Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

近刊

宇宙大航海時代

「発見の時代」に探る、宇宙進出への羅針盤

編集: JAXA宇宙大航海時代検討委員会

定価(税込)4,180円

発売日2022年12月08日

ISBN978-4-416-52271-4

宇宙進出に求められる社会的視点を、大航海時代に類似性を見出し、新たな指針を探る一冊。

内容

宇宙大航海時代を迎え、人文社会的視点を中心に、過去の大航海時代の背景との類似性等を分析するとともに、その後、創出されたイノベーションについて考察する内容。月や火星の探査にのぞむ宇宙大航海の時代の到来をみすえて、その比較、現状把握を行うとともに社会的コンセンサスの参考となる一冊。

本書は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)により12回にわたって開催された『宇宙大航海時代検討委員会報告書』に基づき原稿を執筆し、一般向け書籍としてまとめたものである。

著者紹介

JAXA宇宙大航海時代検討委員会(ジャクサ ウチュウダイコウカイジダイケントウイインカイ)

國中 均 Hitoshi Kuninaka
久保田 孝 Takashi Kubota
樋口 清司 Kiyoshi Higuchi
成田 伸一郎 Shinichiro Narita
浅見 雅一 Masakazu Asami
合田 昌史 Masafumi Goda
川村 信三 Shinzo Kawamura
関 哲行 Tetsuyuki Seki
篠原 愛人 Aito Shinohara
村井 章介 Shosuke Murai
三田 一郎 Anthony Ichiro Sanda
川崎 一義 Kazuyoshi Kawasaki

商品名 宇宙大航海時代

商品名(カナ) ウチュウダイコウカイジダイ

編集者名 JAXA宇宙大航海時代検討委員会

判型 A5

ページ数 424

序文 なぜ「宇宙大航海時代」なのか(國中 均)
第1部 宇宙大航海時代における日本の位置
  第1章 太陽系探査と大航海時代の航海技術の対比
  第2章 日本の宇宙探査の黎明期 ―小惑星探査「はやぶさ2」ミッション
  第3章 宇宙大航海時代の足音
  第4章 人類の活動領域拡大事業における現状認識と、今後の有人宇宙事業シナリオ
第2部 大航海時代からの歴史的考察 
  第1章 大航海時代史概説
  第2章 地球を山分けする…「世界分割」の夢
  第3章 大航海時代の動機と心性について ―マグリブと騎士修道会を手がかりとして
  第4章 イエズス会:「大航海時代」の一つの精神
  第5章 グローバル化の起点としてのコロンブスとコルテス
  第6章 近世のカナリア諸島 ―地中海世界とアメリカ植民地の結節点―
  第7章 インド洋は誰のものか ―ビトリア、グロティウス、フレイタスの議論―
  第8章 日本から見た大航海時代 
  第9章 宇宙大航海時代と宇宙創造主について
第3部 宇宙大航海時代の展望
  第1章 総括 ―委員会の議論で得られたもの
  第2章 シンポジウム ―委員会とJAXA研究者・技術者との自由討議
  あとがき

宇宙大航海時代検討委員会開催日程
執筆者紹介

お詫びと訂正

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報