グウェント アート・オブ・ウィッチャーカードゲーム

著者: CDPROJEKTRED / 翻訳: 江原健 / 翻訳監修: 本間覚

定価(税込)4,400円

発売日2019年08月01日

ISBN978-4-416-71922-0

内容

全世界で累計3300万本突破の大人気ゲーム『ウィッチャー』シリーズから生まれた、『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のアート集が邦訳化!

豪華絢爛なカジノにあるエキゾチックなテーブルの上でも、煙と喧騒が渦巻く酒場のゴツゴツしたカウンターの上でも、どこでプレイしても白熱の対戦が楽しめるカードゲーム、それがグウェントです。
カードを彩る美しいイラストが、対戦相手を粉砕する戦略的な楽しさをより一層高め、唯一無二の興奮を味わえます。
本書には、その感動のアートの数々を集めました。スリリングなカードゲームの魅力的な芸術作品をご堪能ください!

『グウェント ウィッチャーカードゲーム』とは?
シリーズ最大のヒット作『ウィッチャー3 ワイルドハント』のミニゲームとして登場し、独立したゲームとしてリリースされた基本プレイ無料のオンライン対戦型カードゲーム。
『ウィッチャー』シリーズの魅力的なキャラクターなどが数多く登場し、それらの美しいアートワークと高い戦略性が特長。

※本書は2017年9月に発行された英語版『GWENT:ART OF THE WITCHER CARD GAME』を忠実に翻訳しております。
そのため、本書出版時点の『グウェント ウィッチャーカードゲーム』と一部内容が異なりますことをご了承ください。

著者紹介

CD PROJEKT RED(シーディー プロジェクト レッド)

2002年に設立されたスタジオ。
ソニーのPlayStationやマイクロソフトのXboxなどの世界的な据え置き型ゲーム機、Windows PCおよびMac向けのビデオゲームの開発を手がける。
スタジオ最大のフランチャイズである『ウィッチャー』シリーズは、世界累計販売3300万本を突破している。

江原 健(エハラ タケシ)

東京外国語大学大学院修了。
翻訳会社にて翻訳コーディネーターとして勤務した後、2014年よりフリーランス。
産業翻訳のほか、『Y:ザ ラスト マン』、『ウィッチャー』のコミックシリーズなど海外コミックや、ゲームのアート本、映画メイキング本の翻訳も多数手がけている。

本間 覚(ホンマ サトル)

『ウィッチャー3 ワイルドハント』などの海外ゲームタイトルの日本語ローカライズプロデューサーを経て、2017年よりCD PROJEKT RED ジャパン・カントリー・マネージャーとして活動中。

商品名 グウェント アート・オブ・ウィッチャーカードゲーム

商品名(カナ) グウェント アート オブ ウィッチャーカードゲーム

レーベル名 G-NOVELS

著者 CDPROJEKTRED

翻訳 江原健

翻訳監修 本間覚

判型 A4

ページ数 248

第一章 モンスター
第二章 北方諸国
第三章 スコイア=テル
第四章 スケリッジ
第五章 ニルフガード帝国
第六章 ニュートラル
第七章 スペシャルカード

お詫びと訂正

関連情報