新刊

フローリスト 2019年 12月号 特大号 別冊付録付

編集: フローリスト編集部

定価(税込)984円

発売日2019年11月08日

時季を問わず贈り物として定着してきた感があるけれど、やっぱりこの季節に作るのが特別。 フローリスト編集部 : 玉井

内容

※特大号 別冊付録 メモカレンダー付き

 

◇特集:イベントシーズンに気分がアガる! 41点

「飾りたい」クリスマスリース集めました

 

12月の風物詩といえば、家々の玄関を彩るロマンチックなクリスマスリース。

今回は、フローリストやフラワーデザイナーが考えるいちおしのリースアイデア41点分を紹介します。

さらにシーズンギフトの提案やラッピング・アイデアなどのトレンドも。

自宅の扉や、家族で過ごす団らんの場所に飾りたくなるような素敵なデザインがたくさん集まりました。

クリスマスリースが与えてくれる幸せな気持ちを、想像しながらお楽しみください。

ここだけの話

「フローリスト」1年の集大成は12月号といえるかもね

フローリストではここ数年12月号は“クリスマスリース”を特集しています。
毎年個性豊かな30数点がスタジオに集まるのは圧巻の光景
(そして、管理に緊張が走る…)です。

 

作っていただくリースのサイズは大体直径30~40cmと指定しています。
誌面に載るときに大きすぎず小さすぎず、スケール感がきちんと伝わるからです。
あと、撮りやすいサイズでもあります。
ただ、今回2人がかりで運ぶレベルの大物を制作してくださった花屋さんがいらっしゃいます。代々木上原に店を構える「マロンパピエ」さんです。
本当に大きかったんですよ、直径100cm以上あったんじゃないかな?(笑)
ピンクベージュの色合いでフワフワしたリースは誌面でぜひ確認してみてください。

 

1ページに大きく載せているせいか、結構大きく見えて実際はかわいいサイズだったりもします。写真は北沢の「アナスタシア.」さんのリースです。

一つとして同じものがない41点のクリスマスリース。一部は作り方も掲載しているので、ぜひご覧ください。

雑誌紹介

1984年創刊。花店の今を伝える花のアートとビジネスの情報誌。毎号、全国各地にある注目の花店を取材し、ブーケ、アレンジメントなどの最新トレンドや個性あふれるフラワーデザインを紹介します。第一線で活躍するフラワーデザイナーのテクニックも丁寧に解説する。普段知ることができない産地の情報も充実。花店関係者のみならず、将来花の仕事に就きたい人、花き業界の人、日常のなかで花を飾ることを楽しみたい人にとっても必携の情報が満載です。

商品名フローリスト 2019年 12月号 特大号 別冊付録付

商品名(カナ)フローリスト 2019ネン12ガツゴウ トクダイゴウ ベッサツフロクツキ

編集フローリスト編集部

判型AB判

※特大号 別冊付録 メモカレンダー付き

 

◇特集イベントシーズンに気分がアガる! 41点
「飾りたい」クリスマスリース集めました

 

■クリスマスリース秀逸デザイン、ここに集結

■4人のフローリストが異なる素材で作る 季節を表すリース
古賀朝子[fleurs de chocolat]

井上幸信[Botanical style]

杉本一洋[UNI FLOWERS]

西田太郎[hanadouraku]

■ギフトの特別感がアップする ラッピング・アイデア
千葉里奈[チバセイサクショ]

■注目の花屋さんのクリスマスギフト
VALVE

C’est moi

——————————————————–
■ピックアップ
——————————————————–
■フラワーアートアワード2019 in TOKYO MIDTOWN &
ドゥエ・アン・アンジュ アート・フローラル国際コンクール2019

——————————————————–
■好評連載
——————————————————–
■#写真家と花
三浦希衣子

■La Promenade Fleurie/ジャルダンノスタルジック
クリスマスは絵画のように

■花色暦組色/ヨシタミチコ
麋角解

■Rumiko Style from Paris/真子るみ子
“カレン・ゲイ”ジュエリー工房

■今月のバラ
シュナーベル

■フローリスト花散歩/花福こざる
オモチャカボチャ

■FLOWER ARTS RELAY
ヨーロッパのクリスマス

■ヴェール・デ・グリの季節のギフトレッスン/古川さやか
木の実とベリーのクリスマスストリング

■トップフラワーデザイナーが教える季節の花を魅せるテクニック/新井光史
クリスマスの装飾

■WEEKEND FLOWER/花の国日本協議会
コニファー、アマリリス、オンシジウム、グロリオサ

■叢のものさし/小田康平
植物の品定め2

■Vase’s Resume/王寺彰人
オブジェとしての花器

ほか