フローリスト 2019年10月号

編集: フローリスト編集部

定価(税込)900円

発売日2019年09月06日

内容

◇特集:甘いだけじゃない。クールやポップな顔もある ドライフラワーの人気、拡大中!

80年代はカントリー調がおもだったドライフラワー。
今では、乾燥方法も広まり、花材の色、種類も増えたことで、スタイルも大きく変化。
ナチュラル、クール、ガーリーなど、贈る人にばっちりハマるテイストが見つけられるようになりました。
ドライを取り扱う店も増加!
初取材の店ばかりで“今のドライフラワー”を紹介します。

雑誌紹介

1984年創刊。花店の今を伝える花のアートとビジネスの情報誌。毎号、全国各地にある注目の花店を取材し、ブーケ、アレンジメントなどの最新トレンドや個性あふれるフラワーデザインを紹介します。第一線で活躍するフラワーデザイナーのテクニックも丁寧に解説する。普段知ることができない産地の情報も充実。花店関係者のみならず、将来花の仕事に就きたい人、花き業界の人、日常のなかで花を飾ることを楽しみたい人にとっても必携の情報が満載です。

商品名フローリスト 2019年10月号

商品名(カナ)フローリスト 2019ネン10ガツゴウ

編集フローリスト編集部

判型AB

◇特集:甘いだけじゃない。クールやポップな顔もある ドライフラワーの人気、拡大中!

■ドライフラワーにまつわるアンケート

■知りたい! 人気のドライフラワーショップ
franklins
MEmENTO
FUUYUUKA SUMIRE LYRICAL
CoCoRoNe Botanical GARDEN

■ドライフラワーと相性ぴったりな飲食店
Cachette 北白川店
3epice

■ドライフラワーの人気、拡大中!
MIDDLE WORLD
株式会社ブローインハウス
FLEURI
KOTORI
TsukiHi
土と風の植物園
greenpiece

■もっとある! 人気のドライフラワーショップ
アンハロッズ×ドライフラワー専門店 ANDORA
八花堂
flaugh
咲桜

■ドライフラワー×蝋のコンビネーション
vega.

■老舗生産者の新たなる挑戦 生産者が作るドライフラワー
西宮哲也[長作園]

——————————————————–
■第2特集
——————————————————–
■プリザーブド、ドライ、アーティフィシャル 生花と異素材のミックス使い
束花智衣子[SOCUKA]
坂口美重子[FB・PALETTE]
安井竜樹[arbluem]
桑原佳代

——————————————————–
■ピックアップ
——————————————————–
フラワーデザイン スクールガイド

———————————————————
■好評連載
———————————————————
■#写真家と花
山越めぐみ

■La Promenade Fleurie/ジャルダンノスタルジック
季節ごとの「白」がある

■花色暦組色/ヨシタミチコ
霜始降

■Rumiko Style from Paris/真子るみ子
ラ カーヴ サン マチュー

■今月のバラ
カフェラテ

■フローリスト花散歩/花福こざる
ルリタマアザミ

■FLOWER ARTS RELAY
秋の味覚を使って

■ヴェール・デ・グリの季節のギフトレッスン/古川さやか
パープルベージュのアンティークバードゲージ

■トップフラワーデザイナーが教える季節の花を魅せるテクニック/新井光史
実ものを使った秋の装花

■WEEKEND FLOWER/花の国日本協議会
ピンクッション、マリーゴールド、ダリア、プロテア

■叢のものさし/小田康平
サボテンの和名

■Vase’s Resume/王寺彰人
人面モチーフの割れた花器

ほか