Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

デザインノート No.53

編集: デザインノート編集部

定価(税込)1,760円

発売日2014年01月27日

内容

特集:今、目が離せない 注目の女性クリエイター
現在注目を集める、女性アートディレクターの仕事や人となりを追いかける。

デザインが産み出される現場では、女性の表現が絶対的に必要となってきている。
消費行動が女性主流であることは、バブル期から変わりはないが、FacebookなどのSNSや、ブログなどを利用し情報発信の拠点となっているのは圧倒的に女性であり、そのの救心力が男性を上回っているからである。

また、現代のデザイン表現として、男女問わずナチュラル志向が高まっており、男性でも、ソフトでゆるいデザイントーンに引かれる風潮となってきているのだ。
そんな社会でのメディア作りはやはり研ぎすまされた女性のクリエイションが求められており、それを体現する者たちが登場し、それを見逃すわけにはいかない。

そこで、現在メディアの中心で、活躍する女性アートディレクターを約10名紹介し、彼女たちの仕事のコンセプトワークやプロセスはもちろん、人生観や生い立ちに秘められた、クリエイションの根源を探る。

特筆されるのが、森本千絵。
縦横無尽にメディアを操り、クライアントを巻き込み、新たな表現で見るものを、彼女の世界へ引きづり込む。そんな表現力は男女問わずトップクラスに上り詰めた。

また、博報堂の女性アートディレクターでは、ますますその表現力を高めている、長嶋りかこ。
初の個展も大盛況で、新たなムーブメントを起こすはずである。

その他、女性ならではの表現を武器にするデザイナーたちの作品やメイキング、そして、彼女たちの思考法や生い立ちに秘められた、魅力的なアウトプットの根源を、大量なビジュアルで伝える。

雑誌紹介

アートディレクターやデザイナーを志す人たちのための専門誌。トップクリエイターの発想の原点を、彼らの仕事への姿勢やワークフローから学び取るというコンセプトのもと、クリエイターを志す人たちに役立つ誌面づくりを目指しています。 -「Interview」(人となりのご紹介)- 「Works」(作品紹介)-「Making」(作品ができるまでのプロセス紹介) これらの観点から、クリエイターがどのような現場で創作し、どのような思考過程とプロセスを経て作品を完成させているか、わかりやすい解説と豊富なビジュアルで紹介しています。

商品名デザインノート No.53

商品名(カナ)デザインノート ナンバー53

編集者名デザインノート編集部

判型A4変(縦285mm×横220mm)

ページ数128

ISBN978-4-416-11419-3

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る