図や彩色に工夫して作品に仕上げる作例は、入門者には難しく感じる模写を身近で楽しいものにしてくれます。

著者紹介

菅田 友子(スガタ トモコ)

武蔵野美術大学日本画卒。1975年から「初心者のための日本画教室」、「はがき絵教室」をカルチャースクールで始める。1987年から年1回のペースで日本画の個展を開催。『日本画の描き方』ほか、『おしゃれな花はがき絵教室』『季節のおたより―はじめて描く「はがき絵」』『だれでもできる おしゃれな木の花はがき絵教室』(すべて誠文堂新光社刊)など、著書多数。

商品名 日本画 花を描く

商品名(カナ) ニホンガ ハナヲエガク

編集 菅田 友子

判型 B5

ページ数 192

お詫びと訂正

関連情報