Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

最新号

アイデア No.394 2021年7月号

編集: アイデア編集部

定価(税込)3,300円

発売日2021年06月10日

デザイン教育の最前線を、美術大学などで教える現役のグラフィックデザイナーの方々に取材しました! アイデア編集部 : 西

内容

特集:グラフィックデザインの教室 教育・研究・実践の環

 

企画・構成:アイデア編集部
デザイン:LABORATORIES(加藤賢策、守谷めぐみ)

 

本特集は、個人デザイナーたちの学びの場となる私塾的なデザインコミュニティを軸に、戦後以降の日本のデザイン教育を振り返った2013年の本誌特集「デザイン特殊講義」(359号)からおよそ10年を経た今、デザイン教育が現代の社会状況をどのように反映し、更新されているのかを問うものだ。

 

2010年代に入り、デザインという言葉は、一見すると共通項のない「もの」や「こと」をつなぎ相互作用を引き起こす媒体として、あるいは、領域横断的な視点や思考を示唆する言葉として、情報ビジネスや技術研究の領域など、視覚芸術以外の領域でも親しまれるものとなった。
一方で、概念化された「デザイン」がひとり歩きし、あたかも魔法の言葉のように多用される社会においては、産業としてのデザインや、デザインの専門家であるデザイナーの存在価値が、以前とは異なるものに変容しつつある。

 

こうした社会状況に呼応するように、ここ10年で国内の美術大学やデザイン専門学校では、デザイン系の新学科や新コースの開設が続き、デザイン教育の現場におけるデザイナー像の変化や、デザインの本質に対するあらたな議論を期待させる。
そこで、特集では、今デザイン教育の現場で活躍するデザイナーたちを取材し、それぞれの教室を訪ねてみることにした。後半部分では、アジア諸国を中心とした海外のデザイン教育・教育機関の状況や、デザインイベントやワークショップ、教育的メディアなど、ひらかれたデザイン教育を支える人々にも焦点をあてていく。

ここだけの話

おしえてコバヤシさん! 第1回「擬似エンボス加工のひみつ」

毎号の特集企画にあわせて用紙や刷色、加工が変わる「アイデア」

 

その印刷加工を担当するのが創業80年以上の歴史をもつ印刷会社、大熊整美堂さんです。

 

毎回、デザイナーさんや編集部からの無理難題に応えてくれる営業担当のコバヤシさんに、編集部員たちが印刷加工のしくみについて質問していきます。

2種類のニスで表情をつくる

アイデア編集部員=以下「ア」   大熊整美堂コバヤシさん=以下「コ」

 

 

ア:コバヤシさん、この加工知ってますか?

 

コ:それは「擬似エンボス」加工ですね。最近ファッション誌などの表紙加工にもよく使われている加工です。普通のコート紙などにエンボス加工のような凸面をつくり文字や絵柄を浮き彫りしたような表現を擬似的にできる加工なんですよ。

 

ア:へ~擬似エンボス! これって、PP加工や箔押のように印刷のあとに追加の工程が必要なんですか? 後加工だと入稿日を早めなきゃいけないし、お金もかかるし……。

 

コ:いえ、これはニスを使った表現なので、通常の4色印刷の工程に続けてニスを2回刷っているんです。つまり6色印刷ということなので、印刷の後にさらに加工をしたりする必要はありません。

 

ア:なるほど。それならスケジュールも心配ないですね! すでに予定を3日も過ぎてますけど……。

【解説】擬似エンボス加工のしくみ

擬似エンボス加工では、「光沢ニス(コーターニス)」と呼ばれる光沢感の強いニスと、「ハジキニス」と呼ばれるザラザラした表情をつくるニスのふたつを使います。

 

まず、4色印刷の上にザラザラさせたい部分だけ「ハジキニス」を印刷します。次に、用紙の全面に「光沢ニス」を印刷します。

 

「ハジキニス」の上に「光沢ニス」がのった部分はニス同士がはじきあい、表面に凹凸が生まれ、ザラザラとした質感になります。

 

一方の光沢ニスのみの部分は、ツルツルした印刷面になり、ザラとツルの差により、文字部分を強調したり、柄のような表現をすることも可能です。

画像参照:https://uv-print.micg.co.jp/entry-4.html

 

 

今回の「アイデア」では、写真部分をザラザラにし、ロゴやタイトル、背の部分はツルツルとすることで、文字部分を目立たせる工夫をしました。

 

どのくらいザラザラとさせるかは、ハジキニスの線数(網点の数)により3段階程度に調整ができるので、写真や絵柄にあわせてザラザラの加減を変えてみるのも面白いでしょう。

上の写真は、左側が線数60右側が線数80の場合の印刷面です。

雑誌紹介

1953年の創刊以来、グラフィックデザイン、タイポグラフィを主軸に、古今東西のデザインの状況を世界にむけて伝え続けるデザイン誌。毎号異なる仕様とハイクオリティの印刷により最先端のヴィジュアルカルチャーを紹介しています。専門性・資料性の高いコンテンツに加え、マンガ・アニメ,ゲームといったサブカルチャーにデザイン的な視点から迫る企画など、間口の広さも魅力です。

商品名アイデア No.394 2021年7月号

商品名(カナ)アイデア ナンバー394 2021ネン7ガツゴウ

編集者名アイデア編集部

判型A4変(縦297mm×横225mm)

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る