増補改訂 原色 木材大事典185種

日本で手に入る木材の基礎知識を網羅した決定版

著者: 村山 忠親 / 監修: 村山 元春

定価(税込)4,180円

発売日2013年07月10日

ISBN978-4-416-71379-2

内容

現在、日本で手に入る木185種の木材の基礎知識を網羅し、樹名、木目、色味、質感、耐久性、加工性、糊付接着性などの情報を収録。木材を仕事として使用する、内装業者などの土木系の職人や建築家、インテリア・デザイナー、木工作家、さらにプロだけではなく木工好きなアマチュアも含め、資料的要素の強い書籍です。

※本書は、2008年8月に発行された『最新 木材大事典170種』に、さらに最近流通されてきた樹種を15種追加して、ボリュームを増した、決定版的書籍です。

著者紹介

村山 忠親

木場の木材問屋、三代目として木材にたずさわり50年、北米材、南洋材、国産材ほか、世界中の木材の仕入れ、加工、販売など、多岐に渡り木材の普及に尽力する。2006年2月、食道癌にて逝去。

村山 元春

材木屋の三代目として兄、忠親と共に40年のキャリアを持つ。埼玉県の和光市でウッディプラザを率いるかたわら、テレビ東京系「何でも鑑定団」の木の鑑定士もつとめる。

商品名 増補改訂 原色 木材大事典185種

商品名(カナ) ゾウホカイテイ ゲンショク モクザイダイジテンヒャクハチジュウゴシュ

著者 村山 忠親

監修 村山 元春

判型 B5

ページ数 256

お詫びと訂正

関連情報