Magazine

趣味

MJ無線と実験 2019年2月号

編集: MJ無線と実験編集部

定価(税込)1,430円

発売日2019年01月10日

内容

【特集】共通パーツを使った3種の回路設計
カラー実体配線図で作る6L6GCシングル

●初段6AQ8,カソードフォロワードライブで出力6W
全段直結6L6GC 3結シングルパワーアンプ 征矢 進
●初段6DJ8,カソードチョーク直結ドライブで出力4.9W
6L6GC 3結無帰還シングルパワーアンプ 岩村保雄
●初段EF80,CR結合で出力7W
6L6GCビーム管接続シングルパワーアンプ 長島 勝
●多目的「折り曲げシャシー」で
アンプ製作で孔あけ作業を不要に 編集部

【MJイベントレポート】
●内外190以上のブランドから「心に響く音」を見出す
2018東京インターナショナルオーディオショウ

【オリジナル・サウンドシステムの製作】
●DCアンプシリーズNo.263
初段Nutube 6P1差動,2段目6111差動,出力段オールSiC MOS-FET
AC電源ハイパワーハイブリッドパワーIVC[前編] 金田明彦
●低ドリフトオペアンプ採用DCバランス補正回路で実現した
「完全」DCプリアンプ[製作編(1)] 柴田由喜雄
●高能率・高音質システムを目指す
小型スピーカーの設計と製作 第130回 小澤隆久

【オーディオテクノロジー】
●ハードウエアの変遷にみるオーディオメーカーの歴史[第61回]
ソウルノートの歩み(3)
ソウルノート10周年記念モデルの登場 柴崎 功
●音楽再生で使えるEQとエフェクター
音楽再生とエフェクト(5) 新井悠一
●海外オークションで落札,ヴィンテージサウンドに接する
ビル・エヴァンス・トリオのサブマスターテープとタスカム42 小林 貢
●アナログレコード再生再入門 第8回
これから再入門したいときのアナログ機器ガイド 正木豊
●デジタルオーディオのキーデバイス
オーディオ用ICの特徴と応用例[第87回]総集編(7) 河合 一

【MJベストオーディオコンポ】
MJズームアップ
●ラックスマン PD-151 ベルトドライブ方式アナログプレーヤー
●フェーズメーション EA-350 バランス入力対応フォノイコライザー
●テクニカルブレーン TBC-ZERO/c 無帰還バランス構成,完全DCプリアンプ
●ラックスマン SQ-N150 EL84プッシュプルプリメインアンプ
●ラックスマン D-N150 192kHz/32bit対応USB入力搭載CDプレーヤー
●タカツキ TA-S01 300Bシングルパワーアンプ
●フォーカル Grande Utopia EM Evo 励磁型ウーファー搭載4ウエイスピーカーシステム

●新製品ニュース

【MJレポート】
曙光電子集団 WEKT88 PLUS

【音楽/音響空間/プロオーディオ】
●自室 録音スタジオ化計画 真剣勝負 第34回
StudioOne4を導入! 32/64bit float? ん?フロートってなに? 渡邉博海

【オーディオ&ソフトガイド】
●MJオーディオ情報
●LPレコードの真実 第66回 ワックス盤からラッカー盤へ(1) 山口克巳
●クラシック新譜紹介
●ジャズ・ポップス新譜紹介
●クラシック名盤名演奏146 ヴィリー・ブルメスター全録音集 平林直哉
●名曲を訪ねてシネマの森へ128 柳沢正史

【読者のページ】
●読者の作品誌上ギャラリー
●彩球オーディオ倶楽部第65回作品発表会
●第29回妙高オーディオ倶楽部発表会
●自作真空管アンプでレコードを聴く会 in 小野市
●第34回富山クラフトオーディオクラブ試聴会
●オーディオ,音楽クラブ名古屋発表会
●MJディメンション
●部品交換

【表紙】
ラックスマン 
SQ-N150 EL84プッシュプルプリメインアンプ
D-N150 192kHz/32bit対応USB入力搭載CDプレーヤー

雑誌紹介

『MJ無線と実験』は『無線と實驗』として1924年に創刊されました。創刊当初はラジオと無線通信、第2次世界大戦中は電子技術の軍事利用、終戦直後にはラジオとアマチュア無線の大ブームに乗り、その後はテレビやデジタル技術を含むエレクトロニクス総合誌となりました。1970年代からはオーディオ記事の比率を上げ、現在は「オーディオ総合月刊誌」となっています。創刊以来、自作機器を中心に、オーディオ技術を一貫してそのテーマとし、現在でも最先端の情報を反映しながらその伝統を継承し続けています。

商品名MJ無線と実験 2019年2月号

商品名(カナ)エムジェームセントジッケン 2019ネン2ガツゴウ

編集MJ無線と実験編集部

判型B5

Magazine

趣味