Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

最新号

フローリスト 2022年6月号

編集: フローリスト編集部

定価(税込)1,100円

発売日2022年05月07日

JAN4910177370621

表現の幅を広げたい方必見の「染めの花が好き!」&「フラワーデザイン上達テクニック」 フローリスト編集部 : 佐藤

内容

■第1特集
彩り豊かに表現できるから
染めの花が好き!

 

染色液を吸わせたり、吹きつけることで、花弁や葉の色が変化する「染めの花」。
苦手な人もいるけれど、自分好みの色を求めて花を染める花店や生産地が増えている。見慣れない色が入るだけで新鮮な驚きをもたらしてくれるから、使い方次第で表現の幅がぐっと広がる。染めの花を好んで使っている花店に、花束とアレンジメントをオーダーした。すでに市場から姿を消してしまった春の花もあるけれど、来春の参考にしてほしい。

 

■第2特集
ワンランク上をめざして
フラワーデザイン上達テクニック

 

基本的な花束とアレンジメントは作れるけれど、もっと腕を磨きたい!表現の幅を広げたい!という読者のために、熟練の技をもつフラワーデザイナーがさまざなノウハウを伝授。日頃から使っていた手法にも新たな気づきが得られるかもしれない。

 

 

★★★ZOOM用バーチャル背景画像★★★

無料ダウンロードはこちら

ここだけの話

「染めの花」を知っていますか?

染めの花とは、染色液を吸わせたり、吹きつけることで、花弁や葉の色が変化する花材のことをいいます。

 

染めというとビビッドな色合いをイメージされる方も多いですが、最近はファッションやメイクの流行と同様、くすみがかったニュアンスカラーなども人気で、自分好みの色を求めて花を染める花店や生産地が増えています。

 

 

『フローリスト』6月号では、そんな染めの花を主役に「彩り豊かに表現できるから 染めの花が好き!」を大特集。 使い方次第で表現の幅がぐっと広がる花束とアレンジメントについて解説しています。

 

 

 

今回の「ここだけの話」は、そんな染めの花を使った花束やアレンジメントの魅力を少しだけご紹介!

ピンクベージュに染まったスイートピーやチューリップを使った花束。

ナチュラルなカラーリングが、全体を優しげな印象に仕上げています。名脇役カスミソウも、ひと花毎に濃淡をつけてほんのりと染まる様子が美しいですね。

アスチルベを使ったアレンジメントは、透明感のあるブルーやラベンダーカラーに。

今年の「母の日」は、いつもと少し趣向を変えて、染めのカーネーションをプレゼントする選択肢もありかもしれません。

同じアスチルベもピンク色に染まると全く違う雰囲気に変身するから不思議ですね。

染めの花の花色は枯れたあとも残るので、長く楽しみたい方はドライフラワーにして飾るのもオススメです。

 

 

 

今号後半では、「ワンランク上をめざして フラワーデザイン上達テクニック」にフィーチャー。

 

基本的な花束とアレンジメントは作れるけれど、もっと腕を磨きたい!表現の幅を広げたい!という読者のために、熟練の技をもつフラワーデザイナーがさまざなノウハウを伝授してくれました。

 

ぜひ、技術上達のコツや新たなアイデアを見つけて下さいね♡

雑誌紹介

1984年創刊。花店の今を伝える花のアートとビジネスの情報誌。毎号、全国各地にある注目の花店を取材し、ブーケ、アレンジメントなどの最新トレンドや個性あふれるフラワーデザインを紹介します。第一線で活躍するフラワーデザイナーのテクニックも丁寧に解説する。普段知ることができない産地の情報も充実。花店関係者のみならず、将来花の仕事に就きたい人、花き業界の人、日常のなかで花を飾ることを楽しみたい人にとっても必携の情報が満載です。

商品名フローリスト 2022年6月号

商品名(カナ)フローリスト 2022ネン6ガツゴウ

編集者名フローリスト編集部

判型AB

■第1特集
彩り豊かに表現できるから
染めの花が好き!

 

染色液を吸わせたり、吹きつけることで、花弁や葉の色が変化する「染めの花」。
苦手な人もいるけれど、自分好みの色を求めて花を染める花店や生産地が増えている。見慣れない色が入るだけで新鮮な驚きをもたらしてくれるから、使い方次第で表現の幅がぐっと広がる。染めの花を好んで使っている花店に、花束とアレンジメントをオーダーした。すでに市場から姿を消してしまった春の花もあるけれど、来春の参考にしてほしい。

 

染めの花ならこう使う!
FLOWERS≡SHALIMAR/Maison Calme/フラワーショップ花徳
hanadokei flower works company/LITTERA FLOWER DESIGN
Mobbs/DILIGENCE PARLOUR/植物Lab ächi/dodotokyo

 

オリジナルの染めの花を作る
古川博行(KACHA)

 

前田有紀インタビュー
染めの花に魅せられて

 

あらゆるディスプレイアイテムが揃う場所で遊び、作る
“染めの花”テーマの空間装飾
——————————————————–
■第2特集
ワンランク上をめざして
フラワーデザイン上達テクニック
——————————————————–
■好評連載
moment/渡辺礼人

 

自由な花屋リトルの事始め/壱岐ゆかり
バグホテルがもたらすもの

 

[新連載]
バラの解体図譜
クシェル+

 

脳内緑花/宇田陽子
思春期—Genderless—

 

ボタニカル・メタモルフォーシス
植物の解体と再構築/丹羽英之
オキシペタルムの変化を見せる造形

 

季節の枝物/永塚慎一
6月の枝物:ヒメミズキ
7月の枝物:スモークツリー

 

旬花探訪/高倉なを
アネモネ/フェリーチェ

 

[新連載]
花屋社長の現実と挑戦/西田太郎
花屋の社長になるまでのこと

 

フローリスト花散歩/花福こざる
スモークツリー

 

ハナノコエ/珠寳
花鎮(はなしずめ)ほか

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る