最新号

フローリスト 2020年3月号

編集:: フローリスト編集部

定価(税込)900円

発売日2020年02月07日

クリエイティブなアクセサリーが勢ぞろい。花のグルーピングもきっちり学んで、他の人より一歩先へ フローリスト編集部 : 玉井

内容

◇特集:1点モノの作品を鑑賞するか、身に着けるか アクセサリーを楽しむ

 

同じ品種であっても色の入り方、形が異なる花。

毎回、同じ花材を使ってアクセサリーを作っても完成品はちょっとずつ違いのある一点モノ。

今回は見て楽しむアーティスティックなアクセサリーと身に着けると気分がアガるアクセサリーを紹介。

花の使い方は作家によって千差万別。

自分がよく使う、お気に入りの花の想像がつかなかった使い方や表現方法を見れば、新たな可能性に気づくはず。

アクセサリーのオーダーが増える季節に向けてチェックしよう!

ここだけの話

気位の高そうに見えてかわいいんだよ、あの子

フローリスト3月号は、「1点モノの作品を鑑賞するか、身に着けるか アクセサリーを楽しむ」特集です。

 

見て楽しむアーティスティックなアクセサリーと身に着けると気分がアガるアクセサリーをそれぞれ紹介しています。どんどんアクセサリーの需要が高まってくるこの季節におすすめです。

 

ほかにも花束・アレンジメントのグルーピングや、コチョウランを使った記事もあります。

 

 

コチョウランのイメージってどうですか?

 

贈答用、ゴージャス!という感じでしょうか。でも、見方を変えれば、身近なギフトに取り入れることができるきれい・かわいい品種がいっぱいです。写真はその作品例です。

 

左が「ハナ ワラガイ」の藁谷さん、右が「ティルトフラワーズ」の角田さんが制作したものです。どちらもきれいなのですが、合わせる花材がそれぞれ違って雰囲気が異なるのがおもしろいです。ユーカリは何かと使える便利な花材だと思うのですが、藁谷さんは使わずナチュラルに。角田さんはちょっと海外っぽい雰囲気でスタイリッシュです。

 

ほかにもどんな作品が登場したかは誌面でぜひご覧ください。

雑誌紹介

1984年創刊。花店の今を伝える花のアートとビジネスの情報誌。毎号、全国各地にある注目の花店を取材し、ブーケ、アレンジメントなどの最新トレンドや個性あふれるフラワーデザインを紹介します。第一線で活躍するフラワーデザイナーのテクニックも丁寧に解説する。普段知ることができない産地の情報も充実。花店関係者のみならず、将来花の仕事に就きたい人、花き業界の人、日常のなかで花を飾ることを楽しみたい人にとっても必携の情報が満載です。

商品名フローリスト 2020年3月号

商品名(カナ)フローリスト 2020ネン3ガツゴウ

編集フローリスト編集部

判型AB

◇特集:1点モノの作品を鑑賞するか、身に着けるか アクセサリーを楽しむ

 

■魅せる! アクセサリー
川島光喜[botanicalgarden NUE]
前田裕也[edalab.]
筧 奈鶴[Panie rustique]
ユ ヘヨン、パク ボヨン[Marron Papier]

 

■花のアクセサリー・アイデア
高野のぞみ[NP]
千葉 栄[FLACHILCO]
中本健太[ Le Fleuron]
宇田浩子[VOICE OF PLANTS]
sae.bloom/野澤友絵[toccorri]

 

——————————————————–
■第2特集
——————————————————–
■きっちりマスターしたい! グルーピングテクニック
宮永英之[ANIMUS FLORAL DESIGN]
長田太地[株式会社ユー花園]
山口祥次郎

 

——————————————————–
■ピックアップ
——————————————————–
■制作意図とデザイン画からわかる
フラワーアレンジメントの発想と作り方

■ギフトにコチョウランをプラス

 

———————————————————
■好評連載
———————————————————

■#写真家と花
佐々木智幸

■La Promenade Fleurie /ジャルダンノスタルジック
軽やかに透ける春とクレープ

■花色暦組色/ヨシタミチコ
蟄虫啓戸

■プリザーブドプラス/大地農園
素材合わせで花束を楽しく

■フローリスト花散歩/花福こざる
カスミソウ

■FLOWER ARTS RELAY
異なる質感

■今月のバラ
グリーンハート

■ヴェール・デ・グリの季節のギフトレッスン/古川さやか
スプリングフラワーケーキ

■トップフラワーデザイナーが教える季節の花を魅せるテクニック/新井光史
ピンクをメインに春爛漫を表現

■WEEKEND FLOWER /花の国日本協議会
ミモザ、パンジー、スカビオサ、サクラ

■叢のものさし/小田康平
番外編3 園芸植物の行方

■Vase’s Resume /王寺彰人
絵画で空間の印象を変えてみる

ほか