下水道第3種技術検定試験 必携過去問 2020-2021年版

著者: 菅原 勇

定価(税込)3,960円

発売日2020年01月24日

ISBN978-4-416-52018-5

最新過去問8年分を収録した試験対策問題集。分野別5年分+年度別3年分収録で、本番前の総仕上げに最適。

内容

下水道第3種に合格したい人のための必携問題集

 

下水道第3種は、地方共同法人日本下水道事業団が行う、下水道(処理施設、ポンプ施設)の維持管理を行うために必要とされる技術を検定する試験です。

 

本書は、2012年~2019年度の過去8年に出題された、全問題と解答・解説を収録した過去問題集です。
2012~2016年度の5年分は分野別に収録し、2017~2019年度の3年分は年度別に収録しています。

 

まずは分野別に問題を解くことで、インプットした知識の確認と、基礎的なアウトプット力を鍛えることができます。
そして、本番と同じ形式の3年分の問題を解くことで、本試験に挑める合格力を身につけることができます。

 

◇アプリ版◇
本書の内容を収録した学習アプリです。通勤・通学のスキマ時間を使っての復習、直前期の総仕上げなど、本書と併せて活用することで、合格力をさらに高めることができます。
ぜひご利用ください。
*Google PlayまたはApp Storeからダウンロードすることができます。
*本書とは別売りです。

 

◇直前対策セミナー動画◇
【誠文堂新光社ホームページにて好評発売中】
「下水道第3種技術検定試験 直前対策ゼミ 2020-2021年度試験向け」

 

『下水道第3種技術検定試験 必携テキスト&模試』『〃過去問』の著者、菅原勇先生による動画講座です。
ある程度学習が進んでいる方を対象に、試験前に重要ポイントを復習し、合格力を高めることを目的としています。

1時限目では、試験の科目別内訳、直近8年の出題傾向について詳細に解説。
2時限目と3時限目では、法規、下水処理、汚泥処理、工場排水、運転管理、安全管理の各分野について、よく出題される代表的な問題とその解答例を解説しています。

 

本講座を活用することで、必ずや合格を勝ち取ることができるはずです。
学習の総仕上げにぜひお役立てください。

 

*本書とは別売りです。
*動画視聴にあたっては本書は不要です。

著者紹介

菅原 勇(スガワラ イサム)

1955年生まれ。東京都出身。日本上下水道設計(現・NJS)、日新技術コンサルタント、宮城県震災復興支援職(利府町勤務)等を経て、現在、アジア航測東北支社勤務。
保有資格:技術士(総合技術監理部門、上下水道部門)、下水道第1種技術検定、下水道第3種技術検定、RCCM(上水道及び工業用水道)、1級土木施工管理技士、測量士。

商品名 下水道第3種技術検定試験 必携過去問 2020-2021年版

商品名(カナ) ゲスイドウダイサンシュギジュツケンテイシケン ヒッケイカコモン ニセンニジュウ ニセンニジュウイチネンバン

著者 菅原 勇

判型 A5

ページ数 352

◇分野別
収録年度:2012(平成24)~2016(平成28)年度
第1章 法規
第2章 下水処理
第3章 汚泥処理
第4章 工場排水
第5章 運転管理
第6章 安全衛生管理

 

◇年度別
収録年度:2017(平成29)~2019(令和元)年度
第7章 下水道第3種技術検定試験 試験問題と解答
2019(令和 元 )年度 問題・解答
2018(平成30)年度 問題・解答
2017(平成29)年度 問題・解答

お詫びと訂正

関連情報